神さまの轍 check point of the lifeの作品情報・感想・評価

神さまの轍 check point of the life2017年製作の映画)

上映日:2018年03月17日

製作国:

上映時間:86分

3.5

あらすじ

「神さまの轍 check point of the life」に投稿された感想・評価

saori

saoriの感想・評価

3.3
42 好きなものが通ったら迷わず飛び乗るのを、待っている、のはいつまでも終わりが来ないと信じたい。
みづき

みづきの感想・評価

3.8
自転車おじさんの存在が2人の間を人と人とのあいだを繋いでいるように感じた。

なにか大きな出来事があるわけじゃない。ロードバイクを通して、2人の若者が模索しながら生き方を見つける姿に背中押される作品。
maki

makiの感想・評価

2.8
ロードバイクの映画なので観たいなぁと思ってたら、地元では上映がなく、車で1時間半程で行ける隣の県の町が主催する映画鑑賞会が開催されたので観に行きました。(上映前の監督のトークショーは間に合わなかった)
無料上映なのに、ポップコーンも用意してあり、映画館気分で観れるとは思ってなくて、映画で町を盛り上げようとしてる意気込みは凄く伝わった鑑賞会でした。

おそらく監督の意図的な演出なんだろうけど、セリフや映像などでの説明的なものがかなり少ない。少なすぎてたぶんこういうことなんだろうな…?って考えながら観ないといけないのがちょっと疲れた。。
ロードバイクの事知らない人はもっとちんぷんかんぷんなとこもあったのではないだろうか?

特に気になったのは、ロードバイクを譲り受ける場面。2人の運命を分けるきっかけになった出来事なんだし、おばあちゃんとの会話がもう少し欲しい。

それならせめて、ラストくらい分かりやすく終わってくれたら…

かつての親友が夢を叶え、やりたい事を仕事にして、羨ましい存在になっていた。やりたい事も見つからずなんとなく今まできてしまった自分と最後はなぜか並んでいた…
そのあと一言でも欲しかった!

夢を叶えなくてもある日常の小さな幸せもあるし、夢を叶える事が必ずしも幸せではないというか、掴みかけても簡単には夢は叶わないというか、好きな事を仕事とは別に趣味として楽しむ事も出来る。ある意味現実的で夢のある話ではないのを映画としてまとめるのは難しいと思う。
自分は楽しく生きているか?あの頃は良かった?明日はどうか?来年は?今は?

やりたいテーマはなんとなく分かるけども、2人はそれで??を映画の中ではハッキリと完結してないので、よく言えばいろいろとその後の2人を想像で考えさせられるけど、青春ものならスッキリ爽快に観終わりたかったな。
若い監督さんだったので、今後に期待。

青春自転車映画なら、ヤングゼネレーションがおススメ。

同時上映の町内の人と作った短編映画はたった2日で作ったらしいのだけど、よく出来てたと思った。
Yoshi

Yoshiの感想・評価

4.5
二度目の鑑賞です。
舞台挨拶で監督が言っていたように
会話無い映像は、観客に考えさせるという意味で、素晴らしい表現の仕方だと思います。
それによって、観た人が映画の話をする。人それぞれに違った捉え方を知り、また観ようと思う。
最近、映画を観た後に観た感想をコーヒーショップで話している場面を見なくなり、映画ファンとして悲しい限りです。
いろんなキャラクターが登場するが、後押ししてくれる映画には間違いないと思います。
一度観た方もこれから観ようとする方も期間が限られていますので、お早めに。
haruka

harukaの感想・評価

4.0
友人が出演しているので観に行きましたが、内容もわたし好みで、映像の空気感(空気感ってなんやねんって感じですが)も好みでした。

どんなことでも「ずっと好き」でいることなんてできないしちょっと離れてみたっていいんだよ…と言いたくなった。「どうしても嫌いにはなれない」というのが大事だと思っています。


主人公二人を象徴するかのように
"明日は上手いこといきそうや
明後日はどうやろ?"って六角さんのセリフが繰り返され
なんか
こっちまで励まされている。
夢を持っても諦めなければならない分かれ道
夢もなく、何者にもなれない分かれ道
色んな選択を繰り返し進んでいく人生
夢があろうと無かろうと
恥ずべきじゃないことを教えられるね

"来年は、何してるやろなぁ"
今日も自転車おじさんは問い続ける

明日は上手いこといくといいな
しょー

しょーの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

今頑張れてない人のこともちゃんとすくって肯定してくれる、優しい映画でした。
夢中になれるものがほしかった。夢中になれることがある人がうらやましかった。夢中になれるものがない自分はダメだと思ってた。でも、そんな自分でもいいかなと思える。明日がくるのがそこそこ楽しみな日々だったら、それはすてきなことだ。って思える映画でした。
ゆっこ

ゆっこの感想・評価

3.5
子役も脇役もしっかりと演技できる役者さんが出演されていました。
キラキラとした青春作品でした。
Bourgogne

Bourgogneの感想・評価

2.0
知り合いがたくさん出演したので楽しみにしていましたが、作品としては残念な出来栄えです。
ストーリー、映像ともに惹かれるものがありませんでした。
>|