5パーセントの奇跡 嘘から始まる素敵な人生の作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

5パーセントの奇跡 嘘から始まる素敵な人生2017年製作の映画)

Mein Blind Date mit dem Leben/My Blind Date with Life

上映日:2018年01月13日

製作国:

上映時間:111分

ジャンル:

あらすじ

先天性の病気で95%の視覚を失った青年が、「5つ星ホテルで働きたい!」という夢を叶えるために一世一代の“大芝居”を打つ!なんと目が見えないということを隠して、一流ホテルで見習いを始めるのだ。持ち前の明るさと機転を利かせ、周囲からの助けも借りながら、ホテルの研修課題を次々とクリアしていく。ところが、ある女性との出会いにより、完璧だった偽装計画が徐々に綻び始めてしまう。果たして、無謀とも呼べる夢は叶…

先天性の病気で95%の視覚を失った青年が、「5つ星ホテルで働きたい!」という夢を叶えるために一世一代の“大芝居”を打つ!なんと目が見えないということを隠して、一流ホテルで見習いを始めるのだ。持ち前の明るさと機転を利かせ、周囲からの助けも借りながら、ホテルの研修課題を次々とクリアしていく。ところが、ある女性との出会いにより、完璧だった偽装計画が徐々に綻び始めてしまう。果たして、無謀とも呼べる夢は叶うのか、そして恋の行方はー?本作は驚くべきことに、10代の時にほぼ全盲に近くなってしまった将来有望な学生サリヤ・カハヴァッテの実話に基づく物語。

「5パーセントの奇跡 嘘から始まる素敵な人生」に投稿された感想・評価

た

たの感想・評価

4.8
サリーが満島真之介に激似。髪切るとなおさら。
登場人物いい人しかいなかった。
あ、お父さん以外。
サリーさん意外とやるときやるのね


視力が5%まで落ちた青年が
一流ホテルで働くとゆう夢を実現するために実習生になるはなし。


思ってたよりずっと明るくて笑えるシーン多かった!
シーンに割り当てられてる曲も好きやし
何よりてんどんが多くてクスッて笑える
実話ベースなんやけどかたくなく
良い意味で砕けてて良かったです。

ってか急に視力5%なったら自分やったらめっちゃ絶望する…
ほんま夢どころちゃう笑

サリーの優しさね
演じてる人も良い人ってのがにじみ出るし、めっちゃ合ってたと思います!

夢に向かって頑張ってる人はやっぱり素敵やなーと。
観終わった後人に優しくしようって気持ちになる映画でした
先天性の病で極度の弱視になるがホテルマンになる夢を諦めきれず、見えないことを隠してチャレンジしていく男の物語。大きな障害と夢というわかりやすい構図のストレートな作品で出来は悪くない。
けれど、あのあまりにも酷い最大のピンチからの立ち直りは、友人や家族の強烈な助けがあってなんとか乗り越えたというストーリーにしなかったのはなぜか。このままではなぜあれが許されたのか意味不明。なんだか皆いい人でうまくいったという、ふわっとした終わり方なのが残念
こ

この感想・評価

3.8
感動というより、努力。
感情移入しすぎて疲れちゃった。
人には優しく生きよう。
湯の華

湯の華の感想・評価

4.0
2018.劇場2本目
良いバディ映画。
主人公の計り知れない苦労と努力はあらすじから見てとれるけど、こんな素敵な友達が出てくるとは!
努力を惜しまない主人公と、それを当たり前のように損得勘定も裏表もなく支える友達、この関係性が最高でした。
マックスのような人間になりたいなぁと思う。
評判も良くあまり観る機会ないドイツ映画を鑑賞。良くある感動の押し付けがましいところもなく演出的に注文付けたい場面は多々あるが、最後まで後味悪くなく観ることが出来た。満島真之介似の主人公がほぼ盲目の役をよく演じている。
周りの人に支えてもらえることの有り難さや大切さが改めて大事やと思えた‼ OPの曲が結構気に入った。
nagisa

nagisaの感想・評価

3.8
th-5

サリーを支え、手を差しのべる仲間たちに胸が熱くなりました。
KAO

KAOの感想・評価

3.8
親子で鑑賞。実話というのが凄い!
ハンデに屈することなく諦めない人生を
選択して神さまを味方につける!カッコいい!
kyoko

kyokoの感想・評価

3.8
想像以上に明るいバディムービーで楽しめた。
もちろんサリヤ本人の苦しみや家族のシビアな状況(いや~お父さんには驚いた!)もあるのだけど、全体的にヨーロッパらしからぬ軽快でポップな雰囲気。
同僚マックスに協力してもらい、視覚以外の感覚を目一杯研ぎ澄ませて技術を習得していくシーンはわくわくした。

凝りもせず邦題には安易に「奇跡」という言葉を使っているけれど、決して「夢は叶う!」というだけの脳天気なテーマではないし、障がい者に対する差別を問題視して「障がい者に優しさを!」と謳うものでもない(差別のベクトルはむしろ移民や人種のほうに向いている)。
ハンデを持つ人が人生を切り開いていくにはどうすればいいのか。
言えば研修生になれなかったとはいえ、障がいを隠す行為はエゴであり、本人だけでなくまわりをも危険にさらすことになる。私がラウラだったらあの公園で「われ、なにしてくれとんじゃ!」とサリヤを張り倒しているに違いない。
シェフが「事情を話すか、辞めるか」と言ったように、まずは分かってもらうことが大事なのだ。そしてまわりはどうサポートすべきかを真剣に考えなくてはならない。
健常者が一方的に支えているわけではなくその逆もあるのだということも含めて、エンタメの作りでありながら大事なヒントが隠された良作だと思う。

声に恋するってステキ。リスク高いけど(笑)
>|