新聞記者の作品情報・感想・評価・動画配信

新聞記者2019年製作の映画)

上映日:2019年06月28日

製作国:

上映時間:113分

3.7

あらすじ

「新聞記者」に投稿された感想・評価

NAVY

NAVYの感想・評価

2.3

このレビューはネタバレを含みます

いやっムズっっっ٩( ᐛ )و

多分、あの事件(〇〇学園?)をモチーフにしてるんだろうなぁとは思いつつも・・・
しかし、難しいw

吉岡さん、お父さんも新聞記者で誤報を疑われて自殺に追い込まれてそれだけでも辛いのに(しかも本当は誤報じゃなかった)今回も結局杉原に裏切られて、お父さんと同じ運命を辿らないといいなぁ🧐

シム・ウンギョンの日本語がうますぎる
演技力も最高だし、尚更最後の表情が印象に残る映画でした

このレビューはネタバレを含みます

闇が深い。
一箇所腐ってるともうだめだよね。どう頑張っても、直そうと思っても難しい。あの上司だけじゃないもの。

新聞社のチーフみたいな人いいキャラしてた。
そして松坂桃李の最後、、、え、死んだ?って思っちゃったけどどうなんだろう。死んでなくても裏切りは確実だからすごく悲しい終わり。
国への反骨精神だなー。
偉い人って現実ほんとに何でもありだよなー
A

Aの感想・評価

3.6
一番恐ろしい”鵜呑み“
暮らしているのに、国のこと全然知らない。恐い
七星

七星の感想・評価

4.5
ニュースを鵜呑みにするのは違う。だけど、そしたら何を信じたらいいのかわからなくなる。
事実をしっている人、正義感の強い人が追い詰められ死を選択してしまう日本という国は、海外からみたらホワイトに見えてることもあるかもしれないし、平和ボケしてる人は何も感じないかもしれないけど、ドロッドロにブラックな国なのかもしれない。
いつも世の中は不公平、不平等で、どんだけ正しく正義感をもって行動しても権力が強い人には敵わない。いつもバカをみるのは真っ直ぐで芯のある人。だけど、ある時それが逆転することもある。この国に、政界に。もっと正義感あふれる、ピュアで芯のある人が増えたらきっと今より国が明るくなるだろうにと思った。

ずっと終始どこか空気が重たいような描写で、フィクションとは言えども、何か訴えかけるような作品に強い意思がある映画のように思えました。

新聞記者役のシム・ウンギョンさんのドアップで抜かれた静かに涙を流すシーン、鳥肌。

松坂桃李さんの憔悴しきった表情。
絶望に呑み込まれたような表情。頭に焼き付いて離れません。
Numa

Numaの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

やっとみれた、え、最後の終わりかたよ
松坂桃李は幅広いし、あいかわらずかっこいい
のん

のんの感想・評価

3.3
世に出てるものが真実とは限らないってわかってはいるけどなんかやっぱ信じちゃうのが人間、SNSで何も知らない一般人がワーワーいってるの、つぶやきならまだしもリプライっていうのがな〜と、匿名での誹謗中傷が増えてるからリアル

胸糞って言われる映画よりよっぽど胸糞映画
ラストの松坂桃李の死んだ顔がすんごい
評価が難しい。シーン(カット)が強い。追い詰められる松坂桃李さんの演技が上手い。ただ、何かが足りない。メッセージ性が強いあまり、伝えたいこと、ストーリーが分離してしまっているように思う。人間模様に重きをおいていたが、物語として単純だったので、もう少し重厚さが欲しかった。
mona

monaの感想・評価

2.6
日本の政治家って本当にこの映画の通り腐ってそう。終わり方が超気分悪くて、お口直しに違う映画観たくなったけど、そう思ってしまったのは松坂桃李の演技力がすごすぎたからかも 
Chiarums

Chiarumsの感想・評価

3.7
 日々目にする耳にする報道が実は真実ではないとしたら。
この作品を観たら、今まで当たり前のように見聞きしている情報が信じられなくなる位静かながらも確かな恐怖を感じた。

裏で暗躍する官僚たちや国のお偉いさん方、またそこに加勢せざるをえない記者たちの一方では真実を、現実を私たち国民に届けよう、暴いてやろうと自らの人生を犠牲にし日々奮闘する日本の記者や報道陣の方たちに敬意を表したいです。
この作品はフィクションだけど、これはもうほぼノンフィクションじゃないだろうかと思うほどリアリティが存在しています。

米国育ちの日韓ハーフ女性記者を演じたシム・ウンギョンさん、ギリギリまで追い詰められてしまう若き官僚を演じた松坂桃李さん。二人の差し迫った演技にも👏
>|