アンチクライストの作品情報・感想・評価・動画配信

「アンチクライスト」に投稿された感想・評価

Shu

Shuの感想・評価

-
ずっと気になってた「ANTICHRIST」(R18+)
金曜の夜に観に行ってきた。
公開は実は2009年であまりのショッキングな内容に日本公開は絶望視されていた作品。
性描写がかなりストレートなのでそれも理由のひとつだろう。
ある夫婦がバスルームでの激しいセックスの最中、幼い息子が窓から転落死してしまう。
その悲劇的シーンをヘンデルのオペラをバックにモノクロのスローモーションで描写するプロローグが不謹慎ながらとても美しく印象的なプロローグ。
このシーンに様々な伏線が張り巡らされていたことに後々になって気づいてゾッとした。

悲しみと罪悪感で精神を病んでいく妻。

セラピストでもある夫は妻に「最も恐ろしいものは何か?」と問う。

「森」と答える彼女。
そして2人は森の奥深くの別荘へ・・・
しかしそこで狂気の時が・・・
そしてやがて彼女の「罪悪の正体」が現れる・・・。

登場人物は事故死した幼い息子を除いて2人だけ。名前すら出てこない。
シャルロット・ゲンズブールの目を背けたくなるよなこれでもかという躊躇ない迫真の演技にはもう脱帽。
第62回カンヌ国際映画祭で女優賞を受賞したのも納得・・・が、
しかし正直あんなシャルロットはちょっと見てられなかった・・・
暴力表現が痛過ぎる・・・
あのラース・フォン・トリアー監督作品なのである程度は覚悟はしてたがこれはちょっと・・・
鬱病の病み上がりに撮った作品らしいけど治ってないんじゃ・・・?

暴力的な殻の下には繊細な精神が泥のように詰まっていた印象。
象徴してるのであろうメタファーがおいらの拙い知識では対応しきれなかったのが些か悔しい。
「冷たい熱帯魚」の凄惨なシーンは変な話し理屈があったが本作ではほとんど理解に苦しむ・・・。
おぼろげに女性性に対する罪悪と救済が象徴されてるような気もしなくもないがそれにしても・・・だ。

宗教観も違い、キリスト教にも疎いおいらの中でもまったく消化しきれない、いや消化してはいけないだろう。
兎にも角にも俗物のおいらには半分も理解できない作品だった。
深く考えるのはやめておこう。
なんか全くまとまらない感想になっちった^^;

ヘタをするとトラウマにでもなりかねないので
くれぐれも興味本位でだけでは観にいかぬよう・・・

最後にポスターのタイトル表記「ANTICHRIST」の最後の
「T」の文字が「♀」になっているところが象徴的でありました。

(2011年03月10日)
わに

わにの感想・評価

2.6
この2人が揃うと、ろくなことになりませんなー。
もっとイカれたもんかと思ったが、『ニンフォマニアック』とかに比べれば、普通。

『ミッドサマー』の林がグニャングニャンになるドラッグ描写ってここからきたのかな?(もっと前にもあんな演出あったのかな?)
aLicE

aLicEの感想・評価

2.5
嫁が終始キチ○イすぎて見るの疲れた
私はもう二度と観ないし友人に薦めることもないけど、性欲強すぎて困ってる人にはオススメ♡
性欲失せる効果大!!
セックスの最中に一人息子を事故で失った悲しみから神経を病んでいく妻をセラピストの夫が治療しようとするが、ますます正気を失っていく妻を描くエログロ・サイコ・スリラー。

主演女優のシャルロット・ゲンズブールは、演技ではなく本当に狂っているのではないかと思わせる怖さ。

称賛と嫌悪が物議を醸した作品だが、私には妻の異常な凶暴性に嫌悪しか感ずることができず、全く合わなかった。

このレビューはネタバレを含みます

芸術路線なのか、まったく意味がわからなかったし、あまり理解する気も起きない映画だった。

動物が喋ったシーンは笑ってしまった
何年か前のポケモンの映画でピカチュウが喋ったのを思い出した
AmanoJack

AmanoJackの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

久々の鑑賞(2度目)。
最初に観たのは5年以上前だったからか、記憶してたよりもライトな感じがした。こんなに起承転結ハッキリしてたっけ。もっと混沌としている印象があったのだけれど...

「大自然」という人智を超えた存在に宿る名状しがたい恐怖をジワジワと感じさせる前半はとても魅力的(車窓を流れていく緑に物凄い形相のシャルロットの顔がサブリミナル的に挿入されるシーンにグッと来た)なんだけれど、とうとう発狂し始めてからのクライマックスシーン以降があまり面白みを感じられず。拷問シーンはどうしても三池「オーディション」を思い出してしまったし...あと俯瞰で瀕死の2人を映すカットは大島渚「愛のコリーダ」?

個人的に一番怖いのは、亡き息子にわざと靴を左右逆に履かせていた事が明らかになるシーンです。あれは2度目の鑑賞でもやっぱり鳥肌立つ。
tzwtkm

tzwtkmの感想・評価

3.7
途中からニンフォマニアックを見てるのかわからなくなった。だいぶグロいし謎の描写が多かった。
tyaneri

tyaneriの感想・評価

3.2
愛し合う事の罪
女性の性って本当よく分からない。
最後の禁断の果実 あ、そういう事 ってなるけどそれまでが痛い痛い…
宗教画を思わせる気持ち悪いけど美しい画。
うつ病だったトリアー監督がセラピーの為に作った作品 なだけに内側のグジュグジュした部分がよく表現されてると思う。 絶望ってこういう感じ。
とかく女の心は救いようのないもの。
プロローグが素晴らしく綺麗。
ヘンデルのアリアがぴったりで歌詞を調べて泣きそうになった〜
プロローグ★★★★★
以降★★☆☆☆
(T T)
Cozy39

Cozy39の感想・評価

3.1
アングスト観る前に、取りあえず観客退場系で備えておこう、という感じでした。観た後で比較すると、やはりこちらがいろいろとエグイ。
高尚そうな雰囲気で、よくこんなサイコホラーみたいなものやるよね、という感じです。ただトリアー監督にしては短時間なのが個人的には良いです。

キリスト教徒でないので、何でわざわざ山奥まで行ってセラピーするのかなどの詳しい意味は分かりません。カトリックバージョンとノーカットのプロテスタントバージョンがあるらしいけど、レンタルはボカシ多めですが前者の方でしょうか。

21グラムでショーン・ペンの嫁さんやってたゲンズブールさんが大活躍?します。あの映画では清楚な感じでしたが...
>|