Guy and Madeline on a Park Bench(原題)の作品情報・感想・評価

「Guy and Madeline on a Park Bench(原題)」に投稿された感想・評価

モノクロ版ララランド。
ダミアンの制作意識に一番感心している。
数多くの超アップと手持ち撮影があって、大好きだ。
字幕なしで観たのでしんどかった。即興ぽい感じなのでセリフも聞きづらい。でも音楽のすごさはわかる。まだ学生に毛の生えたような連中が、ハリウッド黄金期のような贅沢なサウンドに挑戦している。映像はモノクロのうえにヌーヴェルヴァーグ風なので非常にラフ。音楽の録音にいちばん金がかかってるんじゃないか。
こうん

こうんの感想・評価

4.1
ハーバード大の映画オタク青年と音楽バカ青年が、映画とジャズを絆に作り上げたまことに初々しい処女長編映画。
後年の「ラ・ラ・ランド」の萌芽がここにある。
もちろん作ったのはデイミアン・チャゼルとジャスティン・ハーウィッツ。

物語はボストンを舞台とした一組の男女の青春の一幕。
モノクロで手持ちカメラを多用したルックスは、まるでマンブルコア派のようなんだけど、露骨に吹きまくるリスペクトの風!

まるでゴダール「はなればなれに」とカサヴェテス「アメリカの影」を正しくミックスしたかのような、ジャズミュージカル青春映画。
「はなればなれに」は青春犯罪映画の中に、ミュージカル的な音楽との親和性を試した映画だし、「アメリカの影」は即興演出で物語を紡ぎながらそのサウンドトラックにチャールズ・ミンガスを採用した先鋭的な映画だったけれども、まぁ恥ずかしいくらいにゴダール/カサヴェテスしているんだ。映画の学校では「真似しちゃダメ!」と教えられるのに、それを見事にやってのける胆力と、独立した映画としての魅力に昇華する聡明さ。
なにより映画を作っている喜びみたいなエモーションに溢れておる!

タップ!トランペット!タップ!トランペット!のカメラ・パンの連打は、「セッション」でも「ラ・ラ・ランド」でもやっていて、思わず笑ってしまった。好きなんだね。
とにかく観ていてうれしくなる映画でした。

この長ったらしい原題をどういう邦題にするのか知らんけど、日本でソフト化してほしいです。
(なんなら劇場公開を!)
たらこ

たらこの感想・評価

4.5
ラ・ラ・ランドで話題のデイミアン・チャゼルがまだ学生の頃に製作され、たしか2年くらいかけて準備した作品。
ラ・ラ・ランドと同じ音楽担当で、すべてオリジナル曲。前編白黒、ドキュメンタリー?って思うような会話の繰り広げられかたです。苦手な人は苦手かも。セリフだけどね。

ところどころにラ・ラ・ランドと重なるシーンがあり、そういった視点でも楽しめた。

トランペット奏者の青年と、普通の女性の物語。訳あって離れ離れになるんだけど、離れてはじめて大事さを知るという話。
懐かしの雰囲気とともに繰り広げられるジャズ、歌、タップダンスはじわじわと良さを感じる要素。音楽のクオリティも高く、好きな人は好きだろうなぁという作品です。良い!!日本でやって〜!