ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書のネタバレレビュー・内容・結末

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書2017年製作の映画)

The Post

上映日:2018年03月30日

製作国:

上映時間:116分

ジャンル:

3.8

あらすじ

ベトナム戦争が泥沼化し、アメリカ国民の間に疑問や反戦の気運が高まっていた1971年。国防省がベトナム戦争に関する経過や客観的な分析を記録し、トップシークレットとなっていた文書、通称“ペンタゴン・ペーパーズ”の存在をNYタイムズがスクープ。アメリカ初の女性新聞発行人として足固めをしようとしていたキャサリン・グラハム、そしてその部下である編集主幹ベン・ブラッドリーをはじめとするワシントン・ポスト紙の…

ベトナム戦争が泥沼化し、アメリカ国民の間に疑問や反戦の気運が高まっていた1971年。国防省がベトナム戦争に関する経過や客観的な分析を記録し、トップシークレットとなっていた文書、通称“ペンタゴン・ペーパーズ”の存在をNYタイムズがスクープ。アメリカ初の女性新聞発行人として足固めをしようとしていたキャサリン・グラハム、そしてその部下である編集主幹ベン・ブラッドリーをはじめとするワシントン・ポスト紙の面々は、報道の自由を統制し記事を差し止めようとする政府と戦うため、ライバル紙であるNYタイムズと時に争いながら連携し、政府の圧力に屈することなく真実を世に出そうと決断する―。

「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」に投稿されたネタバレ・内容・結末

2作連続で見た。最初の方はちょっと難しく、睡魔に勝てなかった。それはほんとに残念
途中から映画の方向性を探しながら見てたけどわかった途端すごい入り込んでしまった
報道の自由っていうのは国に従うのではなく国民に仕える
国民に情報を与えるためにはいくつもの障壁があるってことを知った。
報道VS権力の組み合わせはやっぱりワクワクする

中盤から終盤にかけての、葛藤とか決断のシーンは最高に面白かった

地位を守るか、誇りを取るか。
周りに反対されながらも最終的に勇気のある決断をしたグラハム格好良かった

トムハンクスもやっぱり格好いい

最後の印刷所のシーンは鳥肌もの

早稲田松竹初だったけど1000円ちょっとで面白い映画2本観れたし、大満足
待ち受ける人々に話をしに行く立場のケイが、自ら行動して友人に助言を求めに行った時点で彼女の腹は決まっていて、
そこから彼女を捉えるカメラの動きがベン達を中心とした現場側のパートのように活発になっていくのが印象的。
人も輪転機も動き出したら止まらない。
人の動きがスリリングで、止まってスピーチや談義をするケイの描写が丁度良いタイミングで挿し込まれることで
生まれる緩急。アクション映画を観た時のような快感を味わう。
戦場の片隅から誰かの意志によって現象は紙に打ち込まれ、印刷され、拡がっていく強さを根底に感じる。
ベン・ブラッドリーは自身の信念に沿って強引な手段にも打って出る姿が、
どちらかというとハードボイルドな私立探偵を思わせる。ケイの自宅で寝間着姿の彼女と会話をする場面は、
『さらば愛しき女よ』を思い出す。ラストにはウォーターゲート事件に挑む記者を描いた映画
『大統領の陰謀』に繋がるような描写が意識的に入り込み、続けて見たくなる気持ちが高まる。
報道の自由が国民を、健全な民主主義を助けるということ。彼女らは本当にそう信じている、それだけで胸がいっぱいになる。不正義の横行する世の中で正義をまっすぐ主張することは本当に難しいから。ひねくれたり諦めたり、そっちの方がよっぽど楽だから。けれど、彼女は選択を過たなかった。悩みに悩むケイの姿があまりにリアルで見ていて苦しかった。結果の予測がつかないなかで、守りたいものもあって、それでも。「レッツ、レッツレッツゴー、レッツパブリッシュ、」詰まりながらもこぼれた決断と指示。
記者の奥さんが「ケイはあなた以上に失うものがある」と指摘したけれど、それを言ってくれる人がいてほっとした。トップに立つ人間と現場の人間は全然見えるものも背負うものも違う。ケイは何度も「ポスト紙と社員たち」みたいなことを口にしていた、経験知識の有無にかかわらず、彼女のマインドは初めからきちんと経営者だったと思う。社と新聞と社員を守ることを一番に考える点において。(国民のことを無視する国のトップよりよっぽど)
見ていて、あまりにひどい不正にクラクラした。「私の兄はまだベトナムにいます」と言った職員の怒りが全てだ。
期待を上回って面白かった。

タイムスとポスト以外の新聞も揃って記事を掲載したことがわかったシーンは、飛行機の中小さなスクリーンでさえ鳥肌が立った。

メリルたトムは流石、貫禄の演技👏
<鑑賞直後当時のなぐり書きメモ転記>

・鑑賞後、というか鑑賞中もだけど、さすがスピルバーグさすがスピルバーグってずっと思ってた。なんて無駄がないのだろう…。製作裏話もレビューやネット記事でいろんな人が報じたり語ったりしてて、一定以上の映画ファンならそれを常識みたいに知ってるし、もうなんかすごいなほんと。話題性、作家性、エンタメ性、メッセージ性、情熱、全部ある!

・もう何度も言ってるけど、自国の負の歴史を、一線どころかレジェンドの映画監督が映画にして、それが大々的に公開されるって、日本人の私、本当に羨ましく思う。しかも、昔話を語っているようで、一応遠まわしに(わかる人にはめちゃくちゃ直接的だけど笑)、今の自国の最高権力者を批判してるんだから、そんなのもうかっこよすぎるよね…。

・トランプや今の世の中の風潮へのカウンター映画、本当に多いんだけど、その大半が1960年〜1970年台前半を描いてる。監督の皆様は口を揃えて「今はあの時と同じ」という。問題がその時と比べて少しも良くなってないというわけじゃないだろうけど、やっぱり完全に解決はしていないし、今の風潮が昔へ逆行し始めているのを危惧してるんだろうなぁ。そういう映画たちを観て、監督の想いをしっかり受け止めなくちゃなぁと思うわけです。
【『大統領の陰謀』と『シークレットマン』と『ペンタゴンペーパーズ』と『フロストニクソン』はひと続きの連続ドラマである。これらの4つの映画群は全てがお互いを補い合って連携している。たとえば、『ペンタゴンペーパーズ』には『大統領の陰謀』とまったく同じシーンがある。他にも、『ペンタゴンペーパーズ』のキャサリン・グラハム(メリル・ストリープ)はワシントンポストの女社長(夫は自殺してる)なんだが、上流階級出身なので、ロバート・マクナマル長官と友達だったりして、苦悩する。だから、私なりに情報を整理してみる。】

⑴そもそも、ペンタゴンペーパーズとは1971年にニューヨークタイムズによって一般にリークされた、【ペンタゴン(=国防総省)がランド研究所というシンクタンクにベトナム戦争のシミュレーションをさせた研究結果】で、アメリカはこのままだと、ベトナム戦争に勝てないってことが書いてあった。それなのに1964年からジョンソン大統領とロバート・マクマナラ長官はベトナムから攻撃された事件をでっち上げてベトナムを攻めた。1965年の段階でマクナマラ長官は勝てないと知っていたのに、58万人のアメリカ人と100万人のベトナム人が死んだ。それで、シンクタンクの研究員のダニエル・エルスバーグが報告書類を盗み出した。『ペンタゴンペーパーズ』では、最初ボブ・コウマーという名前で出てきた男が、"ダン"と呼ばれている。

⑵結局、『大統領の陰謀』に出てくる、FBI内部の情報提供者のディープスロートは誰だったのか。2005年に分かったのだが、FBIの副長官のマーク・フェルトであった。FBIは当時、大統領からも独立した権力だった。1972年にエドガー・フーヴァー長官が亡くなるまでは、政治家やキング牧師を盗聴して脅していた。マーク・フェルトは副長官から長官になれると思い込んで我慢していたら、ニクソン大統領が差し向けた新しい長官がやってくるというのである。それで、もう全部嫌になっちゃって情報を一般にリークし出した。これがディープスロートである。

⑶アメリカには主要な全国紙は4つしかない。①ワシントンポストと②ニューヨークタイムズと③ウォールストリートジャーナルと④USAトゥデイだ。そして、これらはたまに連携して闘うことがある。ペンタゴンペーパーズ事件(1971年)はウォーターゲート事件(1972年)の前で、ベトナム戦争に関する機密書類をニューヨークタイムズがすっぱ抜いたもので、ニクソンがスパイ防止法を武器に逆に訴えたものだった。というわけで、ニューヨークタイムズが大統領命令で新聞を出版できないときに、ワシントンポストはそれを引き継いで報道機関の連携プレイをやってのけた。この経緯が、映画『ペンタゴンペーパーズ』に描いたものだ。

⑷ところで、ニクソン大統領といえば、名作『ナイスガイズ』という映画に出てくる、2つのパースペクティブについてのジョークの中で、主人公ヒーリーにネタにされ、オランドがプールに落ちたら、プールの水の中でニクソンに出会うのでおなじみのお笑い芸人である。アメリカの大統領もやっていたことがあるらしい。1974年にやっと辞任に追い込まれる。で、こいつは最終的に『フロスト・ニクソン』に出演して司会者に追い詰められることになる。

⑸1970年代当時にワシントンポストはワシントンのローカル紙程度の大きさだった。しかも経営危機だった。新聞社としての公共性と、会社としての商業性とのどちらを優先すべきかで揺れるのが女社長キャサリンだ。『大統領の陰謀』は1976年の映画である。ウォーターゲート事件は1972年。ニクソンの辞任は1974年。この2人の記者が書いた本が原作で、その映画化権をロバート・レッドフォードが買い取ったのが『大統領の陰謀』である。ちなみに、"ウォーターゲート"とは6つのビルの複合施設で民主党の本部がある場所の名前である。このワシントンポストの記者がボブ・ウッドワード(ロバート・レットフォード)とカール・バーンスタイン(ダスティン・ホフマン)で、この二人が大統領の陰謀を暴いた。そのとき、ディープスロート(『シークレットマン』におけるリーアム・ニーソン)という情報提供者がいた。これがFBI副長官のマーク・フェルトである。当時人気絶頂のニクソン大統領の再選狙いの陰謀が彼には分かっていた。

⑹『大統領の陰謀』の中の良いシーンは、ちゃんと裏取りをするところだった。国会図書館で貸し出しカードの束をみんなで調べるシーンの上からの撮影である。このシーンの撮影はゴードン・ウィリス(ウディ・アレンのパートナーで『ゴットファーザー』の撮影した名撮影監督である。『大統領の陰謀』では、二焦点レンズを使ったレッドフォードの6分間の長回しに2つともピントがあっている。(しかもレッドフォードの方にズームして行って途中から、一焦点になっているのにその切れ目が見えない。))ゴードン・ウィリスは照明を極端に少なくするのに、ディテールが全部見える。これは彼の得意技である。ゴットファーザーでもそうだった。ディープスロート(ハル・ホルブルック『カプリコーン1』)の顔があんなに暗いのにかすかに見える。美術監督はジョージ・C・ジェンキンスで、この人の遠近法を用いたオフィス撮影も素晴らしい。

⑺ワシントンポストが全面協力した編集室のシーンはバーバンクのスタジオのセットである。原題の『オールザプレジデントメン』は、マザーグースの『ハンプティ・ダンプティ』という詩から来ている。『割れちゃったハンプティダンプティは、王様の全部の馬と王様の全部の家来が来ても元には戻らないよ』という詩から来ている。取り返しがつかないよって意味だろう。

⑻カールの役はもともとアル・パチーノだったらしい。この2人の記者は、支持してる政党が違う。ボブの支持政党は共和党である。ものすごく裏取りにうるさい上司のベン・ブラッドレイ(ジェイソン・ロバーズ)はスピルバーグの『ペンタゴンペーパーズ』にでてくるトム・ハンクスである。
面白かったが、期待ほどではなかった。いかにしてワシントンポストがすっぱ抜いたかというプロセスよりも、情報を手にしてからの組織内の葛藤がメインに描かれていた。最後の最高裁判決は盛り上がってはいたが、まあそうだよね、という感じ。
決断して、記事を発行しはじめるところからの流れが圧巻。
多少バックグラウンドを知っていた方が入りやすいかも
個人的な話から。

何ヶ月ぶりかに映画館で映画を鑑賞。
記憶している限りでは今年初めて。
観たい映画がなかったわけではない。
しかし腰が動かない。

ずるずると映画を観る習慣から遠ざかる(元からそうあったわけではないが)。

そして映画を観るための体力が衰える。

映画を観ようと思ったことは何度かあった。ただ映画をずっと集中し続けて観られるか不安が残る。

そうしてまた映画から遠ざかる。→体力が衰える。

このループから救ってくれたのは出町座とペンタゴンペーパーズ。

個人的に思い入れのある出町柳・枡形商店街に映画館ができることは知っていたし、できてからは何度か行くタイミングも図っていたわけである


次にペンタゴンペーパーズの話。

観るまで中身は全く知らなかった。でも絶対好きな話だと思っていた。笑

日曜13:30〜読売テレビ(関西ローカル)で主にやっている某テレビ番組で取り上げられていたりして、ただ巷で話題になっていることだけは知っていた。

毎週観ている番組で紹介されているということ。。
これだけで好きな映画だろうなと勝手に認識していたのであるが。。笑

本日観た感想としては。

保守とかリベラルとかそんな小難しい話は実際よくわからないしどっちの立場を取っているかってこともない。

そんな人でも楽しめるストーリーだと思うし面白いんじゃないか?と思う。(観ている人は実際にはどんな層が多いのだろうか?)

ストーリーを観に行ける映画。

ただ一つあるとすれば。。
少なくとも、駆け出しのジャーナリストの方(ジャーナリストを目指している人?)。この層には観てほしいと思う。

中身は。

最初は何を言っているのかわからなかった。もちろん予習して行ってないのが悪い。

ニューヨークタイムズ(だっけ?)のすごい記者が3ヶ月も記事が出してなくて、これを察知したワシントンポストの偉い人が「きっと大きなニュースを追ってるんだ!インターン!つかんでこい!」的な動きがあって(合ってるのかな?笑)。。

一方。。

寝落ちした貴婦人のベッドの上に資料の束がずらり。。どうやらワシントンポストは上場?したいみたいで。。そのため上品な貴婦人はあくせくと動き回るも、どこか彼女自身に自信がなく周りからも信頼もされておらず。。

(話が飛び飛びな気がする。笑)
(間は省略。。)

そうして。

ワシントンポストが掴んだ国家を揺るがす超超超特ダネ。新聞を刷ろうとするが問題も発生し発行に待ったもかかる。。その時ワシントンポストの社主は何を考えどう行動するのか。。

様々なしがらみと複雑な思いを抱えて苦悩するヒロイン、メリル・ストリープの姿は胸が苦しくなった。
>|