孤狼の血の作品情報・感想・評価

孤狼の血2018年製作の映画)

上映日:2018年05月12日

製作国:

上映時間:126分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「孤狼の血」に投稿された感想・評価

しみず

しみずの感想・評価

4.2
こういう大作いっぱい作ってください日本。
ポースター見てEXILEのTAKAHIROかと思ったら、松坂桃李じゃった。
開幕豚のウンコのインパクトよ!!もう豚のウンコが網膜に焼き付いて目をつむっても豚のウンコが見えるレベルのウンコインパクトよ!!ヤクザ映画かと思ったらマル暴側の話だったんですね。役所広司さん演じる横暴刑事ガミさんのキャラがかなり強くてとてもよいです。

私はヤクザ映画はほぼ見ない(アウトレイジくらいしか)ので「仁義なき戦い」と比べられてもよくわかりませんが私的にはすごい韓国映画特有のヒリヒリした陰鬱感を感じました。邦画でもこーゆーの撮れるんだと少し安心したよ。続編製作も決定してるみたいだけどピエール瀧さんの役所けっこう大事なとこだと思うんだけどどーすんのよ?
松坂桃李、初めてちゃんとみた、キレッキレ。ただのイケメンだと思ってましたすいませんでした!どんどん画面に引きずりこまれていった。

なにはともあれ悪い顔の瀧さんが観られる、ホッコリする映画でした☺️
ヒルコ

ヒルコの感想・評価

2.8
役所広司はヤクザじゃなくてサツなんだ!それされ知らなかった。
大まかに役者を分けて、大御所、ベテラン、中堅、若手とすると、がむしゃらにやりきる若手やケレン味を効かせる大御所・ベテランに比べて、中堅どころがスカスカ。真木よう子とか竹野内豊とか、江口洋介も頑張ってたとは思うけど、なんか薄い。
話としても、アカデミー賞にノミネートされるようなメインストリームの映画だとこのくらいの暴力描写でも頑張った方なのかなぁと言う感じ。
でも2時間以上の尺で最後まで見られたから、面白くないわけではないです。
suu

suuの感想・評価

3.5
この残虐さと見終わった後の胸糞の悪さは凶悪に通じるものがあると思ったらやっぱり同じ監督だった。

こんなに文句を言いながらもヤクザ抗争が嫌いではないので怖いもの見たさもあり観てしまうんだな。でもやるならここまでやってくれないと楽しめないし話の展開も面白かった。
yu_tsuyo

yu_tsuyoの感想・評価

4.0
冒頭で昔の東映△ロゴを採用している所からまるで昭和へタイムスリップしたような感覚。
仁義なきや極妻等、血なまぐさいバイオレンスアクションが東映の真骨頂だった時代があったが、本作はあの頃の熱量をはるかに凌ぐ傑作と言える。
kwsmhkt

kwsmhktの感想・評価

-
途中から松坂桃李お芝居ガチンコ勝負、って感じでみてました。あとひどい目にあう音尾さん。つか石橋蓮司みたいにヤクザの大物の人演れるひと減ってきたよね…。

予告で見てリズムあってポンポンいく感じかと思ってたけど、違いましたね。ならもっと細かく構成してほしかったなーとか、なんとなく足りないとこはたぶん原作にあるんだろうなーとかは思いました。

あと個人的問題だけど、広島弁でヤクザはある作品がちらつくから見づらいんだよねー。その映画に入るのに時間食うの。困る。
>|