特捜部Q Pからのメッセージの作品情報・感想・評価・動画配信

特捜部Q Pからのメッセージ2016年製作の映画)

Flaskepost fra P

上映日:2017年01月28日

製作国:

上映時間:112分

ジャンル:

3.6

あらすじ

「特捜部Q Pからのメッセージ」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

んー…
犯人がイリーアスを森で刺して車で逃走したけれど、リアウインドウも全割れしてるのに不審車として目撃されないで逃げ切れるものかしらと気になりました。瀕死のイリーアスのためにヘリを呼んだけど、逃走車発見の要請もすべきでは?
病院の駐車場のくだりも種明かしなかったけど犯人があまりにも優秀すぎ。
最後の船小屋ではなんで警察はアサド一人だけなん?
しかも犯人を水に沈めちゃって。殺しちゃったら事件の解明できないよ?
生け捕って欲しかった。
全体的に面白かっただけにいろいろ残念。

期待が大きかったので厳し目に見てしまいました(^_^;)
火曜サスペンス劇場的で、いつもの通りのお二人。
北欧の雰囲気とサスペンスやミステリーはよく合います。
今回は最初から犯人がわかってる系
とはいえちゃんと緊張感はあり
今回も手堅いつくり
主人公の苦悩もちらほら見え隠れしつつ
バディのキャラが救いだったり
特捜部シリーズ鑑賞第二回の本作品、前作「檻の中の女」に比べて、宗教的な要素を取り入れ、犯人がより狡猾になり、捜査陣が振り回される、よりシリアスな展開になり、ぐっと面白くなりました。後半はスリリングなことが多く目が離せなくなりました。
ysx

ysxの感想・評価

3.7
いいテンポ
つい見ちゃう。日本ともアメリカとも違う。
暗いテーマだけど、心地いい感じ
tych

tychの感想・評価

3.7
FLASKEPOST FRA P 2016年 112分。コペンハーゲン警察の特捜部Q(ニコライ・リー・コス、ファレス・ファレスら)に捜査依頼が来る。浜辺に流れついたボトルに「助けて」と書かれた「P」からのメッセージが入っていたのだ。7~8年前の物らしい。行方不明の人物の中から「P」のつく人物を捜すと、過去の数件の子供誘拐殺人事件そして現在進行形の姉弟誘拐事件との強い関連が浮かび上がる。そして伝道師ヨハネス(ポール・スヴェーレ・ハーゲン)を名乗る少年時代 母から虐待された男が一連の犯人であった。田舎町の美しい風景の中 やりきれない心 それを映した痛ましい事件 謎解きが展開 最後まで目が離せない。
Shoichi

Shoichiの感想・評価

3.5
期待度 ★★★☆☆
OP ★★★☆☆
設定 ★★★★☆
脚本 ★★★★☆
配役 ★★★★☆
演出 ★★★★☆
編集 ★★★★☆
映像 ★★★☆☆
音楽 ★★★☆☆
ED ★★★☆☆
私が見た映画史上もっともムカつく犯人像を描く。この様な残忍な人間性をよく描き、そして映像化したことかと賞賛する。自分勝手な人間の成れの果てというのはこういうものなのだろうかと思える犯人相手にいつもの二人が活躍する。
ものすごく泣きました。
Hal

Halの感想・評価

3.8
シリーズ恒例の雰囲気ヘビーなサスペンス。
北欧っぽさがすごいのでフィンランド映画かと思ってたらデンマークでしたか。
この全体的に抑圧された重さのある雰囲気は癖になる。
犯人が観客にわかっている状態で進むため、サスペンスと言うよりヒーローものの展開に感じる。
前作まではわからない状態だったような記憶が。
どちらにしろ楽しめると思うが、やはり謎解き感は薄れる。
ちぼ

ちぼの感想・評価

3.5
コンビ最高〜!
相変わらずスイスイ観れたな〜

最近二枚爪が気になるんだけど、何の栄養不足?
>|

あなたにおすすめの記事