ウソはホントの恋のはじまりの作品情報・感想・評価・動画配信

「ウソはホントの恋のはじまり」に投稿された感想・評価

 バーディーのセリフ
「成功なんて虚構よ。1番大事なのは愛。誰をどう愛するかだけよ」
これに気づけた人ってきっと幸せになりそう。人生は楽しいものがいい。

このレビューはネタバレを含みます

上司と編集者との三者面談で全視聴者の意見集まってたと思う
男の人女の人に告白されて本当の自分を愛してくれないのでは?とおもっていきなり態度変えるの本当にくずい

最後の「NO」って結婚してくれの返事に対して?
このまま続けましょうってのは結婚する脈はないけど恋人でいようね的な発言なの??

なんにせよあんまりすっきりしない映画だったなぁ
好きな人が好きなものなら好きになれたりしない…かな?
無理はよくないけど、好きな人とするから楽しかったりするんじゃないのかな。
ま、過剰なウソはよくない。
アカリ

アカリの感想・評価

3.2
内容的にはそんなに突出してるかんじではないけど、個人的にはジャスティンロングのロマンス映画が割と好きなので
なんかイケメンすぎないところがちょうど良い
かなた

かなたの感想・評価

3.0
主人公のサムは身勝手で
彼のどこがよかったのか謎だった
バーディーには可愛く見えてたのかな?
2021年 188本目

好きな人のために自分を偽ってもいつかはバレる
だからありのままの自分でいいと思った

最後のダンスシーンがよかった
カフェのでてくる映画好き。
完璧じゃないと好かれないと思いがちだけど、不完全でありのままの方が人間味があっていいじゃん!
seckey

seckeyの感想・評価

-
私もバーディーと同じことされたことあるけど結構バレバレだよね。
ツイートの内容を一語一句変えずにそのまま私に言ってきたし、好きなもの言ってきて深掘りすると曖昧だし、何より言った時のドヤ顔とちゃんと聞いてね〜っていう念を感じてすぐわかった。笑
そんなことされた日には意地悪しちゃいます。聞いてないフリもするし、好きじゃないフリもするし、最後まで追求しちゃいます。ウソもいいけどボロは出すなよ〜って話で、サムが逆ギレしてきたときはハァ?って感じでした〜。
海

海の感想・評価

3.4

このレビューはネタバレを含みます

普通に見やすかったし、面白かった。
タイピングの音から始まる映画大体好き説。笑

サムのように、好きな人のことを知りたい気持ちがわかってしまう自分が少し怖かった笑

でも、ギターの練習にフランス料理の教室に柔道、自分が彼女が好きだからこそ、やると決めてやっておいて、疲れてしまうのは、まあ共通点を作るために趣味じゃないものを無理やり趣味化すれば、そりゃあ疲れるよなあと気持ちはわかるけど、プチっと切れてしまった瞬間はたしかに編集者の人の言うとおり、子供だった。
でも、私はどちらかと言えばサム気質っぽいから、プチ自伝のような彼の小説を読んだあの出版社さんたちの言葉が地味に自分にも刺さって痛かった。何にも始まってないんだなと。笑

バーディーたしかに魅力的な女性だった。
自由が似合う人って素敵だな。自分を生きてる。
サムとバーディーを見ていたら、苦しんでいる人って結局自分で苦しめて生きづらくしてるんだろうな〜。
いつからサムの嘘に気づき、一見ストーカーのようにも思える彼のどこに惚れたのか、バーディーの視点がすごい気になった。

ま、結果よければ全てよし!

✍️私が刺さった出版社の人がサムに放った言葉たちを忘れないようにメモ✍️
「主人公は自分を見失っていて、その鈍さを正す方法を知らない」「彼が現実を知らないのもいいね、世界を怖がりすぎて何にも行動に移せない。つまり子供だ」「自分の頭の中で迷子になってる様子がとても印象的だ」「完璧な弱虫だね」

「愛し合ってるのに、男が認めてないだけだ。あとは彼女が男の無能さに気づくだけ」
「彼は勝手に怖がってチャンスを逃した」
「こうなると導かれる結末はひとつだけ。彼は孤独に生きる」「彼は他人を排除し続ける」
「彼が気づくにしても何年経ってからだし、その頃には彼女は大勢と寝てる」

恋愛のこともそうだけど、私は自分の生き方に投影して、ぐさっと刺さった。笑
seayan

seayanの感想・評価

3.0

ラブコメとしては楽しめたけど
共感はできない。

やってること全部ヤバい行動
サムの一方的な描き方でしか進んでいかない。
ちょっと残念。
それ故に女性の扱われ方が
主人公を肯定するだけの存在で
まるで意志を持たないお飾りな立ち位置。

書いてる本の打ち合わせシーンは
見てて面白かった。
>|