イレイザーヘッドの作品情報・感想・評価

「イレイザーヘッド」に投稿された感想・評価

2001年宇宙の旅を始めて見たときの感覚に似てる。
tinymeg

tinymegの感想・評価

-
(2017.9/20)
初めて見たリンチがイレイザーヘッドでした。二年前、映画が好きだと言ったら先輩に家へおいでと言われリンチを延々と見させられた。勝手にリンクされた。私は映画が好きだとは言えない、と思った。
かなりの衝撃でした。映画的な衝撃、なんてことではなく映像と音楽がかなりショッキング。
こんなの誰でも頭がおかしいこと考えていたら思いつくじゃん、なんて舐めた印象で見始めていたのに、ドンドン勝手に脳にリンクされていくわたしが幻覚を見ている?なんて考え始めた次の瞬間には冷めてるみたいな無理やりチャンネル合わせられる感覚でした。
まぁ、面白いとかではないけど。深い考察をしない人間の感想はこの感覚が好きな人は変態だなぁ。でした。
監督本人の、脳内妄想の映像化作品といわれている。

不安とストレスからの幻覚。
現実からの逃避。
逃避の為の妄想。
自己救済の為の死。

実際に、妄想に取り憑かれて自殺する人間は殆どいないと思うが、自身の成長が、現実社会での出来事に追いついていない、
逃げ出したい、とゆう状況は誰にでもある事だと思う。
そう考えるとますます怖い映画だと感じる。

成熟している人なら、本来笑って観る映画…なのかもしれない。


この作品は、フェリーニの 8 1/2 に通じるものがある。
自己を完全にさらけ出した映画。
この手の映画は表現出来た場合、間違いなく傑作が生まれる。
デヴィッドリンチを語る上では、絶対に外せない作品。

ハッキリ言ってしまうと、それ程好きな作品ではない(やはり私自身が成熟とは程遠い場所にいる為と思う)のだけれど、
やはりスコアは高くなってしまう…
何がシュールなんですか?誰だってあんな夢みますやん。
ぴろ

ぴろの感想・評価

2.6

このレビューはネタバレを含みます

おれリンチと誕生日一緒👍
Santa

Santaの感想・評価

-
シュール過ぎてスコアをつけることは控えます。
興味深く最後まで観れましたが、
これでもか!というグロさに、時折目を背けました。音響も不快指数をアップさせかなり歪なものだった。
また、未熟児の赤ちゃんが妙にいたいけで愛らしかった。
よくこの様な作品が一般公開までこぎつけられたものです💀
かず坊

かず坊の感想・評価

3.5
カルトの帝王 デビッドリンチ監督のデビュー作品。

「とにかく訳がわからない」という事で有名な作品

✏️【ストーリー】

消しゴムの様な頭をした印刷工場で働く男 ヘンリーは、恋人メアリーから妊娠したことを告げられ、彼女と結婚する事になる。

だが、生まれてきた赤ん坊は奇形で、毎晩の様に謎の悲鳴をあげながら泣く赤ん坊にとうとう限界がきてしまったメアリーは実家へと帰ってしまう。
赤ん坊とヘンリーは二人きりになる。


【感想】

正直自分にはキツかった。

「子供を持つことの恐怖や不安感」

それが映画の主なテーマだということは見ていても分かるんですが、一つ一つの細かいシーン。
例えば、劇中に何度も出てくる謎の惑星の様なもの。謎の女性。惑星男…

こういう謎のシーンが一体何を示してるのか全く分からない。

ここで感受性の強い方や、芸術的センスのある方ならば もう一度見ようと思うんだろうけど、自分にはそんな勇気は出ませんでした。笑

ただデビッドリンチ監督自身が自らの最高傑作だと言っているので、やっぱり作品を否定する事は出来ない。。

でもやはり自分にはついていけない作品でした。

それにしてもわからない。
リンチ監督の人生が投影されているらしいけど、もはや物語を考え出したら負けかなとも思う。

ひたすら不気味な赤ん坊はよかった。ちょっとかわいい。
>|