ありふれた事件の作品情報・感想・評価

「ありふれた事件」に投稿された感想・評価

ちーろ

ちーろの感想・評価

3.5
学生の頃に見てかなり刺激の強い作品
だったと印象に残っている。

当時はサントラを購入するほどハマったけれど、人の親となった今では見るのが辛い。
ゆん汰

ゆん汰の感想・評価

3.2
著名な映画制作陣からもかなりの評価を得ている本作。期待値は高め。
殺人鬼を追うモキュメンタリーだが、カラーではなくモノクロなので、結構リアリティを出してくれている。

前半は過激にしてくれた分後半につれちょいと飽きも…
プロット自体は面白いし、映画全体の雰囲気も異様なのはスリラーとして良かったが、ストーリーが物足りなかったなあ。
その男、凶暴につき。
これはまさに狂気!!

ベルギーのレミー・ベルボー、アンドレ・ボンゼル、ブノワ・ポールブールドの3人が共同で監督・製作・脚本・出演・撮影を務め、1992年公開当時、世界に衝撃を与えた問題作。

殺人鬼の姿をドキュメンタリー映画の撮影スタッフが追うというモキュメンタリー形式。モノクロ画面から迸(ほとばし)る狂気は、真に迫るものごある。

殺人を生業にするベン(ブノワ・ポールブールド)のドキュメンタリー映画を製作する為、彼の日常に密着する監督のレミー、カメラマンのアンドレ、録音技師のパトリックの3人。やがて、彼らもベンの殺人に加担する様になり—— 。

いや、こりゃもう胸糞が悪い。
ベンの尊大な態度がひたすらイラつかせる。
1,000回死ねばいい。
どんな天罰もこの男には生温い。

列車の狭い通路をすれ違う女性を突然襲う。
早朝の郵便局員を羽交い締めに殺す。
ある父親、母親を殺し、その子供も殺す。
誕生日を祝ってくれていた友をも、突然撃ち殺す。

何度も橋の上や石切場から捨てられる遺体。
被害者の身体に合わせた、彼なりの重りの拘り。

悦に浸って自慢話を繰り広げるこの男は何なんだ。

悔しいかな、手際の良い仕事ぶりと、被害者役の皆様の演技が実に見事で、観ている者は現実と虚構の狭間で迷子になってしまう。

奴の脳天を銃弾が貫く時、
心から安堵した。
そして静寂のままエンドロール。

すんごいのを観てしまったなぁ。

タランティーノ、デ・パルマも絶賛したというが、彼らの作品の方がエンタメとして昇華出来ており、フィクションとして楽しめる。こちらは、もうちょっとリアルの境い目に寄せてきている分、笑えない。

笑えないけど、これも映画のお勉強。

テレレッテッテ〜♪

アキラナウェイはレベルがあがった。
グロたいせいが1あがった。
イラつくしゅじんこうへのたいせいが1あがった。
あたらしいさつじんほうほうをおぼえた。
殺人鬼の日常を追うTVクルー目線で描かれる平穏と暴虐が混ざった世界。
殺人鬼が語る穏やかに彼なりの犯罪美学。
からの振るわれる無慈悲な暴力。

この振り幅は混沌。
べこ

べこの感想・評価

3.3
前半は不快感が強めだけれど、後半は杜撰さが目立ち、シュールな場面が多い印象。
最期はそりゃ、そうなるだろという感じ。
殺人鬼を追うモキュメンタリー
殺人鬼にも聖域があり、手をつけない場所がある
でも他人は殺しまくり、差別しまくり
モザイクもあるよ
まああまりハマりはせず
ttrr

ttrrの感想・評価

3.3

このレビューはネタバレを含みます

悲観主義の自分にとって、不条理な死は好みの画ではあるが、
あれだけ盛大に殺しておいて、捕まらない殺人鬼にはリアリティを感じなかった。
撮影班の同業者と鉢合ったり、誕生日に死人が出て気まずい空気になったりというアイデアは好き。

また、自分は胸糞話が好きではあるけど、
因果応報のように殺人鬼の愛する人たちが殺されて、悲嘆に暮れる様には、
「ざまあ見ろ」というよりかは「あんたが泣く資格ないだろ」という嫌悪感が強くて、
ここまで胸糞を計算に入れているなら完敗としか言いようがない。
たーぼ

たーぼの感想・評価

4.0
こんな狂った映画久しぶりに観た。
ドキュメンタリーを装ったフィクション。POV。

頭のおかしい殺人鬼に密着取材するという、もうほんとそれだけの作品なんだけどなんだこのインパクト。
POVならではのアイディアの効いた演出が多くてめちゃくちゃ新鮮だった。
平然と暴力が繰り広げられるので段々食傷気味にもなるんだけど、不思議と展開に小さな意外性があって癖になる。

倫理的嫌悪感というか、悪事を愉しんで観ている自分に気付き嫌悪する系作品。
時計じかけのオレンジ、ファニーゲームに類する感じ。
行き過ぎた暴力がコメディに見えてくる。
危うい映画。
主人公がなかなかにうるさいタイプのキャラクターなので、単純に不快にもなる。
『ありふれた事件』。インテリを気取ったクソみたいなゴミ野郎のゲロ臭いご高説を延々と聞かされる苦痛な作品。嫌な上司や鼻持ちならない同僚の話を延々と酒の席で聞かされる感覚、早く話が終わんねーかなー。あー、帰りてー、などと言う素晴らしい事が学べます。気が進まない相手と呑む機会がある場合は今作を事前のシミュレーションとして見ることを強くオススメします。忍耐力が付きますぞ。
殺人鬼の姿をドキュメンタリー映画の撮影スタッフが追うというモノクロのモキュメンタリー。

無差別に殺人を犯したかと思えば、詩を口にしたりピアノを弾いたりと、知的な一面も見せる男。

時折吐く暴言の中には、一理あると思わせるものも。

内容は胸糞悪いけれど、映画として意欲作だとは思う。
>|