超級護衛 スーパー・ボディガードの作品情報・感想・評価

「超級護衛 スーパー・ボディガード」に投稿された感想・評価

キャラ設定が80年代テイストなスーパーなボディガードである。きつめのファッションとバンダナに髪型。片足25キロもある鉄靴…それで車に追いつく走り…そんな靴はもちろん脱げない設定。鉄足拳…百八蹴拳…蹴りなのか拳なのかよーわからん技の名前。
ユエソンがおじさん顔のためシンユーの弟弟子の設定だが歳下に見えない悲しさ。髪を切ってスーツでキメるとなかなか様にはなってビックリではある。
アクションは全員体を張ってます!痛そー、殴って蹴って間違いなく怪我してる。早回しし過ぎなのがもったいないし、カット割りがキライ、これなら普通にしても迫力あるんちゃうかな?アクションも80年代テイストなんだよなー。

コリンチョウ目的で借りたが全く出番なし…残念。
ユエソンによるユエソンの為のユエソン大活躍の映画!自己顕示欲の塊と見た!
oucky

ouckyの感想・評価

4.0
一部ではブルース•リーの再来といわれるユエ•ソンが監督、主演をした怪作。

監督の「俺ってカッコいいよね。スタイリッシュだよね」って思いが、爆発した厨二病剥き出しの作品。だが、それが良い!アクションはマジ半端ない!早送りやコマ抜きなどはしてるにしても主演のユエ•ソンが凄いです!
身体鍛えて、日々功夫を積んでいるのがよく分かります。そして、超絶フルコンタクト!殺陣なのに当てる、当てる!そりゃ迫力があるわね。でも特筆すべきはそのカット割りにあるのでは?と思いました。通常のアクションシーンから早送りはフルに使っているが小気味よく差し込まれるアップカットが凄い行きてるんです!そもそも身体能力が高い人なのにこんなに外連味タップリのアップカットを入れられたらそれは堪らんアクションが生まれるに決まってるじゃないですか!

そして、いちいち仰々しいBGMが厨二病的カッコ良さを呼び覚まします!

ドラマシーンも謎のスローモーションや訳もなく綺麗なロングショットなど一種異様な程にドラマを煽ります。
しかし、全編カッコ良い訳ではありません…。あまりにもダサいカットがいっぱい残ってます…。まぁこの辺りがこの作品を苦手と思う人達に厳し点を付けさせるような気がします。
しかし、僕には最高のご馳走でした!
ラストのメイキングを見終わった後にはユエ•ソンへのリスペクトが半端ないです!
Nozomi

Nozomiの感想・評価

2.8
うーーーん。
せっかくシン・ユーという
アクションが素晴らしい役者が
出ているのに
彼の扱いが雑すぎる。

なんだろ。
サッカーしないカンフーハッスル
ってかんじのストーリー。
(代わりにボディガードしてる)

やはり主人公&監督が同じだと
失敗作も多いな。
セイ

セイの感想・評価

3.5
秘宝でガクマツとか言われて馬鹿にされてたけど凄い良かった。ネタだったのかな。