マザー!の作品情報・感想・評価

マザー!2017年製作の映画)

Mother!

製作国:

上映時間:121分

3.4

あらすじ

郊外の一軒家に住む一組の夫婦、ある夜現れた不審な訪問者によって穏やかな生活が一転する。翌日も次々と現れる謎の訪問者たち、そんな招かれざる客たちを拒む素振りを見せず次々と招き入れる夫の行動に妻は不安と恐怖を募らせる。 訪問者の行動は次第にエスカレートし、常軌を逸した事件が相次ぐ中、彼女は妊娠し母親になるが、そこで想像もつかない出来事が待ち受ける。すべては現実なのか?それとも彼女の妄想なのか・・・…

郊外の一軒家に住む一組の夫婦、ある夜現れた不審な訪問者によって穏やかな生活が一転する。翌日も次々と現れる謎の訪問者たち、そんな招かれざる客たちを拒む素振りを見せず次々と招き入れる夫の行動に妻は不安と恐怖を募らせる。 訪問者の行動は次第にエスカレートし、常軌を逸した事件が相次ぐ中、彼女は妊娠し母親になるが、そこで想像もつかない出来事が待ち受ける。すべては現実なのか?それとも彼女の妄想なのか・・・!?

「マザー!」に投稿された感想・評価

一人で何も考えずに見ても理解できない。解説見て何度か見なきゃわからん。とりあえすジェニファーが綺麗だったから気になってたし見れて満足。
見終わった後にネットで解説など読んで理解できました。
難解な話だけど好きなジャンルなので観て良かった!
なぜ,motherではなくmother!とビックリマークが付与されているのか.楳図先生のマザーと被るのを回避したのか・・・・・・んなわけあるかい!!
ってな具合にタイトルから議論の対象になる問題作.姓名が排除されているので寓話として視聴するのが正解.それくらいは阿呆でもわかりますよー.途中「母」が家の鼓動を感じるのは何故か大林宣彦のハウスを思い出した.アロノフスキー視聴済みか・・・んなわけあるかい!!
本作を不快に感じるという人は多いだろう.私だってミシェル・ファイファーの「女性」に激しい嫌悪感を持ったがそれは真っ当な反応であり,むしろ本作をおもしれーって感じるほうがどうかしてる.だって本作は西洋神様視点で人間の愚かな有様を描いた作品ですもの.そりゃ嫌な気分にもなりますわな.なんのこっちゃと思われた方は「聖書に準えた物語」でググって下さい.至極真っ当でちゃんとしたレビューが読めますから.
私的にあえて一つ付け加えるなら「母」がこだわり続けた床の血が滲んだ傷.女陰(ほと)を思わせるその傷の奥は赤く爛れた肉の塊.火の神カグツチを産んだが故に焼け爛れたイザナミの女陰(ほと)を連想した.聖書というか欧米の神話に同様な話あるのかしらね.
どういうことになってるのか?結末が観たくて引き込まれますが2時間が長くイライラします😅期待のラストはちょっと期待外れ、Jローレンスは凄く美しく、ミシェルもよかった😃
何とも嫌〜な気分になる映画でした。

よく知りもしない訪問客を、どうぞ!どうぞ!と家に入れる無神経な旦那と、その好意に厚かましく家に上がり込み、殺人事件まで起こす迷惑家族。
\\\\٩(๑`^´๑)۶//// 

全てが信じられんレベルで、旦那に腹が立ちっ放しでした。


皆さんが難しいって言われていたキリスト教のこと、観終わって解説を読んでみたところ、へぇ〜そういう意味が隠れていたのね…って、分かったような、分からないような。
ふー(๑¯ω¯๑)ーん

アダムとイブ?カインとアベル?
イエス・キリスト?
φ(・ω・*)フムフム…


衝撃っちゃ〜衝撃でしたわ。
02ys14

02ys14の感想・評価

3.0
この監督のは、疲れるんですよね
観る人を選ぶし
自分は肯定派ですが
ぞぞぞ

ぞぞぞの感想・評価

3.7
なにこれめちゃくちゃ気持ち悪い

なにか書こうと思ったけどネタバレになりそうだからやめておく。見ればわかる。
中盤まではなるほど〜分かる分かる!こういうことあるよね〜〜って思って観てたら、終盤、鈴木雅之に、違う、違う、違う…そうじゃなぁい〜って言われながら金属バットで殴られ、首が180度曲がってしまうほどの衝撃的な展開でした。
midorivski

midorivskiの感想・評価

4.0
暗く途切れることのない緊張感。なんという胸糞。ラストで唸ってしまう。
24

24の感想・評価

3.5
俗に言うヤバイ映画

やたら不快なシーンばかりだけど、
初回鑑賞時にただただ圧倒される
次の鑑賞時に理解しようとする
理解できたら感動が生まれる

郊外の古い邸宅の中で
幾人もの訪問者との間で起こる交錯
交錯から葛藤、葛藤から紛争、紛争から狂乱、
全ては冒頭へつながる無限ループ

ダーレンアノロフスキー監督は
表現力が狂気染みてるわ

「π」から数年、名作ばかり残しているよね
>|