地獄愛の作品情報・感想・評価

地獄愛2014年製作の映画)

Alleluia

上映日:2017年07月01日

製作国:

上映時間:93分

3.5

あらすじ

シングルマザーのグロリアは、出会い系サイトを通じてミシェルという男に出会う。ミシェルは寂しい女性を夢中にさせ、女性の性的欲求を満たすことで生計を立てる結婚詐欺師であった。グロリアはミシェルに出会った途端深い恋に落ち、ミシェルが結婚詐欺師だと知ってもその恋は冷めることはなく、娘を放棄するほどミシェルを付け回し、二度と自分から離れないように強要する。最初はそんなグロリアを恐れていたミシェルも、いつし…

シングルマザーのグロリアは、出会い系サイトを通じてミシェルという男に出会う。ミシェルは寂しい女性を夢中にさせ、女性の性的欲求を満たすことで生計を立てる結婚詐欺師であった。グロリアはミシェルに出会った途端深い恋に落ち、ミシェルが結婚詐欺師だと知ってもその恋は冷めることはなく、娘を放棄するほどミシェルを付け回し、二度と自分から離れないように強要する。最初はそんなグロリアを恐れていたミシェルも、いつしかその異常な愛を心地よく感じ、兄弟と偽り共に結婚詐欺をする道を選ぶ。 しかしそんな二人の歪んだ愛は、やがて未亡人を次々と殺す狂気へと変わっていく―。

「地獄愛」に投稿された感想・評価

1940年代に起きた実際の事件を元にしているらしく、これまで何度もこの事件を題材とした映画が作られているようだ。
シリアルキラーというよりは、グロリアの嫉妬の塊のような映画だった。
もう少しのところで「またやりやがったw」という、完全にメンがヘラってるのだけど、突き抜けてて逆に楽しめた。

男もクズいが、女もそれ以上に相当な変人である上、商売のための仕事もしなければならない。
どう考えても無計画過ぎるし、いざハプニングがあると男も「止めろよw!」と突っ込みたくなるのもまた楽しい。
グロリアをなだめるシーンと、ミュージカルは笑った。

意図的なのだろうけど、アップが多すぎて見辛いです。
でもそれ以上に嫌いじゃない。
寧ろ好き。
面白かったです。
shinsaku

shinsakuの感想・評価

3.8
スタイリッシュな映像で今風。
気色悪いイメージショットは脳汁が出るくらいテンションが上がる。
ストーリー的にはババアの件がだるかったし、基本的にはマッチポンプやんけ、これっていうね。
主人公のあたま痛いで逃げ切る感じとかなんなん笑
結構笑ったっていうか、笑いどころが満載。

1940年代の事件をどのくらい脚色してるんだろう?
設定は1980年代とかかな?
いや、ハンフリーボガード出てるしな。

全体を通して悪趣味だけど大好きな映画。
アルモドバル作品常連の女優の芝居も良いし。
狂気じみているんだけど、ときどき滑稽にみえてしまう。等の本人たちは真剣だと思うのだけど。

アフリカの女王のハンフリー・ボガートの真似をして女をなだめるシーンは笑った。しかも何回もあやす。いや、いい歳したおばさんがあんなんで泣きやまねーだろとツッコミを入れたくなる。
主人公がカメラの方を見つめながら歌い終わると急にノコギリで死体を解体し始めるシーンが良かった。
メンヘラ極めた女、グロリアの物語。結婚詐欺師の彼氏が他の女とのセックスを始めると嫉妬のあまり雄叫びを上げながら女を撲殺したり、絞殺したりするシーンは少し滑稽にも感じたが、愛の行き着く先は狂気だと感じた。
2人の愛の行く末は、確かに地獄。
今のとこ、今年見た映画の中で一番怖い。
ぽよ

ぽよの感想・評価

4.0
男と女の詰まる所、を見た気がした。

女が叫ぶ、男は狼狽える、女は騙され、男は騙すが、女はそれさえ知っている。甘んじて受け入れる。乗り合わせた船は転覆しつつも、海底で歪なバランスを保ちながら終焉を迎える。醜く美しい男女の鑑。

女の突き抜けた激情があまりにも滑稽で時々吹き出してしまう場面が多々あったけど、まったく理解できなくもないのは、わたしが女として生を受けたからなのだろうか。

フランス映画で一瞬も眠くならなかったの初めてかもしれないなぁ
praline

pralineの感想・評価

3.5
モザイク無ければ。
まさかの芸術映画
でもねぇ、こういう人(女性の方)いるんだよねぇ。共依存するよねぇ。
すあま

すあまの感想・評価

4.3
アップでカメラがよく動く。そして目が恐ろしい。ビクビクしながら見てた。
緊張感が高くていつ何があってもおかしくない空気だった。
メンヘラレベルマックスでもはや誰にも手に負えない