アダムズ・アップルの作品情報・感想・評価

上映館(1館)

アダムズ・アップル2005年製作の映画)

Adams æbler/Adamʼ s Apples

上映日:2019年10月19日

製作国:

上映時間:94分

あらすじ

「アダムズ・アップル」に投稿された感想・評価

たむ

たむの感想・評価

3.8
ひょーーーーめっちゃ怖かった
宗教や嫉妬による関係を怖い、って思ってしまうので映画館で一人飛び跳ねたりそわそわしてしまった。すみません

面白かったけれど、怖い... ハッピーエンドにしろバッドエンドにしろ最後どうなっちゃうの、、、って思いながら観てた

信じるものは救われた、っていう見方でいいのかな... 幸せとはわからない...

ヨブ記を予習しておいたらもう少し楽しかったのかな
宗教を否定する映画かと思いきや、信じたものは救われるみたいなオチだし、不思議な映画だった。
最後カーステでHow Deep is Your Love が流れた時、なぜか泣きそうになった。
さんそ

さんその感想・評価

4.3
見終わった後、すごくよい気持ちになった。アダムがずっとまともで、イヴァンとアダムの対比がわかりやすかった。車でかってる音楽よかった。終わり方も好き。
りお

りおの感想・評価

-
ハッピーエンドってあんまり好きじゃないけどこの流れはそれとは違うしりんご食べた人間の責任があるでしょってかんじ
ちゃんと考えなさいよって

要するにHow deep is your love !

でもあと3回くらいは見ないとねえ
【信仰心があるとき~!】

教会での更生プログラムを題材に、宗教的ブラックユーモアでアップアップあたふたします。
ヨブ記が開示されるためか、マッツ・ミケルセン演じる神父がボッコボコにされます。
信仰心を試されるかのように、正しい人に悪い事が起き、何も悪い事をしていないのにメッチャクチャ苦しまねばならないのです。
マッツ映画史上MAXにグッチャグチャな姿に、逆に惚れ直します。

そんな中、
信仰心があるとき~!→シートベルトをする
信仰心がないとき...→シートベルトをしない
という、蓬莱の豚まんのような法則を見つけ出しました。
(関西人にしか伝わらないでしょうけど...)

とち狂ったような展開に、どう落とし前を付けるのかドッキドキ心配になりますけど、安心して下さい。
アダムズ・アップル・パイから「愛はきらめきの中に」つながっていく、キッラキラ美しく爽やかなクロージングを向かえます。
作品としても、ここが一番(551)なのです。
pioDam

pioDamの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

こいつらみんなあたまおかしいよ!ってなってた筈なのにアップルパイが焼き上がった時には思わず泣いてしまいました( ; ; )

ヨブ記読んできます!
asuka

asukaの感想・評価

3.6
信じる者はやはり救われるのでしょうか?
そうなのであれば、なんだって信じたくなってしまう。
こんな映画を観たら尚のことw

マッツさん?え?って思ってたら10年以上前の作品なのね。
音楽が割と気になって、あの車の中でかかってた音楽のタイトル誰か教えてくださいw
金髪のアダムがおもしろかった・・!エンディングもよかった。
ヨブ記だけでも勉強して、もう一回みたい!
みかん

みかんの感想・評価

3.6
聖書は今でも西洋的基礎教養の一つなんだな。ヨブ記がわからないとこの映画の面白さは減じてしまう。
不死身のイヴァンは死して復活するイエスのようでもあり殺しても死なない悪魔のようでもあり。
ネオナチ・アダムは知恵の木の実で作ったパイをイヴァンと分かち合って食べることで、イヴァンを理解し彼の一部となったのだろう。
ラストの愛想のよいアダムが見ものだった(可愛い)
まる

まるの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

マッツ・ミケルセンファンなら必見。
聖職者だったり、顔面ボコボコにされたり、謎のポジティブ思考と強気の議論で絶対に負けないマンだったり、心が折れたら耳から出血して失神したり、死にかけるも物理的に絶対負けないマンだったり、とにかく一貫して萌え要素しかない。強い。

ダークな笑いと、「何こいつ」「何言ってんだこいつ」「ちょっと何言ってるかわからない」「こいつら頭おかしい」の連続。
登場人物全員おかしい。
なのに全員最後には愛しくなってる。

物語の静かなクライマックスで、ひたすらにひたむきに神を信じるイヴァン(マッツ)が神そのものに見えるシーンがあります。最高です。

イヴァンお気に入りソングとして挿入歌、エンディングに流れるHow Deep Is Your Loveがまた効果的。
この映画を観たらきっと、繰り返し聞いて口ずさみたくなるはず。
>|