ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書の作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書2017年製作の映画)

The Post

上映日:2018年03月30日

製作国:

上映時間:116分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」に投稿された感想・評価

minmin

minminの感想・評価

4.2
政治や歴史に詳しくないけど惹きこまれる。
あらためてメリル・ストリープとトム・ハンクスの演技が素晴らしいことを思い知らされた。
笑顔を見せながら張り詰めた空気を出す2人の演技、強烈。
当時の新聞社、タイプライターや記事を印刷に回す機械、そして新聞が刷りあがる過程、アトラクションのようで見ていてワクワクする。圧倒される。
髪型や服装、上流階級とヒッピー、様々な部分から時代を感じるし、それがお洒落。
今は指一本でなんでもできる時代、命をかけて守りたいものは誰にも取られないようにしっかり抱えて走り抜く大切さを教えてくれる。
aya8

aya8の感想・評価

-
歴史の背景を知っていればもっともっと入り込める作品なのに(。-_-。)自分の無知さ加減に残念です(。-_-。)
内容はすごく良かったです‼︎
「報道の自由を勝ち取るのは誰か」

ついこの間エンタメに振り切った傑作「レディ・プレイヤー1」を撮ったスピルバーグ監督が、今回はある意味真逆の硬派な作品をぶち込んでくるのは恐れ入る。

実話ベースのドラマだが、新聞社が弾圧に負けることなく世の闇を世間に晒すという展開は、「スポットライト」に近い。あちらはカトリック教会だったが、こっちの敵は政府とあの悪名高きニクソン大統領。掲載されるまでのワシントン・ポストの面々の葛藤、地味になりそうな題材をベテランスピルバーグの職人芸によって緊張感があり、のめり込めるデキになっているのは流石。

この作品自体、今の世だからこそ作ったんだろうなあ。スピルバーグ本人が「今、撮るべき作品」として、トランプ就任45日後に製作を発表し、先に予定していた作品を前倒しして撮影を敢行したというエピソードがあり、この映画と今のトランプ政権に重なるトコがあったからこそのコトだろうと思う。

難点は全体像を掴むまで時間がかかるというコト。似たような風貌した人達も多いし、ベトナム戦争関連に対する知識が無いと前半とかついて行くのに必死になる。会話劇が中心なので派手さを求める人にも不向き。自分はこういう闇に立ち向かう展開や会話劇が好みなので楽しめたが、それでも序盤はちょっとついて行けなかったよ。

あと、ワシントン・ポストにフィーチャーした映画だから仕方ないんだが、一番の功労者は実際にペンタゴンペーパーズを地道にコピーしていった冒頭のエルズバーグとかいうアナリストであり、そこの活躍が本当に最小限しか無かったのも残念。

とかまあ色々言いましたが、「スポットライト」が面白かったならこれも文句なしに楽しめるかと。オススメ。

—————ここからネタバレ—————




















ラストがワケ分かんなかったけど、あれかの有名な「ウォーター・ゲート事件」だって。その事件もワシントン・ポストがスクープしたので入れたのか。なんか急に不穏な感じになったので誰か死んだのかと思ったよ。
ぼぶ

ぼぶの感想・評価

3.8
少し知識をつけておくと、更に面白い。
シークレットマンも要チェック!
えいじ

えいじの感想・評価

3.8
ストーリーとして斬新なことはなにもない
ただスピルバーグが今のアメリカおよび世界を憂いて使命感に駆られ製作した映画だけあってあまりにタイムリー内容にさすがスピルバーグと思わせる一作だ
短期間に製作されたにも関わらず重厚な作りはトムハンクス、メリル・ストリープの演技力の賜物といえる
日本では1ヶ月遅れで公開されたレディープレイヤー1との振れ幅の違いがまたスピルバーグの魅力のひとつ
これからも目が離せない
nobu

nobuの感想・評価

4.0
実話!
ワシントンポスト
ニューヨークタイムス
ニクソン
ケネディ
ホンモノの名前が続々!
スピルバーグって何でも作っちゃう。
印刷機がアクション代わりになってる^_^
アメリカの自由主義への思いはハンパ無い!
NAO

NAOの感想・評価

3.8
2018.10.14 on dvd
-----------------------------------
ニクソン勉強しなきゃ
-----------------------------------
最後に向けての盛り上がりや、最後の爽快感はやや弱いものの、スピルバーグ&メリル&トムが作る重厚な作品の雰囲気はさすが、終始いい緊張感をもって楽しめた。ウォータゲート事件扱った作品あるかなぁ、ニクソン深掘りしなきゃだなこれ。

こっちはショーレース作品とはいえ、ジョンウィリアムズ先生には『レディプレイヤー1』の音楽も担当して欲しかった。。
Yumi

Yumiの感想・評価

3.7
報道VS政府の話。難しかったけど観てよかった。報道は国民に仕えるという言葉が印象的。会社を背負う立場のメリル・ストリープの決断は格好良かった。報道の立場や女性の社会的立場も含まれていて、こういう面白さがわかってきたことも嬉しい。
MOE

MOEの感想・評価

3.5
登場人物多いし
なかなか背景を知らないと
難しい😂😂
ほんのりとしか理解できなかったし最後の終わり方も???で調べて知るという…
もっとアメリカの当時の歴史背景を知ってれば楽しめたかな🇺🇸
雪

雪の感想・評価

3.8
少し難しいです(´◉ω◉` )
んーと、なになに?って考える暇もないくらいどんどん進んでいくから頭使う( ̄▽ ̄;)

この歳になって歴史に色々興味が湧いてきた☆
『ザ・シークレットマン』を先に観ちゃってたから「ああ!!これでウォーターゲートに続くのねー」ってなった💦

逆で観たかったわぁ╭( ๐_๐)╮
>|