ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだの作品情報・感想・評価

「ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ」に投稿された感想・評価

まり

まりの感想・評価

3.0
何か適当に見てしまったので、もう一回ちゃんと見ないと飲み込めなかった
miho

mihoの感想・評価

4.3
かわいいかわいい。
それはかわいいボケまくりの
ゲイリーとティムが観られます。
かわいすぎて昔DVD買った。

え?ハムレット?
そういえばいたね。

ᴵᴹᴾᴿᴱ᥉᥉ᴵᴼᴺ ⁗
ラドクリフの舞台も見たけど
やっぱティムとゲイリーよきよき
可愛いくて滑稽で不条理で可哀想すぎ



好きな映画の特徴を3つ言ってみる𓃟ﻌﻌﻌ♡
‣ ハムレットの幼馴染
‣ コイントスの確率
‣ テニス式質問ゲーム

わたしの処方箋𓃟ﻌﻌﻌ♡
筋立てに対する登場人物の不満を知りたいとき

鑑賞回数:回以上 ᵛᴴ᥉
tomoco

tomocoの感想・評価

4.3
‪「ハムレット」の裏側で同時進行するコメディ仕立ての不条理劇。若きゲイリー・オールドマンとティム・ロスの早口でテンポのいいセリフの応酬が小気味よい。この映画は戯曲を書いたトム・ストッパード自身が監督。‬

‪度々「ハムレット」のシーンとリンクするから、オモテは今ここか、ウラはこうなってたかとニンマリするのも楽しい。例えばガートルードとハムレットの寝室でのシーン、盗み聞きしてるポローニアスの両側にロズとギルがいて難を逃れてるw‬

‪タイトルからして「ハムレット」に出てくるセリフまんまだしネタバレだしなんだけど、いろんなところでそれを示唆するフラグが立っててそれがじわじわこちらの胸に迫ってくる。不条理と言いつつ誰にとっても死は必然。。‬

当時ベネツィア映画祭で金獅子賞まで獲ってるのに日本じゃDVDも廃盤とは残念。ゲイリーがほんとかわいい!
アマゾンでプレミアついて¥26000するの借りパチされてるんですけど返して!w
ハムレットの超地味な脇役2人を主人公としてwアレンジした、これ自体ももと戯曲ですが、シェイクスピアに挑んだような言葉のキレッキレのやりとりがめちゃくちゃ面白い…!
kuge

kugeの感想・評価

3.0
ハムレットに出てくるチョイ役が主役のドタバタ劇。

質問テニスとかおもろいとこあったけど、あまりはまらなかった。
ちゃんと予習でハムレット読んだのに。残念。

大学の図書館にて。まさかのLD。画面暗すぎ。
継

継の感想・評価

5.0
デンマーク王子ハムレットの学友ローゼンクランツ(ゲイリー・オールドマン)と、ギルデンスターン(ティム・ロス)は、行く宛の判然としない道中で旅芸人の一座に出会い、その座長に誘(いざな)われるように城内へ導かれる。王から、ハムレットの行動を見張るよう命じられる二人だが、それは思いもよらぬ運命をもたらすのだった。。

'68年のNY公演でトニー賞受賞(演劇作品賞)した舞台を、'90年にトム・ストッパード自ら映画化したもの。
シェイクスピアの『ハムレット』で、その死が↑タイトルの一言であっさり片付けられるほど端役な二人。
本作は、そんな二人を敢えて主役に据えてハムレットの世界を再構築していきます。
ティム・ロスは『レザボアドッグス』の2年前、
ゲイリー・オールドマンは『レオン』の4年前、まだ若い二人の、元舞台作品らしい丁々発止な会話が楽しい作品です。

“ 舞台の外で起こる事を 舞台で演る、
退場を別の場への登場と見れば一切を演っているのだ ”
ー旅芸人の座長ー
本作のストーリーはあくまで『ハムレット』に則って進行します。従って舞台の大半はエルシノア城となり、本筋では端役の、出番の少ない二人は手持ちぶさたに城内をウロウロする(笑)はめに。
本筋に関わる台詞も少なく、うっかりセンターに居ると本筋が始まってしまい “一人にしてくれ” と厄介払いされる始末。
肝心の出番!が来ると王から “ハムレットの様子を探れ” と使いっぱしりな受け身な役ばかり。
墓掘り人(本作では亡霊と共に出てきませんが)の様なキャラの味付けもされていないからコメディリリーフにもなれず、主役なのに舞台袖へ捌(は)けていく二人…その様子が可笑しくてコチラは笑ってしまうわけですが(T∀T)。

でもでも、二人は頑張るんです! o(*≧∀≦)ノ
表ばかり出るコイントスや、道中からワープでもしたように城内に居たり、捌けたつもりが何故か舞台へ出たり、戻るはず無い紙飛行機が戻ってくる、そんな理不尽で場違いな思うように行かない世界で、二人は二人なりに此処に居る意味を精一杯考え、動き回ります。

ローゼンクランツは蒸気機関や複葉機、音階なんかをうっかり発見/発明しそうになるのです!
が、『ハムレット』にそんな筋はもちろん無く、逸脱出来ないわけでそれは許されず、ギルデンスターンが握り潰す事になっちゃいます(´Д`)ノ
その反面 “描かれなかっただけで裏では当然あったであろう” とストッパードは話を膨らませ、本筋に無い浴場シーンをサービスカットまで入れて茶目っ気たっぷりに描いてみせます。

劇中劇『ゴンザーゴ殺し』の改変は重層的かつ飛躍的で、仮面劇で観せるリハが “尼寺へ行け!” のエピソードで一気に本番『ゴンザーゴ…』へ転換し、いつの間にか人形劇と化した芝居はハムレットの策略に引っ掛かった王の “明かりを持て!” の台詞で漸(ようや)く本筋が追い付く、という畳み掛けるその “Re-mix” !。
劇作家たるストッパードが楽しみながら紡いだ事をうかがわせる、ユニークなものでした。

本作で鍵を握る、旅芸人の一座。
彼らは観衆の居る場に忽然と現れ、喜ばれるであろう芝居をご覧にいれます。
使用人達が笑い転げるその芝居は、題名こそ伏せられているもののまさに『ハムレット』!
ストッパードは、芝居なんて観る者次第と言わんばかりに、王族が滅びゆく物語は媚びへつらう使用人にとって「喜劇」だろうと、その意味を転換して観せるのです。

使用人達と共にこの「ハムレットとおぼしき」芝居を観た二人は、そのクライマックスから死の暗示を受け
以降、その逃れられない運命に思い悩む事となります。

“ 我々は悲劇役者 ト書に従い 選択は出来ぬ
悪玉は不幸な最期を 善玉は不運な最期を
それこそが「悲劇」だ ”

この座長の台詞の通り演者は芝居から逃れられません。
移動舞台を馬に引かせ、芸人一座を率い、その一切を司(つかさど)る座長、リチャード・ドレイファス。
時空を超える神出鬼没で、幕間(まくあい)を埋めて繋いでいく。それでいてあくまで二人の脇役として放たれる怪しい存在感は流石でした。

芝居は現実を映す鏡。
ならば、そのト書に翻弄され、抗(あらが)い、死の恐怖に打ち震える二人の姿は私たちそのもの。
『ハムレット』にピタリと辻褄を合わせるクライマックス、二人はまさに表題の通り死んでしまいます。
けれどそれとて当前の事と、座長は二人を芝居セットに “回収” し、旅芸人の一座は新たな観衆を求めて城を後にする... 見事なオチでした(o^-')b !。
ErnieHoyt

ErnieHoytの感想・評価

4.5
個人的のトップテン入りの映画です。1990リリースの「ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ」。ゲリー・オルドマン、ティム・ロスとリチャード・ドレイファス主演の最高なコメディ。監督はトム・ストッパード。元は舞台のプレイだったのでセリフが最高。映画化になった結構のビジュアルギャグも楽しめる。17年も経ってるのに改めて観てやっぱり自分のトップテンには外しません。ハムレットの話が分かれば倍位楽しめる。本当に最高。
忘れかけてたこの作品。
ティムロスとゲイリーオールドマンの会話劇です。
なすび

なすびの感想・評価

5.0
廃盤になったかなりレアなDVDをなんと大学の図書館で発見、大学えらい。

これはかなり予習をしてみた方がいいやつやな〜私はこの原作もハムレットも読んだことなかったのでとりあえずネットで粗筋だけ調べたけど、理解出来てないところかなりある。ハムレット読んでみようかな。

まぁそれにしても結構おもしろい!軽快でおバカなやりとりと舞台劇、笑笑〜〜
特に疑問ゲームめっちゃ笑った!いつか友だちと酔っ払ったときにでもやってみたい笑

わ〜〜ティムロスとゲイリーオールドマン〜〜どっちもかっこいいかわいい〜〜
ティムロスの片耳ピアスめちゃくちゃ良い
ゲイリーオールドマンの天然おバカちゃんぶりにニヤニヤが止まらない!船に乗ってるときに目隠しして「おやすみ」ってろうそく消せないところ可愛すぎた!
お互い最後まで自分の名前が一体ローゼンクランツなんかギルデンスターンなんか分からんという笑笑 最高笑
>|