南瓜とマヨネーズの作品情報・感想・評価 - 202ページ目

南瓜とマヨネーズ2017年製作の映画)

上映日:2017年11月11日

製作国:

上映時間:93分

3.7

あらすじ

ツチダ(臼田あさ美)は同棲中の恋人・せいいち(太賀)のミュージシャンになる夢を叶えるため、内緒でキャバクラで働き、生活を支えていた。一方、曲が書けずスランプに陥ったせいいちは毎日仕事もせずにダラダラと過ごす日々。 しかしツチダがキャバクラの客・安原(光石研)と愛人関係になり、生活費を稼いでいることを知ったせいいちは心を入れ替え働き始める。 ツチダが今でも忘れ…

ツチダ(臼田あさ美)は同棲中の恋人・せいいち(太賀)のミュージシャンになる夢を叶えるため、内緒でキャバクラで働き、生活を支えていた。一方、曲が書けずスランプに陥ったせいいちは毎日仕事もせずにダラダラと過ごす日々。 しかしツチダがキャバクラの客・安原(光石研)と愛人関係になり、生活費を稼いでいることを知ったせいいちは心を入れ替え働き始める。 ツチダが今でも忘れられない昔の恋人・ハギオ(オダギリジョー)と偶然の再会を果たしたのはそんな矢先だった。 過去の思い出にしがみつくようにハギオにのめり込んでいくツチダだったが...。

「南瓜とマヨネーズ」に投稿された感想・評価

ayumi

ayumiの感想・評価

3.9
行き止まりだなって
でもその行き止まりの壁には何個か穴がある感じがした

ツチダは相手のためを思って頑張ってる気持ちになることで自分を保ってる

ちょっと共感する部分は苦しかったけど、温かくて可笑しかった
kana

kanaの感想・評価

4.0
悪い言い方すると、世間的にはみんなクズ。だけどなんとなくその年齢が近くなって、共感できることもあって。
臼田あさみほそいーかわいいー
5年分くらいの涙が出た。肩を震わせて泣いてしまったから、明るくなったら恥ずかしくて急ぎ足で劇場を出ましたよ。
臼田あさ美さんのあの表情。あの場面、彼女と全く同化してしまったかのように。ものすごいカタルシス!

太賀さんも今撮りたい俳優なんでしょうね。カメラが楽しそう!

この映画は『君の名は。』みたく、あの日あの場所にいた人にはたまらないと思う。
1DKの部屋、バランス式お風呂、ゴミ袋。ちょっと歩いた居酒屋で昼から飲むとか。エキストラから何から何まで、あの空気感を作ってた。
と言っても魚喃キリコ氏原作なんで、すごくさっぱりしてて見やすい。90分尺でいい感じに収めたなー。
とかげ

とかげの感想・評価

4.0
いつもどこかの間で
さまよって迷って躓いて。
正解なんてないけど全部正解でいいと思う。

せいちゃんの曲を聞く土田さんが
とっても綺麗でした。

2月行くのかな
行かないのかな、と思い巡らせる
Ayumi

Ayumiの感想・評価

4.0

最初はツチダに共感できなかったけど。でも「ハギオ!」って好きな人を追いかけてる感じ、昔の自分と重ね合わせてしまった。
人を好きだったときのこと、痛々しくていま思い出すのは恥ずかしいけど、一生懸命だったし、なにより楽しかった。そういうのを全力で肯定してくれるようなあったかさがこの映画にあると思った。
太賀さんの歌の場面でなぜか泣けてきたのは、たぶんあったかさのおかげ。
kyoko

kyokoの感想・評価

3.7
おーーーう、キュンてする!!
セイちゃんもハギオもクズ、ダメンズかっこいい、、ツチダ可愛い、、
普通に感情移入してしまった。
Saaaaaeee

Saaaaaeeeの感想・評価

3.7
ゆっくりとした流れの中に登場人物たちの心情がリアルに伝わってくる。
すごくリアルで、見ていてなんだか少し切ない気持ちになってしまった。
音の演出や、カメラワークもリアル感を引き立てていてよかった。
臼田あさ美、太賀、オダギリジョーの三角関係。みんなすごくよかった。
おあ

おあの感想・評価

3.7
ハギオがしょうもないクズ男なのにエロかっこよすぎた。
登場人物皆んなに違ったしょうもなさがあって、「おいおい...」と思いながらも笑ってしまったし良かった
りり

りりの感想・評価

3.9
漫画の世界そのまま、誰にも共感できないけど、痛々しさすら愛おしい。
みや

みやの感想・評価

3.8
「何やってるんだろう」

いっぱいいっぱいしてあげた事を数えるのは苦しい。
相手を好きだと言ってる自分を認めて欲しい。
自己中恋愛。

依存、便乗、執着。
チリチリとした懐かしい痛みを感じる。
でも何年かしたら、あんな事もあったな、うふふってなるんだろうな、この主人公。