支那の夜 蘇州夜曲 前篇の作品情報・感想・評価

「支那の夜 蘇州夜曲 前篇」に投稿された感想・評価

三四郎

三四郎の感想・評価

4.4
これは国策映画とも、そうでないとも言われる不思議な映画だ(現代では国策映画ではないと言われている)。ただどちらにしろ、この映画が好きだ。
この映画を日本語恋しさのあまりベルリン大学留学中に観たことを契機に、日本の戦前から戦後の旧作に興味を持ち心酔するようになった。

「本当の映画っていうのはね、魂を揺さぶるような、観る人の人生を変えてしまうような力を持っているんだよ」

『キネマの天地』(1986)の科白だが、私はまさにこの映画により人生が変わった。
同時代のハリウッド映画と比較しても遜色ない、当時の上海の息づかいを感じることのできる映像的にも物語的にも優れたものだ。
政治的に見てもジェンダーの構図から分析しても奥行きのある興味深い作品だった。

「さよなら李香蘭」
(1989年TVドラマ)を映画鑑賞後に見たが、この作品は中国人からかなり批判されている。「中国で『支那の夜』を見た人はいない」「何故、李香蘭はあの映画に出演したのか」と詰問され、「日本人に殴られた中国人女性がその殴った日本人男性を好きになるはずがない」「日本人が作ったストーリーは常に日本人の目線でしか語られないので中国人には気に入らない」と。

私はあの長谷川一夫に殴られるシーンは名場面のひとつだと思った。
あの時の李香蘭のやるせない、しかし鋭い目。殴られたことによって、自分に対する彼の放って置けない愛情、あたたかさ、思いやりというものがわかったのではなかろうか。彼は彼女のことを親身になって考えており、日本人として、日本人代表として中国人である彼女とわかりあいたいと心底感じていた…だからこそ、周りの日本人が彼女に対して心配し気遣いするのを頑なに受け入れず、さらに反抗する態度は目に余るものがあった…それで思わず殴りたくないのに殴ってしまったという演技だ。親子の愛情のような深い深いシーンに思える。

実際、撮影現場で長谷川もつい本気になり、本当に殴ってしまったようだが、だからこそこの名場面は生まれたのだ。

しかし、中国人の気持ちもわかる。日本は頼んでもないのに国に入ってきた「侵入者」なのだから。やはり私は、どれほど中国人や韓国人の気持ちを理解しようと思っても…日本人なのだろう。
rico

ricoの感想・評価

3.2
VHS「支那の夜」総集編なので89分。
切り方が雑、中国語の字幕なし(私のテレビの問題?)で細かい話がわからない。
「大陸親善映画」の二作目らしい。国策映画らしい内容であるのでツマラナイが、途中フィルムノワール風のところあり、李香蘭の歌う「蘇州夜曲」も聞けたりなど見所はある。それにしても総集編の編集がひどい。
Satsuki

Satsukiの感想・評価

4.0
ハセさんが、ドラえもんに出て来るかっこ良くなったジャイアンそっくりで笑ってしまった
音楽から入った李香蘭。名曲蘇州夜曲が作中、1番幸福な時と悲壮な時の両方に使用されていて違和感もなく、感慨深かった。ラストの展開は意外と普通。画面がいちいち素敵。特に最後船の上でタバコに火をつける2人を、シルエットのみで映すシーンがオシャレ。
余談。山口淑子が橋本明治の浄心という絵の女性の髪型と同じだった。描かれたのも同時代。とても不思議な髪型で、まぁ絵だからなぁとか思っていたけど、リアルに実現してた。納得。当時の流行を思った。
青二歳

青二歳の感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

支那の夜前編。長谷川一夫&李香蘭主演。李香蘭には満州映画協会専属のクレジット。山口淑子名義も。ここの部分は戦後公開フィルムでしょうか。プロパガンダという評価は分かるが、戦争の正当化だ中国進出の正当化だという批判は違和感。そうか…?まぁ1939年〜1945年の6年間の作品は基本的にケチつけられてばかりですからそうした評価は差し引いて見よう。

上海統治下で、統治者の男が、被統治者の女を支え導くという物語なので、中国人から見たら嫌でしょうしそれを正当化というんならそれはそうなんでしょうけど…例によって戦時下の邦画は戦争の悲劇性を真正面から描いています。それだけで当時の映画人や観客の理性を感じますが。(悲劇ばっか)
李香蘭は自宅跡の瓦礫に立ち日本への憎しみをぶちまけるし、そもそもその瓦礫もロケで戦渦の傷跡をそのまま写すし。

ロマンスなので男女の仲は収まるところに収まりますが、今作を観て感じることは、戦争によって多くの人が悲劇を背負い、戦下にあって立場も様々、それぞれが複雑で多層的な感情を抱えているんだという至って理性的で普遍的なメッセージでした。出来ることなら戦争が無ければこんな想いをしなくて済むのに…というシーン多数。
しかも上海統治が始まった頃ですから、男女のロマンスにおける二人の信頼関係になぞらえて、日中で色々わだかまりはあるけど乗り越えられるに違いないという未来志向のピースフルなメッセージでは…?と感じます。もちろんそれは統治者の理屈で、中国人からしたらフザケンナという所でしょうけれど…でも「中国人は敵だ!」と煽ることなく、日中は対話が可能で、分かり合う可能性があり、争わず共に歩もうっていうのは未来志向以外の何物でもないよね…(これをプロパガンダであると批判する人たちは長谷川一夫を日本、李香蘭を中国に置き換えてすべての台詞や設定を読み込むんですよ…)
第二次世界大戦の欧州で、支配下に置いた都市や国あるいは植民地を舞台に、こんな能天気な映画作るのか…?ナチスがワルシャワ制圧してこんな映画撮るか?よりによってゲットーロケで“永遠のユダヤ人”('40)とか製作してますがな…

そりゃ戦争を終えて中国は中国、日本は日本で独立できるのが当時の双方の理想でしょうけど、当時の中国のボロボロの政府じゃ欧米に食われて終わりだし、戦争を終わらせるということは講和の場を設けるっていう政治の話ですよね。製作当時の中国とじゃまだまだムリでは…?そう考えたらこの映画のシナリオは当時の状況で出来るだけ前向きな設定という気がします。批判する方々は、この“前向き”ってのが日本側の言い分に過ぎないだろと批判されているんでしょう。そら戦後だから言える事で、当時にあっては至って理性的だと思いますがねえ。
戦中の邦画らしく、戦争の悲劇性てんこ盛りで、その意味じゃ至る所に散らばる反戦メッセージが隠しきれてませんし。それは今作に限ったことじゃありませんが。陸軍海軍監修の映画でさえ悲劇多いし。
myg

mygの感想・評価

4.0
山口淑子(李香蘭)さんの演技は逸脱。本当に美しい。「蘇州夜曲」の美声が心に響く。素晴しいですね。また時間を置いて観たい。
日中戦争ただ中のプロパガンダ映画と取れるっちゃあ取れるが、制作サイドは違うと言っている。だったら違うのだろう。今公開すれば、日中友好応援作品。