地獄愛の作品情報・感想・評価 - 3ページ目

地獄愛2014年製作の映画)

Alleluia

上映日:2017年07月01日

製作国:

上映時間:93分

3.5

あらすじ

シングルマザーのグロリアは、出会い系サイトを通じてミシェルという男に出会う。ミシェルは寂しい女性を夢中にさせ、女性の性的欲求を満たすことで生計を立てる結婚詐欺師であった。グロリアはミシェルに出会った途端深い恋に落ち、ミシェルが結婚詐欺師だと知ってもその恋は冷めることはなく、娘を放棄するほどミシェルを付け回し、二度と自分から離れないように強要する。最初はそんなグロリアを恐れていたミシェルも、いつし…

シングルマザーのグロリアは、出会い系サイトを通じてミシェルという男に出会う。ミシェルは寂しい女性を夢中にさせ、女性の性的欲求を満たすことで生計を立てる結婚詐欺師であった。グロリアはミシェルに出会った途端深い恋に落ち、ミシェルが結婚詐欺師だと知ってもその恋は冷めることはなく、娘を放棄するほどミシェルを付け回し、二度と自分から離れないように強要する。最初はそんなグロリアを恐れていたミシェルも、いつしかその異常な愛を心地よく感じ、兄弟と偽り共に結婚詐欺をする道を選ぶ。 しかしそんな二人の歪んだ愛は、やがて未亡人を次々と殺す狂気へと変わっていく―。

「地獄愛」に投稿された感想・評価

狂気じみているんだけど、ときどき滑稽にみえてしまう。等の本人たちは真剣だと思うのだけど。

アフリカの女王のハンフリー・ボガートの真似をして女をなだめるシーンは笑った。しかも何回もあやす。いや、いい歳したおばさんがあんなんで泣きやまねーだろとツッコミを入れたくなる。
主人公がカメラの方を見つめながら歌い終わると急にノコギリで死体を解体し始めるシーンが良かった。
メンヘラ極めた女、グロリアの物語。結婚詐欺師の彼氏が他の女とのセックスを始めると嫉妬のあまり雄叫びを上げながら女を撲殺したり、絞殺したりするシーンは少し滑稽にも感じたが、愛の行き着く先は狂気だと感じた。
ぽよ

ぽよの感想・評価

4.0
男と女の詰まる所、を見た気がした。

女が叫ぶ、男は狼狽える、女は騙され、男は騙すが、女はそれさえ知っている。甘んじて受け入れる。乗り合わせた船は転覆しつつも、海底で歪なバランスを保ちながら終焉を迎える。醜く美しい男女の鑑。

女の突き抜けた激情があまりにも滑稽で時々吹き出してしまう場面が多々あったけど、まったく理解できなくもないのは、わたしが女として生を受けたからなのだろうか。

フランス映画で一瞬も眠くならなかったの初めてかもしれないなぁ
まさかの芸術映画
でもねぇ、こういう人(女性の方)いるんだよねぇ。共依存するよねぇ。
すあま

すあまの感想・評価

4.3
アップでカメラがよく動く。そして目が恐ろしい。ビクビクしながら見てた。
緊張感が高くていつ何があってもおかしくない空気だった。
メンヘラレベルマックスでもはや誰にも手に負えない
q

qの感想・評価

3.8
映像と音楽と丁度良いグロさとエロスと血の質感は好みだった
女の嫉妬と愛されようとする強欲と独占欲はやはり愚かで不愉快だな そして出てくる男の単純さと無能さたるや
yuuuut

yuuuutの感想・評価

4.0
かなり好きでした。

全裸死体(モザイク処理済み)をダイニングテーブルの上に寝かして、いきなりカメラ目線で歌い出したり、キャンプファイアーをバックに全裸で踊り狂ったり、そういうところ本当、大好きです。

多分、わたしの生きてる世界からかけ離れた出来事を見せられたから、大好きでした。

主演の女優さん、シャルロット・ゲンズブールに空目した。
fukishi

fukishiの感想・評価

4.0
理解しがたい領域まで達していた、、
愛で人ってこんなに狂ってしまうのかと恐怖でしかなかった〜
影で見せるシーンは素敵だった〜〜嫌いじゃない〜〜
ハネムーンキラーズより地獄愛派
男もロクでもねぇが、トンデモナイ女を引き寄せてしまった。
度を越している。
事実というのだから、人間の欲はこんなもんなんだと思い知る。
こういう女は定期的に世界中で発生する。
主演女優の柄がこれまたリアリティであったりする。
eee

eeeの感想・評価

-
仕事でなかなかつらいことがここ最近ずっと続き、言語化できない気持ちを、超インパクトのある映画で、もやもやをふっとばそうと思いたち鑑賞。
お、おもしろかった。
人と人が寝転がっても見つめ合うシーンでもっとも印象に残っていたのは『エターナル・サンシャイン』だったけど、これで、『地獄愛』も加わった。
あと、分かりたくないけど、グロリアの気持ちは想像はできると思った。分かるかもと思った。男の過去もかなしすぎるけど、けしてお涙ちょうだいにしないところは潔い。
説明なんかできない感情ってある。
彼女の最後のあのシーンでのことも、理屈抜きに納得できる。
観客を信じてくれた映画だと思った。
愛か……愛ってなんなんだ…答えを言わないまま、死ぬのはいやだな。
まずは、仕事、がんばろう。