ボヤージュ・オブ・タイム(2016年製作の映画)

Voyage of Time

上映日:2017年03月10日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:90分
    監督
    テレンス・マリック
    脚本
    テレンス・マリック
    キャスト
    ケイト・ブランシェット
    あらすじ
    『天国の日々』、『シン・レッド・ライン』、『ツリー・オブ・ライフ』など発表する作品は常に高い評価を受け世間を賑わしてきた<映画界の偉才>テレンス・マリック監督が、40年のライフワークを集大成して世に送り出す渾身作。製作にはブラッド・ピットが名乗りを上げ、語りはアカデミー賞女優ケイト・ブランシェットが務める。かつてない映像世界に飛び込み、本能で<生命>を体感する90分。

    「ボヤージュ・オブ・タイム」に投稿された感想・レビュー

    小一郎
    小一郎の感想・レビュー
    5時間
    3.5
    <偉才テレンス・マリック監督 40年の集大成にして最高傑作>(公式Web)らしいのだけれど、テレンス・マリック監督作、初見です、スミマセン。

    宇宙のはじまりと生命の歩みを、現代の視覚効果技術を駆使して描いた映像の見ごたえは十二分。たまにはこういう映像を観るのも悪くないと思わせる。

    日本版では冒頭に無常を詠った道元禅師の和歌が紹介される。なので、これは般若心経のような世界観が語られのかと、ちょっとワクワクしながらスタートしたけれど…。

    うーん、微妙…かな。無常であるから、人は一瞬の光であり尊い、というようなことはなんとなく思ったけれど…。

    自分が感じたことは、監督の意図とは違うかもしれないけれど、日本版でいうところの「母」「あなた」は結局は神の言い換えではないか、ということ。生命は常に変化しているけれど、帰るところ、よるべきところは「母」「あなた」みたいな。

    「母」「あなた」とは何なのかと問われれば、東洋哲学的には「自分」とか言いそうな気がするのだけれど、どうなんだろう。

    また「母」「あなた」は誕生するだけ、みたいなことを言っていた気がするけれど、成長し続けることを前提とする資本主義みたいな感じがした。

    “不生不滅”派の自分にとってはアレだけれど、そもそもの誕生を描くとなれば、終わりを描かない限り、誕生するだけと言い切るのは当然かもしれない。

    ということで自分にとっては、やはり西洋的世界観を描いた映画だったかも。
    こうみ大夫
    こうみ大夫の感想・レビュー
    7時間
    3.9
    ツリー・オブ・ライフから引き継がれるテレンス・マリックの思想「地球もまた生物である」が見事に描かれた傑作。この人はやはり編集と音楽が上手い、そこにおいてやはり巨匠なのだと改めて感じた。自然が何故このようなことをしているのか。その単純な不思議が、そこはかとない恐怖にも似た感情に変わっていく。テレンス・マリックはキューブリックらと同様、進化を完成されていくものとして捉えない。むしろそれは生命の変化の一部であり、何故変わり続けるのか、何故リセットをするのか、それは科学を突き詰めれば突き詰めるほど分からなくなっていく恐怖でもある。今回新たに注目すべきは「眼」というファクターだ。生物(ここには地球や宇宙というものも含まれる)は皆、共通に眼を持っている。それは偶然なのか?ゾッとするような綺麗な人間の眼が現れるとき、私は恐怖を感じた。なぜ眼はあるのか。これは果たして綺麗なのか。なぜ眼に惹かれるのか。その理由を探ることは、畏怖なる何かに触れることなのだろう。テレンス・マリックは聖書の言葉を引用しつつ、神の存在を背後に暗示している。
    またいずれ生まれ変わるのに、私たちは何故富を積むのか。何故文明を作ろうとするのか。今すぐ世の倣いを捨てたくなるのがテレンス・マリックの映画の特徴。
    この壮大なテーマに対して、中谷美紀のナレーションはあまりにも陳腐だった。なんでこう読むのかな、というくらい浅い。ナレーションは重要です。
    ゆみお
    ゆみおの感想・レビュー
    9時間
    3.0
    正直、よく分からなかった、、生物の教材を観ているような。。
    でも映像美には魅せられた。太古の地球創世、原始生物から徐々に進化していくさま、ところどころ入る詩的なナレーション、現代の映像。
    分からないながらも、涙が出そうになる感覚。なんとも不思議な体験でした。
    JUNICHI
    JUNICHIの感想・レビュー
    11時間
    2.0
    17/03/23:初鑑賞 TOHOシネマズシャンテ 吹替版

    母よ…。
    れい
    れいの感想・レビュー
    12時間
    2.5
    映像も特別綺麗な訳ではないし、ストーリーもある訳でもない。ケイト・ブランシェットのナレーションは映像に合ってたけと、途中寝てしまった。
    たそ
    たその感想・レビュー
    13時間
    3.0
    映像美も語りも素晴らしい。宇宙や地球の映像と人類の文化を追った映像の対比も、その対比を使った現代における愛が今まさに紡がれている映像表現もわかる。
    でも、寝ちゃうそんな映画。

    ぼーとっ暖炉の火を長時間眺められる人にはオススメです。
    KenOkabe
    KenOkabeの感想・レビュー
    18時間
    2.2
    ●映像綺麗
    ●映像綺麗
    ●Love binds us together
    yodanaga
    yodanagaの感想・レビュー
    1日
    5.0
    美しい。素晴らしい。
    Naoya
    Naoyaの感想・レビュー
    2日
    2.0
    テレンス・マリック監督作。良くも悪くもテレンス・マリック監督作。壮大な映像の中、詩的な文面で描かれる本作は監督たる感性の秀でた内容。壮大さがありながら、日常やありきたりな風景も描かれ、この世の表現、この世だが未知なるものの表現は監督たる独特さ。表現力は多才で豊かだが、詩的な内容と映像の噛み合わせはまるでなく、委ね過ぎていて全体的に弛れる。一括りには出来ない作品だが、決して面白みはない。一映画として印象に残るものはさほどない。
    nonco
    noncoの感想・レビュー
    2日
    3.5
    どうせ見るなら、大画面で見るべき美しき世界。とにかく壮大。とにかく静か!睡魔に襲われるというより、睡眠が心地の良い睡眠の世界へと導いてくれる感じ。
    眠っちゃっても、きっと嫌な夢はみないはず。神秘が詰まった超大作。
    >|