ボヘミアン・ラプソディのネタバレレビュー・内容・結末

上映館(1館)

ボヘミアン・ラプソディ2018年製作の映画)

Bohemian Rhapsody

上映日:2018年11月09日

製作国:

上映時間:135分

ジャンル:

あらすじ

「ボヘミアン・ラプソディ」に投稿されたネタバレ・内容・結末

Queenフレディ・マーキュリーの一生。
フレディの壮絶な人生が描かれており、家族との絆や世の中の理不尽にも耐えつつも、人の為に生きるという幼い頃に言われていた父親からのメッセージを成し遂げたライブエイドのシーンでは涙が止まらなかった。あのラストのライブシーンは決して忘れることはない。
QUEENをあまり知らないけれど、すごく良かった。
いくつか孤独に感じるシーンもあった。
ライブシーンは圧倒的でこれは劇場で見るべき!ってなった。
猫ちゃん可愛かった。
ルーシーボイントンの虜になってしまった、、、、。
Queenについてほとんど知らない状態で見ましたが、曲がかっこよくて最後のライブシーンは鳥肌が立ちました。
周りとの境遇が違うことで誰にも理解してもらえないと孤独を感じるフレディーの苦悩に共感しました。自分自身、仲の良かった友人と徐々に境遇や趣味嗜好の差を感じ、孤独であると思い込んでいた経験があったからです。フレディーは一度バンドメンバーと離れることによって、バンドメンバーや友人は〝家族〟だったと認識しました。大切な人は近くにいるとありがたみに気づかないものであることを学びました。私も今まで距離を置いていた友人とまた“家族”のような関係に戻りたいと思いました。
フレディマーキュリーの半生を描いた作品。
ラストのライブエイドでは泣いた。
映画館で見る方が良いかな。
この映画がきっかけでクイーンにハマった。
クイーンのメジャーどこの曲は知ってたけど、デビューまで、デビューから最期までがこんな感じだったとは全く知らなかった。
映画を観た限りではフレディーマーキュリーはずば抜けた才能の持ち主だったんだろうなぁっと思った。恐らくミュージシャンはデビューするまでが1つ目のハードルで、デビューしてから売れる曲を出すのが次のハードルなのかなと思っていたけど、そんなのお構いなしでぴょーんと飛び越していったのかなと。
映画を観て、クイーンの音楽を聴くと改めて良さを知らされる感じ。
主演の方のコピー具合が本物かと思わせる演技力に驚愕です。
所詮は商業ものの映画なのだなぁという感じ。ライブエイドのシーンなどは迫力はあったが音量を爆音にすれば良いものでは無い。ラミマレックは確かに素晴らしかったが、所詮はラミマレックでありフレディーマーキュリーではないという印象は拭えなかった。それほどフレディーマーキュリーが強烈であることの証左でもあろう。
父にLive Aidの映像を事前に見せられた上で鑑賞。Queenといえばこの曲、というのはあまり思いつかなかったが見てみればほとんど知っている曲だった。フレディの天から地まで、メンバーとの絆、楽曲、どれも面白かった。特に最後の20分間、Live Aidのシーンは圧巻。ずっと号泣していた。ボヘミアンラプソディの歌詞が刺さる。あとベンハーディーくんが最高にかっこいい。
Queenの映画

曲しか知らない状態で鑑賞

ボロ泣きしました。

フレディの過去をあまりに知らずに
曲を聴いてたなって、、、

彼はエイズで死んだって聞いてやるせない気持ちになった

映画館が当時のライブ会場な感じがして
私はそのライブに行くために3回見に行きました
クイーンの曲は何曲か知っていただけだった。
先輩に誘われて流行ってるから見に行った。
だけど、
あの日からすっかりクイーンが大好きになり劇場に何度か足を運びDVDは生活の中で流すこともある。


初めて映画館で見た時、
涙が溢れたのは

メアリーが、フレディーに「あなたはゲイよ」「悔しいのは、あなたが悪いわけではない」と伝えたシーン。
大好きな人に求められない苦しさ、それは相手のせいではないこと、
メアリーがフレディーを責めるような人じゃなくてよかったことと、メアリーの苦しさがより刺さって苦しかった。

クイーンの曲作りの場面も興味深く楽しく描かれていて。

フレディーをメアリーが助けに来てくれたことも嬉しかった。

クイーンの仲直りのシーンでは、「一旦席を外してくれ」「なんで外したの?」「なんとなく」っていうのが、メンバーの雰囲気を表しているようで可愛かった

ライブエイドのシーンでは
もうずっと興奮しっぱなしだった。
特にWe are the championでは最高潮で、その後も何回見ても大好きなシーンだ。

興奮すると同時に
フレディーがもういないという事実に涙があふれてとまらなかった。
こんなに素晴らしい音楽を生み出す人が、
こんなに多くの人を魅了する人が、
もういないんだと。

私には好きな俳優や
好きなミュージシャンがいるが、
常々、どうか細くてもいいから長く健康に作品を生み出してほしいと願っている。
何よりも健康を願うオタクである。


ボヘミアンラプソディでは、
フレディーを好きになった時には既にフレディーはいないという悲しみと、
フレディーが残した音楽の素晴らしさを
たった2時間で体感できる映画だと思う
とても感動した
この映画でフレディのことをよく知れてよかったと思えた

自分と戦いながら自分を確立しようとする姿を尊敬する
>|