地獄愛の作品情報・感想・評価

地獄愛2014年製作の映画)

Alleluia

上映日:2017年07月01日

製作国:

上映時間:93分

3.5

あらすじ

シングルマザーのグロリアは、出会い系サイトを通じてミシェルという男に出会う。ミシェルは寂しい女性を夢中にさせ、女性の性的欲求を満たすことで生計を立てる結婚詐欺師であった。グロリアはミシェルに出会った途端深い恋に落ち、ミシェルが結婚詐欺師だと知ってもその恋は冷めることはなく、娘を放棄するほどミシェルを付け回し、二度と自分から離れないように強要する。最初はそんなグロリアを恐れていたミシェルも、いつし…

シングルマザーのグロリアは、出会い系サイトを通じてミシェルという男に出会う。ミシェルは寂しい女性を夢中にさせ、女性の性的欲求を満たすことで生計を立てる結婚詐欺師であった。グロリアはミシェルに出会った途端深い恋に落ち、ミシェルが結婚詐欺師だと知ってもその恋は冷めることはなく、娘を放棄するほどミシェルを付け回し、二度と自分から離れないように強要する。最初はそんなグロリアを恐れていたミシェルも、いつしかその異常な愛を心地よく感じ、兄弟と偽り共に結婚詐欺をする道を選ぶ。 しかしそんな二人の歪んだ愛は、やがて未亡人を次々と殺す狂気へと変わっていく―。

「地獄愛」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

ハネムーン・キラーズのカップルをモデルにし、新たなシリアルキラーカップル(こっちはあくまでフィクション)を描いたのが地獄愛。

地獄愛を先に観て後からハネムーン・キラーズを観たんだが、これはプログラム逆の方が良かったんじゃないかな。
先にハネムーン・キラーズを観た方が絶対良かったかも。

ハネムーン・キラーズのマーサの嫉妬が可愛く見えるぐらい、地獄愛のグロリア嫉妬はおぞましい。
パンフレットを読むと「普通の女性だったグロリアが」的なことが書いてあったけど、そもそもグロリアは元々普通じゃなかったと思う。内に「尋常じゃないくらいの誰かに愛されたい願望」を秘めていたのだと私は思った。秘めてたからミシェルと初めて会ってSEXして「この人は私を愛してくれる!」と思い込み、すぐに娘を他人に預け(グロリアはシングルマザー)ミシェルに走ったのかなぁ、と。

一方のミシェルはクソの中のクソ男。
クソしか言いようがない。
ハネムーン・キラーズ同様、2人に出会ってしまって巻き込まれて殺された人たちはたまったもんじゃないだろう。

グロリアの場合は嫉妬を通り越し、「自分を愛してくれるミシェルを失いたくないから」という執着に走った結果狂ってしまったのだろう。
そんなグロリアの執着という呪縛から逃れられず最後に斧を振り下ろしたミシェルはやっぱりクソ男だ。

死体を前に突然歌い始めたかと思えば足を切断するシーンは大好きです。
ただモザイクかかってたから残念。
ハネムーン・キラーズの2人には歪んではいるけど確かに愛が存在したと思う。
が、地獄愛の2人には愛なんて存在しない。自分大好きの似た者同士だったのではないか、と。

最後にグロリアが泣きながら娘に電話をするシーンはグロリアに対して胸糞の悪さをおぼえた。ミシェルへの執着が消えた途端に娘に電話って、グロリアも大概なクソだ。

クソクソ書いてるけど嫌いじゃない、むしろ好きな映画。
ハネムーン・キラーズの後に観たせいか、グロリアの行動の異常さの強調がくどすぎるような印象。ドアの隙間から覗き見したり女を繰り返し殴り続けたり、ミシェルもそれを見てAy-ay-ayって困ってるし。ロラ・ドゥエニャスの演技がすごくて、女を殺しているときの喘ぎ声みたいな掠れた声が耳に残る。
BATCLUB

BATCLUBの感想・評価

3.2

ハネムーンキラーズと同じ事件を題材にしたお話。
はーーー不快度指数はめちゃめちゃ高いです…女のヒステリックさ、残酷なことをしているのにもかかわらずへらへらした顔が画面いっぱいに映り不気味に笑うカップルの気持ち悪さったら………
殺人シーンの描写は長いし音楽もないので生々しくて精神的にやられました…
観た後にハネムーンキラーズのマーサの可愛さに気付きました。
ハネムーンキラーズを描いた作品の4本目らしいです。原題は『ハレルヤ』

こちらの方が胸糞悪かった。
映画のラストで「そっちじゃないだろ!」って心の中で突っ込んでいた(笑)

歌い終わった後のノコギリとツイスターゲームのシーンはビビった…
地獄愛で検索すると、これとアバウトタイムがヒットするけど、真逆のベクトルの恋愛?映画。

糸鋸や遺体の処理、イカれたダンスにグロリアの嫉妬と執念と怖いもの多い。
でも一番怖いのは元夫の写真をズタズタにしている以外は平凡な母親が簡単に狂ったこと。

こんなに心のなかでそっちを選ぶな!って叫んだ映画は久々(笑)
ハネムーンキラーと比べて、こっちのミッシェルは懐が深いというよりは意思が弱いイメージ。
hitosi

hitosiの感想・評価

-
無慈悲!陰惨! 冬のシリアルキラーまつり
kiuche

kiucheの感想・評価

3.8
・冒頭のモザイク
・歌ってからの糸ノコ遺体切断シーン
・変態村顔負けのキチガイダンスシーン
・逝ってるツイスター
・この変態結婚詐欺師だれにも止められない
・この女だれにも止められない
・他の女とセックスしたらその女絶対殺す
・途中でも割り込んで殺す
池袋文芸坐シリアルキラーナイトにて。
共依存関係の男女はあなたの周りにいますか? 『ハネムーンキラーズ』よりとても人間臭い、(そしてヤバい)女になってます。
糸ノコのシーンはぶっつけ1テイクでとったらしい、映倫を呪う。ツイスターゲームのカットはすごいゾワゾワした、怖かった。ラストが気に入らなかった!
さや

さやの感想・評価

2.9
2017/7(日忘れ)
全然わからん
どーしてそうなる?!
伝え方下手すぎか!
最高のネタ扱ってるのに、調理方法間違えた絶対
リバイバルを「ハネムーン・キラーズ」とともに観賞。
「ハネムーン~」と同じ事件を題材にした映画ですが、こちらは2014年ということで近作であります。いきなり脇にそれるんですがこの二作のパンフの情報量の少なさってベルギー映画だからなのか?「ハネムーン~」とか、柳下毅一郎がどうにか文字数稼いでるが、それが逆に情報量の少なさを露骨に示しているし、「地獄愛」に関しては値段に対する情報量が少なすぎる。もうちょっとどうにかならんかったんかいな。
と、愚痴はこのへんにして本編の感想をば。

 露骨に寒色なライティング(って言っていいのかしら)とか、あまりに露骨すぎて額に笑ってしまうのですが、グロリアのような異常者()を映すにはこれくらいやりすぎている方が正しいとさえ思えてくるから不思議。

 それにしてもグロリア役のロラ・ドゥエニャスの顔がすんばらしい。黒目がちな双眸とか口のシワとかすっげー魔女っぽくてよろしい。ちょっとだけスカーレット・ヨハンソンぽい顔立ちでもあるという。まったく似てないんですけど、似てる。そんでもって映画の冒頭からこの魔女の目がこっちを凝視してくるんですよねぇ。ちょっと本気でやめてほしかったです、はい。「マジカルガール」がラストに持ってきたのとは逆ですな。一種のファム・ファタールといってもいいかもしれませんが、どちらかというと自身のファム・ファタール性によって自らを縛っているようにも見えるんですよね、客観的には。とはいえハネムーンと同じで結局は二人の愛に収斂していくわけなので、どうでもいいわけですよ客観性というか冷静な視線なんてものは。

 一方のミシェルについて。別にこの人に関してはグロリアほどの魅力があるわけでもないんですよね。それだけミシェルが強烈すぎるんですが。

 ハネムーンとは逆に彼が黒魔術をやっている部分が強く描写されているんですが、そこに頭痛の要素が加わっているんですよ。頭痛が起こるタイミングなんか注意してると割とパンピー的なのかなーとか、子どもは逃がしたり殺すのを躊躇したりする部分を見ると正常な部分とかあるのかと思ったんですが、最終的に行き着く先を考えるとミシェルもミシェルでやっぱおかしい。

 多分、この作品においてこの二人は幼子として描かれているんじゃなかろうか。欲望のまま動く二人はよく言えば純粋で悪く言えば赤子のそれ。その描写が顕著なのはダダをこねるグロリアとそれをいないないバーのようにあやすミシェル。そしてグロリアの足の指を乳飲み子のように吸い付きむしゃぶるミシェル。
 ともかくグロリアでしょ、うん。男ができるやいなや子どもを友人に預けて出て行くグロリア萌え~。急に歌いだして死体解剖はじめるグロリア萌え~。

 グロリア萌え映画、それが地獄愛
>|