ロンリーハートの作品情報・感想・評価・動画配信

「ロンリーハート」に投稿された感想・評価

アメリカで1940年代後半に本当に起こった事件の映画化で、監督は主人公の刑事のお孫さんだそうです。

戦後すぐの時代、未亡人が多かったアメリカでは、新聞で恋人を募集するコーナーがあったらしく、犯人のカップルもそこで知り合います。

女詐欺師をハルマ・ハエックが演じているので、実際もラテン系だったのかは分からないが、この女が男をただの仕事のパートナーと割り切らずに、あくまで恋人と思っていた為、男が標的とイチャつく度に嫉妬心が激しく湧き上がる。
しかも、こういう事件を起こす人間って、絶対に自分が悪いと反省しないし、とことん正当化できるので始末が悪い。
女に引っ張られ、事件はどんどん残虐で凄惨な方向に進んでいく。
きっと男の方は、この女とコンビを組まなければ、ただのチンケな結婚詐欺師で終わっていただろうに。

刑事のトラボルタも、奥さんが、幼い息子がいるにもかかわらず自殺してしまい、トラウマを抱えている。
彼が、普通だったら警察は介入しない事件なのに、キナ臭いものを感じて捜査を始めた事から、エスカレートしていく二人が残した血生臭い痕跡を、次々と発見していく事となる。

この時代に、まだ遺体も見つかっていないのに、よく刑事が他の州に出張する手当てが出たものだと思う。
刑事は監督のおじいさんだそうだが、刑事のトラウマや、家族に残っている心の傷の描き方など、もう少し深みを出したらよかったのに。

二人の詐欺師の関係も、事件そのものも、監督の演出次第でもっと面白く見せる事ができたのではないかと思った。
全体的に淡々としていてメリハリが無かったので、もったいなかった。

ジャレッド・レトが、下まぶたにアイライン入れたら、クリームシチューの有田さんにそっくりだったのには、笑ってしまいました。
Nora

Noraの感想・評価

3.0
ロンリーハートクラブ事件を元に作られたっぽい映画だが実際のマーサはサルマハエックのような超絶美人の逆で地味目な女性。
なのでこの映画はとても違和感である。
hide

hideの感想・評価

3.7
新聞の交際相手募集欄で独り者の中年女性をターゲットに、結婚詐欺を繰り返すカップル、レイモンド・フェルナンデスとマーサ・ベック。
2人を追い詰めていく刑事エルマー・C・ロビンソンにジョン・トラボルタ。
マーサの嫉妬から殺人事件へと発展していく。
実際にあった連続殺人鬼を映画化した作品。
監督はエルマー・C・ロビンソンの孫。

もちろん、トラヴォルタが目的で観賞ですが、本作は、レイモンドとマーサを演じた、ジャレッド・レトーとサルマ・ハエックが良くて惹き付けられました。

上の2人が良くてトラヴォルタのコメントがなくなった😅💦本作はシリアストラヴォルタちゃん。
トラヴォルタの息子役の子が同じアゴの割れかたで笑うというオマケつき👍

あまり期待してなかった分面白くて関連作品も観たくなった❗
😎 2022年 43 作品目 ‼️

1940年代後半に、
3年間で20人余りの人を殺害した
「ロンリー・ハーツ・キラー事件」
を映画化した作品・・・🎬

結婚詐欺のレイと、マーサの
出会ってはいけない2人が出会い
マーサの異常な嫉妬心で
次々と女たちを殺害・・・😰

関連する映画で
「ハネムーン・キラーズ」
「地獄愛」等が有るようだ❗️

てか、この事件
マジで怖っ😱

1951年に
2人は死刑になったらしい・・・
連続殺人鬼カップルとそれを追う刑事たち。
まあ簡単にいえばこういう話だが、それぞれの心情などを綴っている。

ただ話の割りにムダに残酷だったり、要らないシーンなどが感じられる。
トラボルタが刑事だからか。家族との不和など中途半端だ。

カップルにしても目立つのは女のほう。
騙す目的のはずだが嫉妬から相手の女性を撃ち殺す。
この関係は最後に私のものになったと確信させる。

ところが両者とも引きつけるものがないため、ただただ事件の流れを観ていくだけになってしまった。
久々にジョン・トラヴォルタ観た😅その前に観た作品って、"フェノミナン"かな?…この作品の10年前の作品だったのね💦なんだか久しぶりに観るトラヴォルタ、貫禄が出たと言うか、ずんぐりムックリになっちゃった☹️でも、相変わらず声がソフトだから、貫禄がある感じにはみえないけど。
コレも実話で実際こんな悪質な殺人カップルがいたなんて…しかもエルマーの実の孫が監督って、スゴい!3件の殺人事件以外に20余りの罪があるってスゴいわ。そりゃ死刑にもなるな。他の映画でも観たことあるけど、アメリカって死刑の現場って色々な人が観にくるの?あんまり観たくない〜😰
それにしても怖いのは女の嫉妬だわ。"長続きしないのは、貴方がクズだから"って言ってても好きなんだねー。結婚詐欺師が女に惚れちゃ駄目よ👎仕事が成立しないじゃん。その時点で廃業しなきゃ。でも、
レイモンドもマーサに出会わなかったら、ただの結婚詐欺師だったんだろうな。よっぽどこのマーサって、魔性の女だったんだろう…と思ったんだけど、実際のマーサの写真みたら…女性は容姿だけじゃないって事で💦レイモンドはやっぱり禿げてた😅
1940年代から50年代の雰囲気ってなんだかオシャレで好きだわ。当時は新聞の投稿欄、今はSNSってとこかな?文通がメル友。なんだか、短絡的になった感じだわ。
#20210808@376
janjen

janjenの感想・評価

3.3

このレビューはネタバレを含みます

実話。というのが恐ろしい。

結婚詐欺師レイは何人ものも女性を騙して金を奪っていた。
マーサという女性にも近づくが失業保険で生活している事を知りマーサから手を引き、葬儀中の未亡人にターゲット帰る。
遺族に怪しまれたところをマーサが駆けつけナンヲ逃れた事からマーサと共に行動する事に。

マーサは嫉妬深く、レイが騙すつもりで近づく女性達にも我慢できず殺害を繰り返す。

ある初老の女性を騙し、殺害したところ被害者の妹からの届を気に捜査が一気に進み遂に捕まる。

そして冒頭のシーンへと…。
実話とはコワイ。犯人役のキャストがすごくうまい。人間の愚かさ・哀しさが漂っていた。

このレビューはネタバレを含みます

ロンリーハート
サイコパス映画
1940年代のアメリカで実際に起こった連続殺人事件、新聞の恋人募集欄で見つけた女性をターゲットに結婚詐欺を繰り返すレイと恋人のマーサ。やがてマーサは、レイが誘惑した女性に対する異常なほどの嫉妬心から殺人を犯しはじめる。

実際にあった連続殺人事件の話だが、新聞広告欄で未亡人を狙った詐欺って日本にも昔あったような…未亡人を誘惑させておいて、その姿に嫉妬し、未亡人たちを殺させる。狂った恋人関係。
とにかく俳優女優も豪華。
ジョントラボルタ
ローラダーン
ジェームズガンドルフィーニ
ジャレッドレト
禿げた役に笑ってしまった😅
サルマハエック
大好きな女優、色気満々💕
嫉妬に狂った演技が凄い👏🏻
ボニー&クライド映画と思ってみてはいけない。
ラストなんて最高。
ネタバレ↓
    ↓
    ↓
    ↓

ラスト、二人の死刑シーンがあります。
かなりリアルな死刑シーンはなかなか見ないです。
男は暴れ、女は冷静。
ズラをとった時のジャレット・レトの落差がいい。
サルマ・ハイエクのイカれ具合も、よかった。
>|

あなたにおすすめの記事