5パーセントの奇跡 嘘から始まる素敵な人生のネタバレレビュー・内容・結末

5パーセントの奇跡 嘘から始まる素敵な人生2017年製作の映画)

Mein Blind Date mit dem Leben/My Blind Date with Life

上映日:2018年01月13日

製作国:

上映時間:111分

ジャンル:

3.9

あらすじ

先天性の病気で95%の視覚を失った青年が、「5つ星ホテルで働きたい!」という夢を叶えるために一世一代の“大芝居”を打つ!なんと目が見えないということを隠して、一流ホテルで見習いを始めるのだ。持ち前の明るさと機転を利かせ、周囲からの助けも借りながら、ホテルの研修課題を次々とクリアしていく。ところが、ある女性との出会いにより、完璧だった偽装計画が徐々に綻び始めてしまう。果たして、無謀とも呼べる夢は叶…

先天性の病気で95%の視覚を失った青年が、「5つ星ホテルで働きたい!」という夢を叶えるために一世一代の“大芝居”を打つ!なんと目が見えないということを隠して、一流ホテルで見習いを始めるのだ。持ち前の明るさと機転を利かせ、周囲からの助けも借りながら、ホテルの研修課題を次々とクリアしていく。ところが、ある女性との出会いにより、完璧だった偽装計画が徐々に綻び始めてしまう。果たして、無謀とも呼べる夢は叶うのか、そして恋の行方はー?本作は驚くべきことに、10代の時にほぼ全盲に近くなってしまった将来有望な学生サリヤ・カハヴァッテの実話に基づく物語。

「5パーセントの奇跡 嘘から始まる素敵な人生」に投稿されたネタバレ・内容・結末

相棒がひたすら良いやつ。
ザ・陽キャ。

先天的ならまだしも、後天的に視力を失ったら相当辛いだろうなと思った。
実際になったらあそこまで隠すことが出来るのかな?

病気が発覚したあと、お父さんが家の金を持ち出してして逃げるというクズっぷり。
そのせいで過労が進み、倒れてドン底まで落ちたものの、数々の苦労を見ていた周りの人たちからの後押しもあって、最後は試験に合格出来て良かった。

合格したものの、結局店を出すから辞めるのか、とは思ったけど、あの相棒とならやるしかないかな。

いい出会いって大切だなー。
主人公が割とすぐに失ったものを補って余りあるものを獲得していったので、これだけ有能ならば別に我らが見守る必要もなかろうてなどと半ばひがみ混じりに眺めていたら、もちろんそんな甘い話ではなく、この目の節穴具合は多分眼球の代わりに濡れ雑巾を絞った汁で柔らかくした高野豆腐でも入っているからなのだろうと現実逃避。

結末こそほんの少し物足りなかったものの、そこに至るまでの主人公の取り組みの変化、その山と谷が個人的にどストライクで。
優れた能力だけでは乗り越えられず、支えてくれる人たちに恵まれてもまた跳ね返されて、それでもあきらめずに工夫と努力を重ねても結局まるで届かなくて、ついには自分を破壊しながら夢や現実、恋に向かう主人公の狂い方にすっかりやられてしまった。

あと姉かわいいよ姉。
いたいいいい!!!ってシーンいっぱいあったけど、楽しかった。光が綺麗だった。ハラハラするけど実話ならうまくいったんでしょ?!て、なんとか見れた。
気分良く観終わった映画。急に見えなくなるって本当に恐怖との戦いだと思うんだけど、力強く「夢を諦めない」って突き進む姿勢に感動。修了試験に合格して、本人もだけど、周りのみんながいっせいにやったー!って叫ぶシーンがよかった...うるうる。
一般の人の5パーセントしか視力がない状態で一流ホテルで働くことを夢見る青年の実話を元にした物語。


合間に挟まるサリー目線のショットは明暗や物のぼんやりした形くらいしかわからなくて「これは無理なのでは…」と思うけど、徹底した努力プラスまわりの人の協力でクリアしていける。自分は1人でどうにかしようと思い過ぎなのかもと反省しました。


皆書かれてますがマックスが最高。何でも楽しむところ、言葉だけでなく行動でサリーを起動修正させるところ、人間の善性に溢れて、でも欲望に忠実なところも良かったです。
主人公はもちろん、周りの人達が素敵な人ばかり。
この映画が実話だなんて本当にすごい。
目が見えなくなったら、聴覚が優れたり感覚で覚えたり、並大抵の努力ではできない。普通の人間なら挑戦しようとも思わないだろう。目が普通の人の5%しか見えないとシェフに言えなくてスライサーで指を切ってしまった時は本当にハラハラして目を瞑りたくなった。
この映画を観て、夢はそう簡単に諦めるものではないと思った。
親友と作ったお店、いつか行ってみたい。
先天性の病気で、日常生活もままならないほどの弱視になったサリーが、弱視であることを隠しホテルに就職。周りの協力を得て仕事を続けるも、やはり綻びが生じてしまう。面接時にいきなり遅刻してきた女好きで酒飲みなマックスを助けたことから、マックスが最後までサリーに対して親身になって助けたり一緒に騒いだり、時には怒ったりする姿がとてもよかった。厨房で出会ったアフガニスタン人のハミールや厨房のボスも、サリーが弱視であることに気づくと協力してくれて、冷酷なレストラン長ですらサリーの熱意で応援してくれるという、出てくる人が、みんな本当に暖かい素敵な映画。サリーが恋するラウラも、サリーの無責任な行動に怒って離れてしまうが、「そりゃあ誰でも怒るわ」だし、ラウラの息子のオスカーのフォローも粋だった。ドイツ映画はこれ見よがしな感動というより、辛いこともあるし、悲しいこともあるけど、悪いことばかりでもないよねという暖かさがあるのが好きだ。俳優はイギリス、映画はドイツが最高である。(2018/3/7 KBCシネマ)
脚色されてるとはいえこれが実話なのすごい
彼の努力と才能、そして周りの人の優しさで不可能が可能になってく姿は胸打たれる
ホテルのレストラン意地悪野郎のまさかの寝返りは信じられなかったけど、事実を知ったラウラの対応は母親としてのリアルなものだなと思った
ドイツ映画はかなり久しぶりのような。
実話を基にしているとはいえ、意外と山あり谷ありが激しかった。
スライサーを解体し始めるところがドイツっぽいと思ってしまった笑。これも偏見ですかね。
ところどころ描写を活かしきれている、とは言い切れないようなところもあったけど。(グラスの音の聞き分けとか)

障害があるにしろ無いにしろ、周りの人に支えられて生きていくのは誰でも同じだと思います。
でも彼の周りには本当に器の大きい優しい人が多かったんだなあ。
オチまで含めて、本当にホテルの人たちの心が広過ぎるような気も。
元々ホテルマンの研修、というだけだったんですかね…?
マルク・ローテムント監督作品!

95%の視力を突然失った青年が、5ツ星ホテルで働く為に大芝居を打つ!

実話。
青年サリーは資格を持つ夢の為、家族の為にホテルマンの研修を面接で出会った親友マックスや仲間と共に夢を実現していく!

もちろん、障害をひた隠して日々を過ごします、ひたすら明るく前向きサリーには頭が下がります(^^)

しかし❗️
厨房での肉の🥩スライサー事件からの展開から不穏な展開が…
まぁ、そらそうだよね目が見えないから…
グラス🥂、結婚式のウエディングケーキ🎂破壊の限りで、自分的にはもうハラハラドキドキのサスペンスでしかありませんでした…

厨房のシェフの一言が全てでした
「責任が持てない」
しかしシェフは見捨てませんでした、シェフのスタッフの為の責任感には共感します

お客様目線ならばどうでしょう?

色々考えさせられる作品でした。

夢を叶える事は、お陰様あってのことで日々精進する事だなぁと改めて思いました。


映画はテンポ良く明るい雰囲気なので総じて評価も良いと思います( ^ω^ )
>|