坂道のアポロンの作品情報・感想・評価

坂道のアポロン2017年製作の映画)

上映日:2018年03月10日

製作国:

上映時間:120分

ジャンル:

3.7

あらすじ

医師として病院に勤める西見 薫。忙しい毎日を送る薫のデスクには1枚の写真が飾られていた。笑顔で写る三人の高校生。10年前の夏、二度と戻らない、“特別なあの頃”の写真……。あの夏、転校先の高校で、薫は誰もが恐れる不良、川渕 千太郎と、運命的な出会いを果たす。二人は音楽で繋がれ、荒っぽい千太郎に、不思議と薫は惹かれていく。ピアノとドラムでセッションし、千太郎の幼なじみの迎 律子と三人で過ごす日々。や…

医師として病院に勤める西見 薫。忙しい毎日を送る薫のデスクには1枚の写真が飾られていた。笑顔で写る三人の高校生。10年前の夏、二度と戻らない、“特別なあの頃”の写真……。あの夏、転校先の高校で、薫は誰もが恐れる不良、川渕 千太郎と、運命的な出会いを果たす。二人は音楽で繋がれ、荒っぽい千太郎に、不思議と薫は惹かれていく。ピアノとドラムでセッションし、千太郎の幼なじみの迎 律子と三人で過ごす日々。やがて薫は律子に恋心を抱くが、律子の想い人は千太郎だと知ってしまう。切ない三角関係ながら、二人で奏でる音楽はいつも最高だった。しかしそんな幸せな青春は長くは続かず――。

「坂道のアポロン」に投稿された感想・評価

古き良き時代を背景に、
音楽によって繋がれた出会い、
音楽によって深まる友情、
絡み合いすれ違う淡い恋心とそれぞれの想い、
甘く切ないキラキラ輝く青春物語をJazzに乗せて描いた、そんな作品です。


文化祭でのセッションシーンは圧巻!
本人達の生演奏と知ってさらに驚愕!

お互いに自分の全てをぶつけ、相手の全てを受け入れ、一つの音楽に融合されていく。
『音を楽しむと書いて"音楽"と読む』そんな言葉がまさにピッタリのワンシーン。
すれ違っていた心も、音を重ねれば全てがわかり合える。
そんな思いが、軽快かつ心地よいJazzの音色に表れていて、心が熱くなりました。

物語だけではなく、Jazzの良さも楽しめる素敵な作品でした(^^)
harukaoe

harukaoeの感想・評価

3.7
演技派とセンスの塊のみなさんがすてき
知念くんやっぱりいいな
いかにも才能ある人みてるのすき

原作も大好きだけど、
実写なかなかなかなかなかなかよかった
もう一度観たい
Anna

Annaの感想・評価

3.0
あんま好きなタイプの映画じゃなかった。青春ってあんな感じなのね。 ジャズ良き。
粉雪

粉雪の感想・評価

2.0
漫画とアニメが凄くよかったので、実写も見てみたけれど、、。中川大志くんがハマってて、漫画から飛び出してきたみたいだったのが、唯一良かった。
m

mの感想・評価

3.0
何より音楽が凄くよかった。漫画を少し読んでいたけど、キャスティングも良かったんじゃないかと思う。
kai

kaiの感想・評価

3.5
最近観た邦画の中で一番良かった。
三人の関係が変化していくなか、最後は青春映画らしく爽やかな幕切れで終わったのが好印象だった。 安直な人間なのでjazzカッケェェと思った
とん

とんの感想・評価

4.0
音楽が鳴り始めた時のわくわくが凄い。
あと、小松菜奈ちゃんが普段はやらないような子の役だったけど可愛い子の方言はそれはそれはかわいい。
小松菜奈出演作品ということで観賞。
ピアノとドラムのセッションのシーンは映画館の音響が良かったため楽しめました。
まったり見る映画でした。
taku

takuの感想・評価

3.8
ジャズを通して生まれる友情と恋模様、素敵な青春映画で面白かったです。長崎・佐世保の綺麗なロケーションも楽しめました。

1番良かったのが、バンカラ不良少年を演じた中川大志さんとヒロインの小松菜奈さん。中川さんは荒っぽいけど情に厚く繊細な男子高校生を好演しており、単なるイケメンスターではない良い役者なんだと実感しました。小松菜奈さんも透明感ある美しさと可愛らしい佐世保弁が魅力的でした。
有菜

有菜の感想・評価

4.2
めちゃくちゃは覚えてないけど小松菜奈と音楽ってだけでもうさいこうだったのは覚えてる。
>|