ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書の作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書2017年製作の映画)

The Post

上映日:2018年03月30日

製作国:

上映時間:116分

ジャンル:

3.8

あらすじ

ベトナム戦争が泥沼化し、アメリカ国民の間に疑問や反戦の気運が高まっていた1971年。国防省がベトナム戦争に関する経過や客観的な分析を記録し、トップシークレットとなっていた文書、通称“ペンタゴン・ペーパーズ”の存在をNYタイムズがスクープ。アメリカ初の女性新聞発行人として足固めをしようとしていたキャサリン・グラハム、そしてその部下である編集主幹ベン・ブラッドリーをはじめとするワシントン・ポスト紙の…

ベトナム戦争が泥沼化し、アメリカ国民の間に疑問や反戦の気運が高まっていた1971年。国防省がベトナム戦争に関する経過や客観的な分析を記録し、トップシークレットとなっていた文書、通称“ペンタゴン・ペーパーズ”の存在をNYタイムズがスクープ。アメリカ初の女性新聞発行人として足固めをしようとしていたキャサリン・グラハム、そしてその部下である編集主幹ベン・ブラッドリーをはじめとするワシントン・ポスト紙の面々は、報道の自由を統制し記事を差し止めようとする政府と戦うため、ライバル紙であるNYタイムズと時に争いながら連携し、政府の圧力に屈することなく真実を世に出そうと決断する―。

「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」に投稿された感想・評価

Taka

Takaの感想・評価

4.0
当時の事件自体は知らない。そんなことがあったんだ、の感じ。新聞の報道機関の役割を考えさせられる。メリル・ストリープが良い演技。
『スポットライト-世紀のスクープ-』がめちゃくちゃ面白かったし、『ニュースの真相』も面白かったからスピルバーグだし、キャストもイーストウッドと組んでた人だし、行けるかなと。

所々は面白いんだけど、なんというかトムハンクスの無駄遣い。
メリルストリープは抑えるところ抑えてていい感じなんだけど、トムハンクスは基本机にふんぞり返ってるだけ。
ラストの裁判シーンなんてアメリカ人にはすごいハイライトシーンなんだけど、日本人にはどうもね…。

ユニバーサル映画を久々に劇場で見たのでOPに痺れた。
役員会でのケイ、裁判終わった後のケイに群がる女性達、ニクソンの肉声、ウォーターゲート事件のラストは凄く良かった。

ノンフィクションはイーストウッド(『エドガーフーバー』の話出てきて逆にイーストウッドの話のまとめ方に感動した。スピルバーグも意識したはず)か
リドリースコットの方が映画的に上手いな。
「報道の自由vs.政府」というか「報道の自由vs.ニクソン」なのでは?と思ってしまうほど、ニクソンって大統領がマフィアのドンのように本当に悪い奴という印象を受けた笑

トム・ハンクスとメリル・ストリープの夢の共演+スピルバーグ監督という極上のタッグにより、ワシントンポスト紙のジャーナリストの奮闘が緊張感たっぷりに描かれていた。バックグラウンド知識が無い状態で見てしまったので、勉強し直して、もう一度見たい作品!
重厚なドラマ作りで2時間見せてくれる。思ったのは、やはりアメリカは意思決定のプロセスが論理的であること、理念を大事にする議論が通用すること、などだ。日本ではこうした過程はなし崩しになるのではないか。そして、理念を貫くためには、人と人との信頼関係や法律などの実際的な裏打ちが必要、といったところも大人の話、お映画という感じだった。
いわし

いわしの感想・評価

3.4
映像の世紀みといてよかった。
戦後の米国大統領はもちろんヒッピーやベトコンなどが当たり前のように出てくる。
裁判の様子はもう少し立体的に描いて欲しかったな。
輪転のシーンだけでも劇場で見る価値がある。
まぁまぁ。『スポットライト』を見たスピルバーグが俺にも出来るぜ的なノリで撮ったのかな?と邪推。
あとこれホントにカミンスキーのカメラなん?ってくらいイマイチな撮影。
トム・ハンクスのドスを効かせた声の演技も鼻につく。
Wednesday

Wednesdayの感想・評価

3.8
はい、いい話なのはとてもわかる、わかるんだけどね、わたしはこのタイプの映画はどっかで確実寝る

メリル・ストリープ、強い女性役ぴったり!!
途中ちょい寝たけどおもろかった。が、一番良かったのは印刷シーンってのがなんだかなあ。ヌルヌル動き回る撮影も正直イマイチ。良い子はウォーターゲート事件について調べてから観ましょう。
matsu

matsuの感想・評価

3.6
想像してたのと違ったけど、なんか国家機密とか想像もできない世界って案外地味なのかもしれない。
ymymym

ymymymの感想・評価

3.4
必要とされていなかった女性編集者がどんどん強くなっていき、必要とされる存在になるのは気持ちよかった。
でも、それにしてもちょっと感情移入が難しく、飛ぶな〜みたいな印象受けた。
>|