ロケットマンの作品情報・感想・評価・動画配信

ロケットマン2019年製作の映画)

Rocketman

上映日:2019年08月23日

製作国:

上映時間:121分

ジャンル:

3.7

あらすじ

「ロケットマン」に投稿された感想・評価

Annie

Annieの感想・評価

3.5
エルトン・ジョンのこと、イギリスのロック/パンクバンドの人かと思ってたくらい何も知らないで見たけど、新しい音楽知れてそれだけで満足❤️‍🔥
映画を観るまで名前しか知らない人だったけど、すごい人生だな…

独特な衣装、けっこう好きだわ
アルコール依存症、コカイン中毒、セックス依存症、過食症など多くの苦悩に苛まれたエルトン・ジョンの波瀾万丈の半生を描いた作品

なんてったって曲がいい
CDをよく聴いてたから曲は結構知ってたけど、改めて偉大なミュージシャンであることを実感した
ミュージカル調に仕上げているのも良かった

父から愛されず孤独を感じる幼少期のエルトン・ジョンがピアノと出会い、ロックンロール、ソウル、カントリーと出会って音楽の才能が開花していく
家族で歌う『I Want Love』は胸に響いたし、
『Saturday Night's Alright』はアガったし、
『Your Song』は1番好きな曲で胸に沁みたし、
『Rocket Man』はエルトン・ジョンの苦悩が詰まっていて深く感情移入させられた
この作品のタイトルが『Rocket Man』なのは素晴らしいね、これしかないって感じてる

なんでうまくいかなくなるのかな
バーニーの言葉をもっと大切にしていたら、
ジョン・リードを信じずレイを手放さなかったら
また大きく変わっていたのかなぁ...
結局成功やお金だけでは人生は満たされない

アーティストとしての成功の裏で
どん底に落ちたエルトンやったけど
大切に想ってくれる人がいるのなら
その人から差し伸べられた手は強く握らないとね
バーニーの『兄弟だろ』が本当に素敵
バーニーのもとへ帰って、依存症を克服して、
以降の幸せそうな人生には大きな幸せを感じた

『Cicle of Life』とかは出てこないなぁと思ってたけど、なるほど、あの曲は依存症を克服した後に作られた曲やったのね
Minato

Minatoの感想・評価

3.5
超有名だし名前だけは知ってるから見てみたらこれエルトンジョンなんだ〜って曲流れるかと思ってたらyour songのサビだけ唯一聴いたことあるレベルだった、、
今度ちゃんと聴いてみよう

ストーリーは成功者にありがちなアル中、薬中とかでの堕落だけど、最後に本人の写真と一緒に現在アル中克服して元気にやってますよ〜て感じで終わるのがいい

マネージャー、母親とかが嫌な人すぎてみてて悲しくなった
けど息子がピアノと歌の才能があって何の努力もせずにトントン拍子に自分とは裏腹に成功していくのが喜べない親もいるんだなーと母親サイドの意見聞いて納得した
母親ってだけでいい人間に描かれがちだけどそんなことないしリアルな感情だと思った

2pacのghetto gospelはエルトンジョンのIndian sunsetって曲がサンプリングされてるのを知った
調べたらたくさんサンプリングされてるのね〜
k

kの感想・評価

2.4
エルトンジョンの曲とか人を知ってる人はめっちゃ楽しいと思う。
私は全然知らなかったからこんな人だったんだ、、ていう浅い感想。
成功しすぎるとその代償があるっていう現実はなんだか切ないと思った
相当好き。
タロンエジャートン版Goodbye yellow Brick roadがクソ良かった。
レア

レアの感想・評価

3.3
ボヘミアン見た後だったからんー、、、、ってなってしまった。
面白いけど、1回で十分かなぁ。
でもエルトンジョン好きな人はすごい好きだと思う!
la

laの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

めちゃくちゃ良かったー!!
ボヘミアン・ラプソディの時と同じでエルトン・ジョンの知識は全くない
曲は何曲か知ってるのあったけど、これがエルトン・ジョンなんだ!?ってくらい

安定して(?)酒とドラッグに溺れるけど、自ら更生施設に入って治療をしたってのがすごい

愛されないことが本当に辛い
お父さんもお母さんも辛い
お父さんが新しい息子達にはレコード触らせてあげてハグ(抱っこ)してあげてるのとか本当に苦しい、お母さんにも一生愛されないって言われるの苦しいし悲しい
ジョンにも結局本当の意味では愛して貰えなくて利用されただけなのに、初めて愛をくれた人だからなかなか切れないのも苦しかった
バーニーの友情としての愛があってよかった
そこに救われた
音楽の才能があったってなんだって、愛してくれる人が身近にいるかどうかは生きていく上で重要なんだよな
『エルトン・ジョン』としてたくさんの人に愛されたからもうレジーには戻れなかったんだと思う
“レジー”と“エルトン・ジョン”のハグ、めちゃくちゃ素敵だった
「I'm still standing」最高だな〜元々好きだったけど歌詞と状況相まって素敵な曲なのを再確認した
その歌詞をバーニーがかいたってのもまた救いなんだよな〜愛だよ

ミュージカル!!!って感じではあるけど演出が巧みで見やすいし飽きない
歌と踊りも最高、映像の切り替わりもとても良い

健在なうちに映画として残ったのはすごいことだと思う
本物の愛と長生きして欲しい
りこ

りこの感想・評価

3.7
お父さんがさー、
ほんと悲しすぎる😭

生きてるうちに再起できてよかった

エルトン・ジョンの自伝的映画

イギリス郊外の町で両親の愛を得られずに育った少年レジナルド・ドワイトは、唯一、音楽の才能には恵まれていた。やがてロックに傾倒し、「エルトン・ジョン」という新たな名前で音楽活動を始める。そして…。

栄光と挫折、そして奇跡の復活!
>|

あなたにおすすめの記事