ミスター・ガラスの作品情報・感想・評価

ミスター・ガラス2019年製作の映画)

Glass

上映日:2019年01月18日

製作国:

上映時間:129分

3.8

あらすじ

「ミスター・ガラス」に投稿された感想・評価

予備知識は必須。不気味な雰囲気で描かれる、禁断の実験の行方とは。

【賛否両論チェック】
賛:特殊な能力が本当にあるかどうかを巡り、先が読めそうで読めない展開の中で明かされる真実が、印象的かつ新鮮。
否:中盤は不気味な雰囲気のまま、結構淡々と話が進んでいくので、案外退屈してしまいそう。終わり方も好みは分かれるか。

 特に何の説明もしてくれない割に、「アンブレイカブル」と「スプリット」のそれぞれに関わる内容がどんどん出てくるので、やはり予備知識は必須です。
 自身に特殊な能力があると信じて疑わない者達が集められて行われる、禁断の実験。やがてそれが思いもよらない方向へと進んでいってしまう様子に、思わずハラハラさせられます。実験施設のシーンは、同じような部分が多くて案外退屈しそうですが、どこまでも不気味な雰囲気に包まれ、先が読めないのが印象的です。
 ラストはそこまで衝撃・・・というほどではありませんが、
「おっ、そう来ましたか!!」
という感じです(笑)。あまり言うとネタバレになってしまいますので、詳しくは是非実際にご覧になってみて下さい。
kidlica

kidlicaの感想・評価

3.7
伏線もなにも特にないように思えたくらいマカヴォイの演技力だけで成り立ってる
HikaruSato

HikaruSatoの感想・評価

2.7

このレビューはネタバレを含みます

1人1人の演技、キャラの個性は良いんだけど、ストーリー展開、脚本が下手。見せ所、繋ぎとか見ていてスムーズじゃなくてパッとしなかった。
設定は面白いけど、、
二瓶慶

二瓶慶の感想・評価

2.0
どうやら、人気ですね。。。
私はハマらず。。役者はすごい!
感情がまったく動かない。。
シャマラン監督の映画はもう観ないことにします。
ごめんなさい。
si

siの感想・評価

3.7
いや、もうほんと
サミュエル・L・ジャクソン出てきたら
笑ってしまうんやけど。
なんという存在感!!!←誉めてます

加えてマカヴォイの気迫が凄い。

という映画です。
にった

にったの感想・評価

3.8
シャマランがヒーロー物を撮影するとこうなったってやつ
アンブレイカブル、スプリット、と続く3部作完結編
シャマラン発ヒーロー映画3部作完結編。

いやー、すごい映画観たな、って感じ。
今までのヒーロー映画を見下すかのように「これが始まりの物語」だと来たもんだ。
こういう穿った見方を出来るのがシャマランクオリティなんだろうなあ。

「シックスセンス」は良く出来ていたし、万人にも受け入れられる部分が色濃く出たが故に、彼の以降のキャリアに悪影響を及ぼしてしまった気がする。
この三部作のような、ちょっと突飛な作風が彼本来の姿なんじゃないかな。

これからも尖った作品に期待したいですね〜。
あー、面白かった。
「アンブレイカブル」「スプリット」「ミスターガラス」3部作のラスト。
実に19年越しの完結となる。
「監視人/デヴィッド」「ミスターガラス/イライジャ」「群れ/ケビン」の3人は精神病院送りにされて、そこであんたらはヒーローという妄想を描いているただの一般人だ、と矯正されることになる。

前作から続けてみているとこの展開にまず驚いてしまう。
あんまり期待してなかったけど、やっとマーベルみたいな戦闘が見れるようになると思ったのに・・・。

でも、アンブレイカブルから見ているとこの病院内でのやりとりこそが「ヒーローなんか居ないんだよ」という現実世界の失意のものたちへの同調圧力を揶揄しているんじゃないかと感じて、不思議と3人を応援したくなってしまう。
3人が3人とも失意のものであるということは、前作から見ていると重々承知しているから、対決するシーンは見ていてとても切なかった。
ヒーロー3人と、それを取り巻く3人の関係者で誰も幸せにならないけど、最後でちょっと報われる。

最終的なオチはシャマランらしいサプライズが待ってるけど、「えー!」というよりは「良かったね・・・」っていう嬉しいサプライズで良かった。
正直その前の「組織」についてのネタばらしは説得力が無いというか・・・。ミスターガラス個人に恨みを持つ被害者の会的な位置づけなのか、それとも古来より続く特別な組織なのかちゃんと判断がつかなかった。
どっちに転んでもいきなりすぎるし、どうも実際のアメリカンコミック文化に対するシャマラン監督なりの投げかけなのかもしれないけど、ちょっとわかりづらく強引に感じる。
畳みづらいテーマなので、しょうがないけどせめて登場人物には幸せになって欲しかった。

◆良いところ
- 曲者俳優3人の共演が素晴らしい
- デヴィッドの子役がまんま大人になって成長した姿で出演してるのに何故かウルっときた
- ビーストになったケビンとデヴィッドの戦いが地味だけどかっこいい

◆悪いところ
- 各キャラクタのラストが悲しすぎる
- 地味である
- 組織の存在に納得がいかない
Yosh

Yoshの感想・評価

3.6
シャマラン像によるスーパーヒーロー
前作「スプリット」は映画館で観ましたが、
その前の「アンブレイカブル」は未視聴

結構面白かったっス!
両方観ていたら尚更楽しめたかと…
というよりもアンブレイカブルの方を観ていた方が良かったかも笑

というのも、メイン3人の内の二人が
アンブレイカブルでの2人に加え
主人公的存在の
ブルース・ウィリスはそちらの方で活躍していたので
しかし、メインのもう1人
ジェームズ・マカヴォイの怪演は健在! 笑

この作品単体でも結構も楽しめると思います。
ただし、スーパーヒーロー物と期待して
観るとあまり楽しめ無い方も
いらっしゃる思います。
というのもビーストvsデイヴィット
作中で二度ほどしか無いので( ̄▽ ̄;)

単純にバトル抜きで楽しむことが出来る方には、おススメします笑

ラストはどんでん返しという程ではありませんが
少しの驚きの要素もありました。
しかし超人がいると言う事を
あの方法で伝えても、この時勢
VFXとかCGで片付けらのがオチじゃ無いかと……
そこは少し残念に思いました。(~_~;)

それとは別に今作も
シャマラン自身が出演しています。笑
もしかしたらシャマランが演じる役で
1番セリフあったんじゃね?笑


私自身
シャマラン監督の映画は
個人的にはあまり期待してませんでした。
というの私が観たシャマラン作品は、
シャマランファンの方には
非常に申し訳無いのですが、
個人的に普通、又は微妙と感じたのが多かったので…(~_~;)

ともあれ今作は、そんな事を感じずに
楽しめました
>|