坂道のアポロンの作品情報・感想・評価・動画配信

坂道のアポロン2017年製作の映画)

上映日:2018年03月10日

製作国:

上映時間:120分

ジャンル:

3.6

あらすじ

「坂道のアポロン」に投稿された感想・評価

小松菜奈さんの映画が観たくてチョイス。話はベタな感じだけど、途中の演奏シーンとかはライブ感あって良かった。佐世保の風景もいいね。
こまり

こまりの感想・評価

4.5
セッションするシーンがすごい好き。昭和の感じと、長崎の雰囲気、青春が混じり合ってなんとも言えない世界観。
知念さんの違和感は作品通してずっととゆう、自分のなかである意味記録的な。
それを差し引いても、学園祭の演奏シーンは圧巻、圧巻。そこだけ見るのでも充分価値があるパフォーマンスでした。何回見たかわかりません。
音楽映画って好きだなー。
あ、ディーン先輩マジでカッコよかったです。
千夏

千夏の感想・評価

5.0
理由を聞かれると困ってしまうが、この作品が無性に好きで、実際に何回も観ている。「いまいましい坂だ」と言って坂を登る知念くん、エンドロールで流れる「あの坂道を登るそのたびに僕らはみんな大人になっていった」「夢見ることも信じることも、すべてのことが君たちだった」という小田さんの優しい声を、自分の高校時代と重ねてるだけかもしれない。でも、この「なぜか好き」を私は大事にしていきたいと思う。理由はわからない。だけど、私は、この作品が好き。
断然アニメの方が良いけど、小松菜奈ちゃんが可愛かったからそれだけでも満足。

漫画から来たよ
展開がなんかんんんってなるところが多くてつまらなく感じてしまった
ドラムの音で早足になるあの頭に鳴り響く感じと演奏シーン好き!
サウンドオブミュージックが好きなのでね曲よきね
Shun

Shunの感想・評価

2.5
イケメンをこれでもか!っていうカメラワークがちょっと…そして予定調和な展開。
原作は知らんけど。
LEGION

LEGIONの感想・評価

2.0
ジャズ音楽を通して関わっていく高校生たちの青春物語。ストーリー全体として見たら面白いと思えるが、場面と場面を繋ぐコマがないと感じるシーンが多々あったので面白く感じられなかった。場面と場面を繋ぐコマがないから登場人物の感情も急変してるように見え、感情移入がしにくい。映像として映ってないことを思い出として語るセリフには「なんで?」という疑問を抱かせられるからストーリーにも集中しにくい。話が繋がらず「展開」という言葉を知らないようなストーリー構成は「高校生 3人組の群像劇」というテーマでそれぞれ作られた短編をくっ付けた作品のように思える。題名が「坂道のアポロン」であるというのを無視したかのようにジャズの音楽を奏でたり、セッションする場面が極端に少ない。自分で記憶した限り、主人公含め2人以上で演奏した場面は3箇所だけ。その数少ない演奏は下手でも特別上手いわけでもない。約2時間という尺の中でその程度の演奏を出し惜しみされても、いざ聞いた時に心地よくなるはずのジャズ音楽が深いの音色が混じったように見えてしまい、感動しづらい。
主人公の性格は羞恥心があり大人しいということなど各登場人物の性格は細かに描かれてわかりやすかった。しかし主人公が川渕と毎回話す時に上から目線で会話するのは理解し難い。主人公の恋したヒロインが川渕のことを好きで対抗心を燃やしたからか。音楽において川渕に負けたくなかったからか。どちらにせよ感情を移した行動が人間らしくなく、主人公の印象があまり良くはなかった。
ゆ

ゆの感想・評価

4.0
jazz好きにとっては、なんだかjazzをもっと身近に思ってもらえそうな素敵なほっこり映画でした
日本にjazz映画ってそもそもあったっけ??
青春の甘酸っぱい感じも存分に味わえる
中川大志の演技力見くびっていたなぁと感じた
正統派王子系が多いイメージだけど、違和感なくこういう役もできるのとても良い
kuuu

kuuuの感想・評価

3.7
まず方言に違和感。みてるうちに慣れたけど。ジャズの音楽と長崎の景色がきれい。
>|