地獄愛の作品情報・感想・評価 - 4ページ目

地獄愛2014年製作の映画)

Alleluia

上映日:2017年07月01日

製作国:

上映時間:93分

3.4

あらすじ

シングルマザーのグロリアは、出会い系サイトを通じてミシェルという男に出会う。ミシェルは寂しい女性を夢中にさせ、女性の性的欲求を満たすことで生計を立てる結婚詐欺師であった。グロリアはミシェルに出会った途端深い恋に落ち、ミシェルが結婚詐欺師だと知ってもその恋は冷めることはなく、娘を放棄するほどミシェルを付け回し、二度と自分から離れないように強要する。最初はそんなグロリアを恐れていたミシェルも、いつし…

シングルマザーのグロリアは、出会い系サイトを通じてミシェルという男に出会う。ミシェルは寂しい女性を夢中にさせ、女性の性的欲求を満たすことで生計を立てる結婚詐欺師であった。グロリアはミシェルに出会った途端深い恋に落ち、ミシェルが結婚詐欺師だと知ってもその恋は冷めることはなく、娘を放棄するほどミシェルを付け回し、二度と自分から離れないように強要する。最初はそんなグロリアを恐れていたミシェルも、いつしかその異常な愛を心地よく感じ、兄弟と偽り共に結婚詐欺をする道を選ぶ。 しかしそんな二人の歪んだ愛は、やがて未亡人を次々と殺す狂気へと変わっていく―。

「地獄愛」に投稿された感想・評価

独特のカメラまわしにイライラ(笑)

逆効果としか、感じません。。。

グロリア役の女性に凄い演技派と感じるも、全体的に暗く、モザイク使うなら切ればいーのになと、かんじるところも。

いいところ、なかなか見つけられませんでした。。。

配役 4
脚本 4
映像 3
演出 2
音楽 2無音が多いのが気になる
合計 1.5
TRASH

TRASHの感想・評価

1.5
■記録。

>途中ミュージカルっぽく歌いだしたりカメラ激しく動かしてダンスしたり、独特な感じはあるけど自分にはハマらなかった、。

全編通して眠気に襲われ続け、内容もまあ普通、暗いシーン&影で何が映ってるのか分からないシーンが多い、台詞が無いシーンも多く久しぶりに細々早送りして観た、もっと過激な作品だと思ったので残念、グロはグロでもグロリアのグロE.
まぁグロリアはずっと愛してたんだけど、愛の形がただひたすら歪んでて。
ミシェルもすべてが歪んでいて。
女性は芯がしっかりしてて、男は情けない…
全編ぬるく重くなっていってぬるく怖い…
あんたの頭の中は性欲だけよって言ってバタバタしてる時無駄にリズミカルで笑ってしまった
この2人全てが歪んでる
冒頭のグロリアの目にはゾクっとさせられたが、その後は非常に直線的に話が進んで行き、想定以上のヒドイ出来事も無く、ギュッとすれば20分ぐらいの話ですよねと思ったりもしたが、まあ完全に天丼ギャグもの
しかし、それまでの熟女越えしたババアから明らかにグレードアップ(ちょいアンジー似)した3人目のカモの女の登場は、グロリア(嫉妬)とミシェル(欲情)のそれぞれの衝動を鑑賞者にリアルタイムで喚起させる事に成功している。
実在の殺人鬼カップルをテーマに『変態村』のファブリス・ドゥ・ベルツ監督が映画化。


愛するが故に犯してしまった殺人…


歪んだ愛なんだけだ、確かに、そこには愛があった?!


モラルをなくし、感情だけで生きている男と女の行き着く先は…😵


いろんな愛のカタチがあっていいと思うし、愛とは時として人を傷つけるもんだと思うけど、殺しては、ダメです。




追伸
サニエのパートナーのキム・シャピロン監督の『変人村』と勘違いしてました…😵『変態村』のこと…



https://ameblo.jp/bird210bird/entry-12348165017.html
notitle

notitleの感想・評価

3.5
精神崩壊と嫉妬による、間違った愛憎劇。一つの冗談が引き金になり、異常さがさらなる異常を生み出し、止まることのない負のスパイラル。会ってはいけなかった二人。セックスこそ愛。愛に飢え、戻りたくない過去と不安が、彼女を創り出す。たまにいる。
菱沼

菱沼の感想・評価

3.0
正直あらすじにあるように、二人の歪んだ愛が狂気へ…というよりは愛してるのも狂ってるのも彼女だけじゃないの?と思うくらいグロリアがぶっ飛んでました。男の方が彼女に引きずられているような描写で期待していたのと若干違ってたので残念。
kei

keiの感想・評価

3.0
実際にあった「ロンリー・ハーツ・キラー」事件の映画化。
監督は『変態村』のファブリス・ドゥ・ヴェルツ。

この情報で想像できる内容以上のものは、期待しない方が良いかもしれない。

原題は「alleluia(ハレルヤ)」で、ベルギーの闇シリーズ一作目同様に宗教的な意味合いを持っているのだろうが、その点全く知識が無いので分からず。

しかもこれ、劇場版がどうだったのか知らないが、現在レンタル用として流通しているバージョンの修正がとにかく酷い。
陰部にはボカシを、そして肝心のゴアシーンは全て明るさを調整して見え辛くしている。ここまで酷い修正は初めてかもしれない。
あい

あいの感想・評価

4.0
こんなの高評価つけたら私の人格を疑われるんじゃないか。
90分間背徳感を味わえます。午前中に一回みて、もっかい見たくなって夜にも見てしまう感じの中毒性がありました。
なんかぶっとんだサイコな二人(結婚詐欺師とシリアルキラー)の常人には理解できない愛の話ではなくて、妙に納得?共感?いや共感までいったらヤバイか。納得してしまうところもある。普通理性でおさえられるものが、この二人の場合は理性なんてものはなく野性がむき出しになってるだけで。
映画だから見られる、映画だからこそ見たい、異常な世界観、異常な愛。いやむしろ正常。
(といいつつも実話がもとなんだけど)

映像的なきつさ、えぐさ、汚さみたいなのは前作よりだいぶマイルドで見やすい。変態度は下がったかな。

リバイバル元のハネムーンキラーズも見たい!