坂道のアポロンの作品情報・感想・評価

坂道のアポロン2017年製作の映画)

上映日:2018年03月10日

製作国:

上映時間:120分

ジャンル:

3.7

あらすじ

医師として病院に勤める西見 薫。忙しい毎日を送る薫のデスクには1枚の写真が飾られていた。笑顔で写る三人の高校生。10年前の夏、二度と戻らない、“特別なあの頃”の写真……。あの夏、転校先の高校で、薫は誰もが恐れる不良、川渕 千太郎と、運命的な出会いを果たす。二人は音楽で繋がれ、荒っぽい千太郎に、不思議と薫は惹かれていく。ピアノとドラムでセッションし、千太郎の幼なじみの迎 律子と三人で過ごす日々。や…

医師として病院に勤める西見 薫。忙しい毎日を送る薫のデスクには1枚の写真が飾られていた。笑顔で写る三人の高校生。10年前の夏、二度と戻らない、“特別なあの頃”の写真……。あの夏、転校先の高校で、薫は誰もが恐れる不良、川渕 千太郎と、運命的な出会いを果たす。二人は音楽で繋がれ、荒っぽい千太郎に、不思議と薫は惹かれていく。ピアノとドラムでセッションし、千太郎の幼なじみの迎 律子と三人で過ごす日々。やがて薫は律子に恋心を抱くが、律子の想い人は千太郎だと知ってしまう。切ない三角関係ながら、二人で奏でる音楽はいつも最高だった。しかしそんな幸せな青春は長くは続かず――。

「坂道のアポロン」に投稿された感想・評価

rolf

rolfの感想・評価

3.0
2018.9.20

DVD

思ったよりも演奏シーンが良かった、
正直小松菜奈目当てでみたけれど中川大志とディーンフジオカいいなぁ
ひろ

ひろの感想・評価

2.0
タイプの違う二人の友情映画
知念くんが小松菜奈より小さいのが気になった
知念くんのキャラで見せ場のセッションも微妙な感じに見えてしまった。
BBull

BBullの感想・評価

4.0
役者陣による生演奏シーンが見ものでした。
まるで、友達と和解した時の安堵感や嬉しさを感じられる暖かい作品です。

無難な脚本と細かな演出面で賛否が分かれる作品だとは思います。
また知念くんの演技も褒められるものではなく、作品のノイズになっていたかも知れません。

しかし個人的にはこの映画の雰囲気を嫌いにはなれませんでした。
1966年の街並み、美しい風景、家族や友人との悩み、そして音楽、これらがバランス良く楽しめ、アイドル映画としては満点の出来です。
10年後パートの知念は全部コスプレにしか見えなかったけど、メインである学生パートのシーンでの演技は個人的にはけっこう良かったです。品はあるんだけどなんか女の子にはモテないんだろうなーっていう感じを絶妙に出してたと思います。

そしてこの映画での中川大志の存在感は素晴らしかったです!少し無理のある役ではあったけど彼が絡んでるシーンはだいたい良かったです!ドラムを叩いてる姿も様になってました!!

でも、残念なのは小松菜奈ちゃんが今作ではあんまり必要性を感じなかったことです。とても魅力的な女優さんだとは思いますが、今作のような清純な女性よりミステリアスで魔性な女性の役の方が個人的には合ってるように思いました。まぁ、それでも可愛いことには変わりはないのですが。

そして思ったより良かったディーン。笑

そしてただただ可愛い真野恵里菜。最高。

原作やアニメは全くの未見で、あんまり期待してなかったからか、思いのほか見終わった後はさわやかな気持ちに包まれそれなりに結構楽しめました。

小田和正の曲で締めくくるノスタルジックなエンディングもなかなか良かったです!

やっぱり青春映画は良いですなー。
ほしこ

ほしこの感想・評価

3.7
すごく素敵な映画だった
個人的に音楽が入った映画がすきなのですごく楽しかった
いきなりセッションするタイプは
ほとんど好み

あと、中川大志かっこいい
やっほ

やっほの感想・評価

4.0
10年の歳月が一気に過ぎたように“あの頃”もあまりに早く“時”が過ぎた。致し方ないとはいえ…連鎖的な運命こそが一層思い遣りを強め確かな友情を育んでいたのに…。“居場所”が無かった者たちが自ら離れていく…残された者の思いはどう消化したのだろう…。変わらぬ友情か…‬
‪“お気に入り”の“いつか”があるなんて考えられたのだろうか…‬
Haru

Haruの感想・評価

3.8
アニメ版を見ていましたが実写版も気になってました。
悪くない。

友情と恋。
JAZZも良い。

人生こうありたい。
naka

nakaの感想・評価

4.3
3D彼女で中条あやみに感動→中条あやみ作品の覆面系ノイズを見る→かわいいモデル女優さん+音楽繋がりでこれを借りてきて見ました(笑)
原作見てませんが
知念くんが最高でした!
もちろん小松菜奈も!
体育館でピアノを引いてる知念くんの顔は忘れられません。
のだめを思い出しました。
ジャズをダメにしてるクソ映画。知念侑李のグロテスクな図体。臭すぎるセリフ。なにもかも吐き気。
原作とアニメとジャズ大好きマンが映画を見た

個人的にはちょっと知念くんはちがったかなーこういうのもありけど
中川大志さんはぴったりすぎてびびるじょうずほんとよかった
他はまあまあ原作に忠実で、音楽も良くて楽しめました

ただ、最初の病院のピアノのシーン、あれは、ない
Mournin’じゃなくてもーにん、って感じ、、
ちょっとはスウィングして〜

飛行機で英語字幕で見てたら、ばってん、が、butで、ちょっと面白かった
>|