蜘蛛の巣を払う女の作品情報・感想・評価・動画配信

蜘蛛の巣を払う女2018年製作の映画)

The Girl in the Spider's Web

上映日:2019年01月11日

製作国:

上映時間:115分

ジャンル:

3.5

あらすじ

『蜘蛛の巣を払う女』に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

ストーリーが普通。恐らく原作が普通。ありきたりな展開にガッカリさせられる。

ただ、この物語をこれだけダイナミックに美しく描けるのは流石だと思った。アルバレス作品としては残念だが、アルバレスの作風と技量を感じさせられる作品であったと思う。
Anna

Annaの感想・評価

3.8
アマプラ見放題終了シリーズ

天才ハッカーすごいなって思った氏、女性で体力とか運動神経とかよすぎてカッコイイ。ハッカーが遠隔操作でエアバッグ作動させられるとか本当にできたら恐ろしい。
U

Uの感想・評価

3.9
巷でややこしいミレニアムシリーズ。
『ドラゴン、タトゥーの女』からキャストを一新したシリーズ最新作。
ダニエル・クレイグ演じるミカエルが主役だった『ドラゴン・タトゥーの女』から、真の主人公リスベットを主役においた今作。
天才ハッカーの活躍を可視化し、映画的にスピード感と迫力を持った形で完成されており面白かった。
物語が二転三転する上、意外とアクションシーンが多いので、退屈しない。
ただ、リスベットとカミラの人間ドラマが非常に薄く感じられ、カミラというキャラクターを活かしきれていない気がしました。
スピカ

スピカの感想・評価

3.0
天才ハッカーってすごいな。
運転中に遠隔操作でエアバッグが飛び出てくるとか防ぎようがない〜。
空港からの脱出と屋敷の狙撃シーンはむっちゃドキドキした!
アル

アルの感想・評価

3.4
氷点下の夜、暗く寒い世界の映像を。
シリーズとか続編として観ると正直ちょっと違うかなぁと感じてしまうけど、個人的にリスベットのキャラクターは好きで共感する部分もあるので、ひとつの映画としては嫌いじゃない作品。
天才ハッカーの頭脳戦かと思わせつつ、アクションもハッキングもお見事。

"ドラゴンタトゥーの女"を先に観ているか否か、先入観の有無でだいぶ見方が変わるだろうなと思うのだけど、この作品自体は前作を観ている前提で作られていると感じた。
監督もキャストも総入れ替えでの続編というのは評価も割れるし難しいんだろうな。

リスベットの孤独感だとか愛情を求めている感じはうまく表現されていると思った。
強いけど優しさや情も持ち合わせていて、そこが弱さに繋がっていて人間的な魅力がある。彼女の危うさにヒヤヒヤする。
バイク姿がかっこいい。
思い切ったショートヘアと後半くるくるしてくる前髪がかわいい。
途中、ジャック・バウアー感あり。
最後、火サス感あり。崖。

ああいう危険なプログラムにはバルス的パスコードを仕込んだりしないのかなという疑問。

天才少年もどうせ盗むならランボルギーニ?が良いよね。わかる、わかる。
ちゃんと察してあげてあの車で雪道運転できるリスベットがやっぱりかっこいい。

映像から伝わる温度は全体的に暗く重たく冷え切っていて、どこまでも孤独な主人公。
メンタルやられていて引っ張られそうなときには観ないほうが良いなと感じた作品。
かもめ

かもめの感想・評価

3.5
前作よりアクションシーンが多くて見応えある。男相手でも太刀打ちできるリスベットかっこいいし、機転の良さには惚れ惚れする。色々なシステムをハッキングするシーンが何よりも好み。
アマプラで鑑賞。

ドラゴンタトゥーの女の続きでしょうか?
キャストが違っていますが、キャラは同じなので大丈夫かなと思い鑑賞。

とにかく展開が早くて、あっという間にラストまで行きます。
途中ご都合主義な展開もありますが、アクションも派手で楽しかったです。

リスベッドのキャラが好き。
性被害者で女性の味方。
カッコいい。
黄飛鴻

黄飛鴻の感想・評価

3.0
"チェックメイト"

終始敵に裏を掛かれまくってやられっぱなし…

敵組織の規模がよう分からんけど、ちょっとショボい感が否めない(笑)

空港の脱走劇は良かった。

やっぱり一作目と同じキャストで見たかった。
87

87の感想・評価

3.5
生身のスーパーヒーローみがあって良かった。飽きない中ダルまないよきスピード感。
ヤトリ

ヤトリの感想・評価

3.8
背中にドラゴンのタトゥーの入った天才ハッカーの主人公リズペットにとある依頼が持ち込まれる。その依頼はバンデル博士が開発した核攻撃プログラムをアメリカ国家安全保障局から取り戻して欲しいとの事だった。無事ハッキングをしプログラムを盗むことに成功したが、その日の夜プログラムの入ったパソコンを謎の男たちに盗まれてしまう。はたして主人公はプログラムを取り返せるのか…世界はどうなってしまうのか…という映画

博士の作ったソフトウェア危なすぎて、いくら天才で作れたとしても作ってはならないものがあるよなと思いました。演出や小道具にはかなり力が入っていて特に鼻の無い男の特殊メイクは凄過ぎて凝視してしまいました。
凍った湖をバイクで走り抜ける場面や、ハッキングを上手く使って警察や敵から逃げる場面は鮮やかでとても良かったです。
>|

あなたにおすすめの記事