坂道のアポロンの作品情報・感想・評価・動画配信

坂道のアポロン2017年製作の映画)

上映日:2018年03月10日

製作国:

上映時間:120分

ジャンル:

3.6

あらすじ

「坂道のアポロン」に投稿された感想・評価

小松菜奈ちゃんが出ている&音楽映画だったので鑑賞。


わりとほのぼのした映画。
3人のバランスが微笑ましかったし、
糸電話のシーンがかわいい。



演奏シーン良かった〜
楽しみながら演奏してて。
あんな風に、魂を込めて楽器で自分の音を表現できるって素晴らしいと思った。
かきならすのにも憧れるし何かしらの楽器をやりたくなりました。笑




そして
小松菜奈ちゃんの可愛さ!
どの作品でも透明感は失われなくて、
本当にその人物が実在するかのような自然な雰囲気を出す女優さんだなぁと改めて思いました。
これからも小松菜奈ちゃんの作品は注目しちゃうだろうな。

歌、聞きたかった…
聞けなくて残念!!!



そして!1番びっくりしたのが中川大志くんがやんちゃな役がとても似合っていた事!
優しい役や繊細な役をやってるイメージが強かったから、
こういう役もめちゃくちゃハマるのだなとびっくり。
悪い目つきとかニヤッとするニヒルな感じとか弾ける笑顔とか、表情豊かで素敵な役者さんだった。
演奏は圧巻。10ヶ月前はピアノ弾けなかった人間とは思えない。
物語は尺に対して欲張り過ぎて、浮き沈みが激しく、軽く見えてしまうのが残念。
milkshake

milkshakeの感想・評価

3.0
Amazonプライムにてアニメ経由。
ジャニ演技、声質×。
小松菜奈は昔の田舎いも少女としては肌質良すぎ。
教師、授業中に自由にさせ過ぎ。
ディーンフジオカは棒読みだけどキャライメージは合ってた。
中川大志は意外と雰囲気○、演技良かった。
お嬢様、気合の割に10cmカット。
アニメも駆け足だけどより加速。薄味でキャラに感情入らんで。
みはる

みはるの感想・評価

3.7
ちょうどこの映画の公開時期に長崎に旅行に行っていたので、色んなところに今作のポスターが貼ってあったのが懐かしい。

洋画・邦画問わず、音楽を通して描かれる青春モノは好物だったので、これも好きでした。ジャズは普段ほとんど聴かないジャンルだけど、めちゃめちゃ良いですね。劇中に登場した曲はジャズに無知な私でも何となく聴いたことある曲だったので、より楽しめました!
どこでも始まるセッションのシーンが何度かありましたが、全部良かったなぁ。演奏している時の薫と千太郎の表情が最っ高にいきいきしてて、見ているこちらも口角が上がりそうになる。笑 あとなんといっても小松菜奈ちゃんがバチバチに可愛かった〜

小田さんは何も悪くないけど、何であえてエンドロールで流す曲をジャズと無関係の曲にしたの?っていうのは多くの人が思ったはず。映画自体は良かったのに、最後の最後で勿体無さすぎる。
nagisa

nagisaの感想・評価

4.0
ジャズ最高ー!
切実にこの時代を生きたかったと思う。
今まで見た邦画の中で1番好きかも。絵もいい。エンディングは唐突だったけど。

小松菜奈は相変わらずかわいい。
初めて中川大志がかっこいいと思った。コミカルな演技じゃないのに、ジブリのキャラクターみたいだった。
たまご

たまごの感想・評価

3.1
アポロンでてきたけど、題名にするほどなのか?漫画だとその辺しっかり描かれているのか?
saya

sayaの感想・評価

4.0
よくある少女漫画原作の映画を想像して観てみたら、期待を超えてきました。時代設定や舞台、キャストなど全てがドンピシャで大好きな作品になりました。
ジャズ好きな人は楽しめるんじゃないかな。
かず

かずの感想・評価

3.2
古き良き青春映画でした
ジャスを通して親交を深めていく3人が自然で落ち着いて見られる
小松菜奈目的の人達が多い作品
自分も同じです
gpswatch

gpswatchの感想・評価

4.0
ジャニーズだしといって避けてたけど、小松菜奈関連で見た。いやぁ、良かった。泣きそうになったわ
shun

shunの感想・評価

3.5
YouTubeだったか電車だったか、どこか映画館以外で見た予告かポスターをみた記憶がすごくあった。その時は全く日本の映画には興味はなく、でもただただみてみたいって思ったのを覚えてる。

色褪せたような、でも優しいの映像が温かい。
ジャズだったり教会だったりあまり日本の映画がどは観ないようなテーマがいい感じ。日本の映画で教会のシーンがでてくるといつも注意して見るようにしてるんですが今回のは結構忠実だったかなあと思います。
糸電話、いいなあ。
小松菜奈目当てでしたけどいろんな面が観られてよかった。服とか髪型含め。
>|