ボヤージュ・オブ・タイム(2016年製作の映画)

Voyage of Time

上映日:2017年03月10日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:90分
    監督
    テレンス・マリック
    脚本
    テレンス・マリック
    キャスト
    ケイト・ブランシェット
    あらすじ
    『天国の日々』、『シン・レッド・ライン』、『ツリー・オブ・ライフ』など発表する作品は常に高い評価を受け世間を賑わしてきた<映画界の偉才>テレンス・マリック監督が、40年のライフワークを集大成して世に送り出す渾身作。製作にはブラッド・ピットが名乗りを上げ、語りはアカデミー賞女優ケイト・ブランシェットが務める。かつてない映像世界に飛び込み、本能で<生命>を体感する90分。

    「ボヤージュ・オブ・タイム」に投稿された感想・レビュー

    Shiren
    Shirenの感想・レビュー
    2日
    3.0
    ・ケイト・ブランシェットの詩の朗読に様々な映像と音楽をかぶせた摩訶不思議な作品。抽象的で哲学的で宗教的。大きなテーマは感じられるがストーリーは無いに等しい。
    ・多分この監督、自分が人生の最後に走馬灯を観るとしたらこんな感じだろうという映像をそのまま作品にした感じ。こういう作品に点数付けるのは本当に難しい。
    ・「本能と出会う。90分 未踏の映画体験」というキャッチコピーが本当にそのまま。映画のキャッチコピーにここまで納得したのは初めてかも知れない。ブルース・リーじゃないが「考えるな、感じろ」をそのまま地で行く作品なので評価は完全に二極化するに違いない。(断言)
    mitumeme
    mitumemeの感想・レビュー
    2017/05/14
    3.0
    NHKスペシャル
    muuu
    muuuの感想・レビュー
    2017/05/13
    3.5

    12.05.17
    リッキー
    リッキーの感想・レビュー
    2017/05/08
    3.0
    記録
    almosteveryday
    almosteverydayの感想・レビュー
    2017/05/05
    3.5
    美しい映像が脈絡なく切り替わってくコラージュ感は年末に見た「聖杯たちの騎士」とおんなじ。宇宙やマグマや深海の息をのむ映像が7〜8秒おきにどんどん切り替わっていくので少なくとも眠たくはない、というか片時も目が離せませんでした。

    ただ、その切り替わる瞬間が常に唐突で「この映像、このままもうちょっと見ていたいのに!」という寸止めもしくはおあずけを延々くらい続けたせいか、次第に製作陣の悦に入ったドヤ顔がスクリーンの向こうにうっすら透けて見えてきてしまいました。あのさ、あんたら勝手に気持ちよくなってない?こっちは置いてきぼりですけど?っていう。

    それと、恐竜のCG。あれはいただけなかった。造形が精密かつ動きが滑らかであればあるほどにじみ出るピクサー感、またの名を不気味の谷。あのシーン以降、どんな生物が映し出されても「これはほんもの?にせもの?」というジャッジを無意識のうちに下してしまい内容に集中できなくなってしまったのが残念でした。くらげとくじらとリアルスイミーがとりわけ美しかった。最後にもひとつ、人類の進化パートにおけるカメラワークは流石の一言でした。絶妙。
    keeko
    keekoの感想・レビュー
    2017/05/05
    3.5
    究極の創造者テレンス・マリック監督ならではの「生命」をテーマにした荘厳な総合芸術
    武瑠
    武瑠の感想・レビュー
    2017/05/04
    3.5
    地球誕生を描いた壮大な物語
    じゅんこ
    じゅんこの感想・レビュー
    2017/05/03
    2.9
    疲れているときは眠くなってしまうかもしれません。

    だけど、
    あー、ちっぽけだな、何もかも。
    自分も、あの人もこの人も、
    鯨の大口で喰われてしまう、小さな魚の1つに過ぎないな、とか思えて、
    それって冒頭の道元師の無常の観念と通じてるな、と気付いて、
    あぁ、入り込めて観れたな、とすっきりしました。
    eigajikou
    eigajikouの感想・レビュー
    2017/05/01
    -
    テレンス・マリック監督の宇宙の始まりからの壮大な哲学的映像詩。ナレーションのケイト・ブランシェットの声が映像に合っていて心地良すぎ。IMAX版(ブラピ語り)も観てみたかった。「Song to Song」「Radegund」早く観たいな。アップリンク
    ダフィーダック
    ダフィーダックの感想・レビュー
    2017/04/26
    -
    3 ジャック&ベティ
    >|