ボヤージュ・オブ・タイムの作品情報・感想・評価

ボヤージュ・オブ・タイム2016年製作の映画)

Voyage of Time

上映日:2017年03月10日

製作国:

上映時間:90分

3.2

あらすじ

『天国の日々』、『シン・レッド・ライン』、『ツリー・オブ・ライフ』など発表する作品は常に高い評価を受け世間を賑わしてきた<映画界の偉才>テレンス・マリック監督が、40年のライフワークを集大成して世に送り出す渾身作。製作にはブラッド・ピットが名乗りを上げ、語りはアカデミー賞女優ケイト・ブランシェットが務める。かつてない映像世界に飛び込み、本能で<生命>を体感する90分。

「ボヤージュ・オブ・タイム」に投稿された感想・評価

眠れない夜もこれさえあれば、安眠間違いなし。

至高の快眠ムービー。
田上

田上の感想・評価

2.5
寝た。
全然悪いと思ってない。

この映画24時間あったら面白かったな。
テレンスマリックはこういう映画撮った方が幸せなのではと常々思っていたが、いざ見てみるとこれもまた違う
yossy

yossyの感想・評価

4.2
こういう「宇宙」とか「哲学」とか「存在」とかみたいな
曖昧なんだけど繊細で壮大なスケールの切り口って好き。

断片的に「人間の苦しみ」を映し出しながらも、その裏にある
「大きな存在の無償の愛」的なものをテーマにしている作品です。

YouTubeで宇宙だとか物理法則だとかをよく見ている俺にとってはもう最高の映像エンターテインメント。
最近のテレンス・マリック監督は、神がかっていて、観ていても良く分からない。
抽象的な映像から何かを感じよ、とでもいう感じ。

地球の起源から現代に至る大きな流れを描いているようでもあるが、太古時代っぽい場面から突然どこかの混乱した国の映像が映って、また太古っぽい映像に戻るみたいな部分は何を意味しているのだろうか???

生き物図鑑のような映画だった。
間違えて日本語版の上映を観てしまった。
日本語版はナレーションが大袈裟すぎて個人的には好きじゃなかった。

すごく楽しみにしてたから残念だったけど、映像はとても素敵だったのでもう一度観ようと思う。
リカ

リカの感想・評価

-
初のテレンスマリック監督
彼の40年の集大成作品らしい。
圧倒的映像美。神秘的。聖なる大地。
母よ、と呼びかけるナレーションがなんだか宗教チックだったり。。とにかくヒーリング効果はありそう。
音を消して、ポストクラシックなんかを流しながら、アロマキャンドルなんかを灯しながら、なにも考えずに眺めるのも良し。
カピ吉

カピ吉の感想・評価

3.0
とてつもなく美しい映像に時折ピンポイント醜いカット。哲学なのか宗教なのか、物質を捉えていても精神世界の映像に見えてくる。実写なのかCGやVFXなのかも曖昧に思える。飲みながら寝落ちするには良いのかも。
享楽

享楽の感想・評価

4.6
映像美は最高でケイト・ブランシェットのナレーションも綺麗にマッチングしている 人類と自然或いは地球の神秘を伝えた作品。ドキュメンタリーらしいドキュメンタリー作品。
>|