ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書のネタバレレビュー・内容・結末

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書2017年製作の映画)

The Post

上映日:2018年03月30日

製作国:

上映時間:116分

ジャンル:

3.8

あらすじ

ベトナム戦争が泥沼化し、アメリカ国民の間に疑問や反戦の気運が高まっていた1971年。国防省がベトナム戦争に関する経過や客観的な分析を記録し、トップシークレットとなっていた文書、通称“ペンタゴン・ペーパーズ”の存在をNYタイムズがスクープ。アメリカ初の女性新聞発行人として足固めをしようとしていたキャサリン・グラハム、そしてその部下である編集主幹ベン・ブラッドリーをはじめとするワシントン・ポスト紙の…

ベトナム戦争が泥沼化し、アメリカ国民の間に疑問や反戦の気運が高まっていた1971年。国防省がベトナム戦争に関する経過や客観的な分析を記録し、トップシークレットとなっていた文書、通称“ペンタゴン・ペーパーズ”の存在をNYタイムズがスクープ。アメリカ初の女性新聞発行人として足固めをしようとしていたキャサリン・グラハム、そしてその部下である編集主幹ベン・ブラッドリーをはじめとするワシントン・ポスト紙の面々は、報道の自由を統制し記事を差し止めようとする政府と戦うため、ライバル紙であるNYタイムズと時に争いながら連携し、政府の圧力に屈することなく真実を世に出そうと決断する―。

「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」に投稿されたネタバレ・内容・結末

「報道の自由を守るのは報道しかない」めちゃめちゃかっこよかったです。

メリル・ストリープ演じるグラハムさん
が報道することを決断するシーンは圧巻だった。歴史的に決断することを知っているとはいえ、彼女の板挟みの立場や苦悩をみると報道することだけが正解とは言えなくなり、どちらをどう決断するのかハラハラとした。
女性がこの決断をした、というのも歴史的に大きな出来事のひとつだと思う。当時の女性の立場の弱さも描かれているので、ジェンダー的にも関心がわいた。
the post(the pentagon papers)

国民に隠されたベトナム戦争の真実が記された機密書類をめぐる、新聞記者たちの行動や葛藤をめぐる話

予習ナシやとキツめなのは仕方ないにしても、情報を報道することでジャーナリズムの責任と正義を貫くのか/政府の妨害に屈して下手すると会社を倒産の憂き目にあう可能性もあるなかで苦悩するメリルストリープの演技がほんとによかった

歴史もの/再現ドラマの名手でもあるトムハンクスは今回も大統領や政府の圧力に負けず強力に仕事をリードしていく編集マンを演じてた、ふたりとも良い方向に"演じきっちゃってる"感たっぷりで、よりこの難しいテーマに入ってくことが出来てる感
話の途中に出てくる"ホワイトハウスで電話するニクソン"とか、"ウォーターゲートビルで盗聴器を仕掛ける"のとか、ほんまは現実ではありえへん神の視点で描くあたりは、自分の他のSF作品とかとバランスをとる感じがしたなあ

もういっこやってる"ready player one"のcmで"これは日本のための映画だ"ってスピルバーグが言うてるんやけども、こっちのほうがまさにソレな感あるなあ、と思いました。

それと生楽器しか使わんジョンウィリアムズの音楽も、最近の映画音楽とは際立っていて印象的。
主人公が最初から強い人間じゃなくて泥臭い人間なのがよかった。編集長のキャラもいい。
沢山の立場の人間の信念や思惑が絡み合って~みたいな感じだったけど、個人的にはこの内容と人物の数を扱うには尺が足りないような気もした。
それから「女性だから(?)なめられてて信用度が低い」序盤の描写と、最後の花道のシーンで女性たちが主人公を出迎える描写があったけど、実際のストーリー
、主人公の行動がそれに見あっていたかというと微妙な気がした。
自分用








最初の淡々とした嵐の前の静けさってあたりが、眠くなって危なかった…なんかギスギスして誰にも必要とされてない感を表現しながらノンフィクション感も出し、騒動の流れも盛り込んでたから仕方ない、学の無い私は危なかった…

後半記事にできるネタを掴んでから、その落ち着いた感じは無くさず静かな戦いに発展して行ったから主人公の冷静な判断力と惑わされない芯の強さが描かれていたし面白かった。
最初ネタを持ち込んだ女の子が持って来たの絶対爆弾だよ…!ビル一回吹き飛んだの⁇とか思ってごめん…。アクションの見過ぎだね。正義のために彼女も危険を犯したってシーンだね、すまんあらぬ疑いを…

主人公の人が実際に行ったんだから、本当すごい人だなぁと。正直あんなみんなに塩対応10年され続けてたら自分の意見言えないというか、腹心の意見取り入れたくなるというか…、その辺ギリギリきちんと人として扱っていた何人かの人たちの優しさがあったんだろうな…もともとかなり有能だったのもあるんだろうけど
国家権力からの圧力にも、さすがあんな分厚い資料きちんと読み込むだけあって法律戦でも揺るがないし…すごい。
○スピルバーグらしい社会派エンターテイメント。

○ケイが究極の選択を迫られる場面は感動的。何かに立ち向かおうと立ち上がる姿は観ていて気持ち良い。

○この時代に作られた意義は大きい。
本当に終始ドキドキし、目が離せずおもしろかった。終わり方も好き。
タイムリーでdeep throatの映画、ザ シークレットマンを観ていたので、ラストシーンもしっくりきた。
権力と戦うのってやっぱり面白い!
インターネットを活用して生き残ってくれ、新聞業界!not govener for governed !!

それはわたしの仕事じゃないと言いつづけていたのに、途中で自我に目覚めるキャサリングラハムのシーンが印象的。女性なら共感せずにはいられないんじゃないかな。
3/4までものすごく面白かったのに、最後登場人物の演説が始まってしらけた。
予想以上に痺れる、面白い映画だった。
新聞制作の現場も面白い。
メリル・ストリープ素敵かーーー!

機密文書に関する報道を出すか出さないか、何のために新聞があるのか、報道は誰のために存在するのか、報道の自由とは、などなど、非常に根本的かつ本質的な問いを投げてくる映画だった。

痺れる。もう1回みたい。
さすが圧巻の演技。自信の無い人が、決断とともに自信をつけていく様子が、よかった。それにしてもニクソンさんって、ものすごく嫌われていたんやね。ウォーターゲート事件も、調べてみるいい機会になり、勉強になった。
>|