南京!南京!の作品情報・感想・評価

南京!南京!2009年製作の映画)

City of Life and Death

上映日:2013年08月21日

製作国:

上映時間:133分

3.6

「南京!南京!」に投稿された感想・評価

TRB

TRBの感想・評価

4.0
南京の陥落、いわゆる虐殺や慰安婦問題を通し様々な感情を描いた作品。

この題材、旧日本軍に限らず戦争中には人の底にあるものが表面化するもの。
大なり小なりこういったことが起こるのも戦争の悲惨な部分だと思う。

事実はどうあれ部分的に日本人としては受け入れがたい描写や違和感は多々あるものの、日本兵の気持ちを描く上で必要だったかとも思う。

最後の祭りからのラストは中々良かった。

色々事情があっての事だとは思うが、日本で上映はしてもいいんじゃないか?
南京事件に限らず、大なり小なりこういうことは現実的に行われた事実なのだろうと思う。
正直全て集中してみるのはしんどい。白黒なのも頭が痛くなってしまった。

ちょうどシリア政府軍の組織的レイプが問題となってるけど、それもこれも同じ。時代が違えども戦争犯罪やることは同じなんだなって、虚しさが残った。
最初は白兵戦がつづく戦闘が続いた後、南京の占領か始まり、日本軍統治下の南京の生活がゆっくり動いていく。
そこからスロータッチな映画になった。サウンドトラックも多用せす、感情を押し殺したような感覚の中で、非日常の中の日常を描いている。
理不尽な処刑、性犯罪などの戦争犯罪が行われて、蛮行にのぞむ日本軍側にも、やや違和感を感じながら行為に及んでいる様や、その蛮行受け入れることができず、自殺する兵士ななど、日中双方の人々が、決して単純一枚な扱いではなく、そうしたところにリアリティを感じさせることに成功したと思う。
この作風はとても大好きだ、タルコフスキーの「僕の村はせんじょうだった」を思い出した。
jianjie

jianjieの感想・評価

3.0
見てるのが辛すぎる重い内容であった。日本ももっとこういった映画を作るべきだ。
zhou14

zhou14の感想・評価

-
史実はともかく、日本軍の残虐性を描きたいなら、日本兵側からの視点にすべきだった、中国人の悲しみまで描こうとするので、グダグダな映画になっている。そして、中国人のなんという大人しい殺され方なのだろう、泣き叫ぶ人々を殺してこそ娯楽映画として成立するのではないか。
2015/11/15
南京事件の真実は諸説あって確定的なことは分からないけど、この映画は、日本をことさらに非難するというよりも、戦場で追い詰められた人間の感情に焦点を当てている感じがする。その点で、日本人であっても観やすいし、観る意義はあると思う。
犠牲者は30万人という説を採ってるけど、大なり小なり日本軍の残虐行為はあったと想像できるので、そうした犠牲者数にはこだわらず、戦争における人間の姿を描いた作品として鑑賞した。
カメラワークや俳優の演技、音楽等、映画としての重要な要素もレベルが高い。
南京陥落を祝う日本軍の和太鼓と行進のシーンが良かった。
pero

peroの感想・評価

-
友達の竜が出ているので、見たかった映画。
見られなかった原因は…
一部の人は無かった事にしたいと思っている南京大虐殺。
中国映画なのに日本人の1人の日本兵、角川の視点で描かれていく。
そこには日本軍の目も覆うような残虐非道な行為も描かれけれど、彼らの日常や無邪気さ、精神的なゆらぎなども描かれていて日本人に優しく寄り添っている。
憎しみだけで、日本人を鬼畜として描く事も出来たと思うけれど、この映画はそんな日本人を許すと言ってくれているように見える。
けれど、忘れないで欲しいと。
いつの時代も加害者が被害者に対して忘れろと言う事は出来ない。
ただ許されるのを待つのみ。
監督のルー・チュンアンは日本人にこそ見せて欲しかったのだと思う。
日本人として南京で何があったかを知るために見るべき映画。
そして竜にぴったりな、最低な奴を最高の演技を見られる映画。
日本ではNetflixで見れるのみ。
終戦記念日前にいかがですか?
1950720

1950720の感想・評価

3.2
陸川監督のデビュー作ミッシングガンに光るものがあり、ココシリが非常によかったので、観たかった作品。日本では特別上映されたものの、一般公開はされず。まさかNetflixに日本語字幕で配信されているとは気がつかなかった。

冒頭、国民党軍同士が南京から退却させろいやさせない、というひと悶着から始まる。同時に、リウ・イェ(劉燁)が主役かと思ってたら実は早い時間に退場したことにも驚いた。国民党兵士役のリウ・イェはモノクロに映えてすごく美しかった。ちょっと言葉がないくらい。

そのあとは、主人公のひとり日本軍兵士角川(中泉英雄)の視点も交えて物語は進んでいく。この中泉氏がまた男前。最後まで完走できたのは彼のお陰。

プロパガンダかそうじゃないかをよく論じられるらしいが、訊かれればプロパガンダだと答えるだろう。異なる文化異なる国異なる政治のもとで映画を作っている以上、様々な形でプロパガンダが多かれ少なかれあっても不思議ない事は承知。自分のよく見るアメリカ映画にも当然あるわけで。30万人という数字は検閲という制度のある中国映画をある程度見慣れているとハイハイという感じ。

ただ、今作は陸川監督らしさもあり上手く出来てはいるが、彼の作品としてはそれほど傑出しているわけでもない。中国では日本兵角川の視点が描かれ彼の苦悩が透けて見えることから、まったく「エンタメスカっと抗日」にもならずヒットの割に賛否両論だったそうだ。

どちらかといえば、国内向けではなく国外向けに効力を発揮しそうだなと思っていたら、同じことをジャーナリストの福島香織氏が仰ってた。この映画について、出演者の1人木幡竜さんにインタビューした彼女のブログが非常に面白かった。特に中華圏特有の、脚本なんかあってない映画作りとかインタビューの度に言う事を変える監督とか。色々腑に落ちるが、非常に強い制約があるなか、ここまで完成度を高めてくるのだから、やはり才能があることは確か。最初から最後まで誰に肩入れすることなく戦争に対して嫌悪感しか感じなかったことは大いに評価したい。どの立場であろうと心底嫌だ。それだけはひしひしと伝わってきた。

監督作としては、次が項羽と劉邦でその次がファンタジーアドベンチャー映画なので食指が動かなかったが百聞は一見にしかず。機会があったら観てみたい。
日本未公開映画。
中国人の監督が日本人目線で描いた作品。
どれが事実かはわからないけど、戦争をすれば両者共に戦争心理が生まれる。いつ殺されるかわからない状況であれば、敵は殺すしかない。敵の捕虜を監視する人員、武器。与える食料等、そこに金が使えないとしたら、戦争に勝つためなら大虐殺する事になってしまう気がする。
一説として、中国兵の多くは軍服を脱ぎ捨て、中国人市民を殺して服を奪い、民間人に化けて南京の安全区に逃げ込み、武器を隠し持ち市街戦を準備する者、また安全区内で強姦や、略奪、殺人などを行ない、それを日本兵のしわざに見せかけたり、被害者を脅迫して「日本兵が犯人」と言わせる反日工作の者たちもいたと。
戦争はそういうものだと思わされる映画。
ukkarie500

ukkarie500の感想・評価

4.0
大きな嵐の前で1人の人間に一体なにが出来るのか。重層的な映画で簡単には感想が出てこない。
>|