アダムズ・アップルの作品情報・感想・評価

アダムズ・アップル2005年製作の映画)

Adams æbler/Adamʼ s Apples

上映日:2019年10月19日

製作国:

上映時間:94分

3.9

あらすじ

「アダムズ・アップル」に投稿された感想・評価

Tatsu

Tatsuの感想・評価

4.2
どうせ変な映画だろう……と思って買ったら変だけど愛おしいという不思議な映画だった。
何度ボコボコにされようと立ち上がる笑顔マッツ・ミケルセン、ボコボコにされてもイケメンなので北欧の至宝はマジだな。と思いました。

ブラックユーモアというかなんというか、ブラックだけど笑えるってスレスレなラインを描いてるからすげ〜と思いました。
配信がないのが残念!まぁ買ったからいいんですけど。

このレビューはネタバレを含みます

デンマーク映画独特の何とも言えない不思議な世界。
明るく怖く悲惨で不条理。でもラストは何故か丸く収まるのだ。

キリスト教の基礎知識があれば深読みできるし面白さも増すかな。
最後、アダムとイヴァンが林檎食べてしまった😂💞

悲惨さが極まって現実から目をそらしている奇妙なキャラを
マッツが演じきってしまう。さすが北欧の至宝でございます。
見てよかった。
0v0

0v0の感想・評価

3.5
イヴァンはアダムの為に生かされた?神の力や悪魔の試練ではないもので。
イェンセン監督作品の中で一番見やすい。雑であり得ない箇所にはもう驚かない。

このレビューはネタバレを含みます

アップルパイ

なんとなく見たけど、面白かった。信仰心ありすぎでイカれてる牧師、仮釈放で協会に来たダメな人たち。おしゃべりな医者。牧師のバックグラウンドが分かるにつけ、生きることを応援したくなる。ブラックコメディでありながら、人生の苦しみは神の試練か、悪魔の仕業か、神に嫌われてるからかと色々考えさせられる。銃で脳腫瘍がふっとんでよかった。
や

やの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

・マッツ巡礼。短パン神父さまマッツ。生きているだけで愛されてる。How deep is your loveが染みる染みる。
(某ハンティングより全然救いがありますよ)(小声)

・英語字幕でみたので細かいスラングみたいなのは分からんとこもあった。リージョン1のDVDをポチった直後に日本盤発売決定と聞いてめげそうになったけど買います。

・妙なとこもあるけどとにかくどんな悲惨な人間や状況も悪く言わないぺこぱ神父イヴァン。ポリアンナのよかった探しを思い出したけどそれともまた違う。そもそも「悪い」に結果付ける思考回路がない。ポジティブとも違う。そうなった要因が要因だから。よくこんな人物造形思い付くな。

・「自分とは違う人間だ」と思ったからアダムは楯突きたくなったのだろうな。「パキ」をあっさり差別したように。日常的に。
evilなのが悪いのではなく、自分をevilだと信じているのが良くない。
ただ結局それさえも包み込まれているという。とにかく内面的スケールの大きな映画だった。自然の美しさや激しさにも神を感じる。

・教徒の人に怒られそうだから見られないことを祈るばかりなんだけど、サタンのテストだろうが神のテストだろうが、「目の前にその出来事がある」ということに変わりはないのよね。何を信じてどう生きていくか、までは握られていない。と信じたい。

・最後の一個で……分け合って……ってところで感情がカンストしました。ありがとうございました。

・ネコチャンもただ残念で終わらなくてよかったです。観終わってやっと気付いたんだけどイヴァンってイヴに由来するのか。周回決定。映画館でやってくれないかな。
きき

ききの感想・評価

4.0
「前科者のつくるアップルケーキを売ってみたら大人気でさあ大変」みたいな物語かなあとおもってみにいったら、ちがった。ぜんぜんちがった。むしろどう要約したらいいのかわからない、どんどんいたたまれない気持ちになっていく、奇妙な物語だった。
信じる者は救われるのか、努力は必ず報われるのか、その答えは知らないままのほうがなんとか生きていけるものなのかもしれないなあとおもいました。
元

元の感想・評価

-
マッツ演じる牧師の動じなさがおもろい。鼻曲がり顔が崩れようとも。
個性強めの登場人物の中では、一見厄介そうなネオナチ男がまともに見えてくる。

悪い事あれば悪魔の仕業としてた男が真実に直面させられ、信仰の疑いみたいなのを描いてるのかな。聖書わかりたい。
シュールな笑いを織り混ぜてというアプローチは新鮮。15年前の作品やけども。
アップルのオチもほっこりする。
ろー

ろーの感想・評価

5.0
むっちゃおもろい!

2005年の映画だけど、日本での上映2019年が初めてなんだ。こんなに面白いのに!?分かっちゃいるけど観れない傑作がワンサカあるんだろうなあ。

まさかネオナチアダムが一番見てる側に共感抱かせる立ち位置とは。本家本元のナチにもイカれてると言われる牧師のイヴァンは、設定盛り込みすぎでしょう。いいのか神に愛されてるから。
私なんかがぼんやり持ってるキリスト教のイメージとはなんか違う。もっと土着な極私的な信仰って感じ。

最後の曲に訳詞を出してくれたのめちゃくちゃに良かった!あるとないとじゃ大違いだよね。映画館じゃなきゃ変な声が出てたね。
vanitas

vanitasの感想・評価

-
マッツが神父さんなんて〜❤️と思いながら見てると何か言動がおかしくてサイコパスなのか?やばいやつ?とさえ思うけど、謎がわかった時には希望を感じる優しいダークコメディだった(一部を除いて)。いっつも猫ちゃん抱っこしてる人が可愛かった… 猫ちゃん…
豆onpeets

豆onpeetsの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

  ↓超絶ネタバレしていきます❗️↓↓
         

  ‼️最後は、️髪の毛生えたよ‼️
      


面白すぎて感想がめちゃめちゃ長文です😅💦

⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
星5では私は足りないです。😭😭
こんなにクスクス笑えてとても泣いてしまいました😭
観た後に優しい気持ちになれる😭
笑いあり、涙あり、過激あり。🤣
かなりキメてる映画です🎞
⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️

    ❌みちゃダメだよ人間❌
動物好きな人やブラックジョークを理解できない人は見てはダメです👎🏻
宗教の話がメインなのでかなーり際どいので、
何かを深〜く信仰してる人は見てはダメかも。
しかし、信仰に対しての考えが深くなる可能性も秘めている。
後、ネオナチ男がまともに見えるのが許せない人。後、ハゲ嫌いの人。

     

     👓ヨブ記について👓
ある日悪魔は
😈「ヨブは利益の為に神を信仰してんだろ?」と神様に言う。
神様は、😇「ヨブから全部取っても神を信仰するか試してもええよ。」と悪魔に言い、ヨブの馬とか妻とか子供とかを奪い、皮膚病にし、ヨブを苦しませます。
神を信じていたのに不幸にさせられヨブは神様に抗議します。😤💢
そこからヨブと神の押し問答が有り、
神様の主張は、😇「この世は不完全である。
人間如きの小さな世界の正義感で我を非難するな。神を信じ、嘆きに誠実で素直であれば救われるんぞ。」と言われます。
正しい人が苦しみを与えられるのは何故か?
についての答えはおっしゃられませんでした。

(結局、人間の作った昔話だし。日本昔話みたいなモノですね。)ヨブ記面白い。




  ☠️イ◯レ牧師のキャラについて☠️
マッツ演じる牧師のイヴァンは、幼少期から色々あったせいで心を患っている。
現実を見ちゃうと耳から血が🩸めっちゃ出る。
(本当、出過ぎなくらいめっちゃ出る🩸)
それに、脳腫瘍も爆発寸前🧠
それに脳味噌出て目玉が出ても復活😂😂
(ヤバイ❗️イカレテルドコロジャナイ。。。❗️)
医者も医者を辞める位に👨‍⚕️現実離れをしている。。。

そんな彼は、神⛪️を信仰している事により救われ、現実を直視せず狂信している。
(まぁ、その為の奇行がめっちゃ笑えるんですがね‼️😂)

殴られたら殴られっぱなしだし、鼻もどんどん曲がっていく。👃🩹
しかし、ボコボコなのにケロっとしてる。
(おサイコ😂)

ヒトラーの肖像さえもアウトオブ眼中(死語)

目的のためならば手段を選ばない為、カラスを根絶やしにもさせるし、辛い事実は認めない。

昔の罪で苦しんでる老人の最後には、「皆んな許したから安心しろ」とめっちゃ言う。
本当にめっちゃ言う👼👼👼
老人はイヴァンの神を押しつけられながら「イカレてる。」と一言残して死亡。アダム唖然。

さらに、障害児が60%の確立で産まれると告げられた母親に🤰🏼
👼「障害児が産まれる統計など当てにならない。産みなさい。」と母親の分のクッキーまでもヒョイパク🍪しながら伝える。
因みに自分の息子は脳障害を患っている。






       👼感想👼
過激派キャラ「カリド」、アル中強姦キャラ「グナー」、相談しにきたビッチキャラ「サラ」、
ネオナチゴリゴリキャラ「アダム」
キリスト狂信者のイヴァンには皆んなタジタジ、
何だったら皆んなイヴァンへ慈悲の心さえある。

きっと皆んなは、神を信仰しているからイヴァンの教会を⛪️去らないのではなく、苦しみに負け、弱々しいイヴァンが狂いながらもピュアに神を信じ生きている姿に何か希望を持っていたのかもしれない。

終盤でイヴァンが神を疑うと同時にアダムに悪魔が居る様な出来事が起き始めるのも良い演出でした👍




   😤マッツについて語りたい😤
プッシャー見た時たから思ってたんですが、、
マッツさんは、少し頭のネジが外れた役がめっちゃタイプなんです。。。😂
「はぁぁ。。めっちゃサイコパスだった。
神を信仰しすぎてめっちゃサイコパスだった。。
ハンニバルと張るわぁ〜😂」

そして、マッツの「イャッ」って言う、
うなずきが本当に耳が癒される。😍

そしてそして、脚が素敵🦵短パンなのでずっと脚を見ていられる。。。眼福〜😭


       
        ⭐️最後に⭐️
2005年製作のこの映画ですが、、DVDを希望です📀📀是非にぃぃぃ。。🙇‍♀️‼️
>|