バロンの作品情報・感想・評価

「バロン」に投稿された感想・評価

ほら吹き男爵の冒険をテリーギリアムが撮るとこうなる。超絶シュールギャグは人を選ぶけど俺は好き。良い。
テリー・ギリアム監督の作品は本作と未来世紀ブラジルを観賞。
とてもユーモラスで味とコクがあってギリアム映画の雰囲気を掴みやすい逸品。
でも浮世離れした面だけで終わらないのがこの作品の魅力。
ぜひとも最後まで目を離さずご鑑賞あれ。
きり

きりの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

現実と妄想の多重構造の作品。テリー・ギリアムの作品はこの構成が多々あるが、そのなかでも本作は明るくユーモア溢れるものとなっていた。

独特の撮影法により、フィクションが現実となる可能性を奇想天外に描いていました。

好きなところ
寓話感のあるアナログなセット
優美でアートな映像
asuka

asukaの感想・評価

3.0
奇想天外な設定だけど、視覚的にも楽しい作品。キメ顔したバロンの顔気球のジャケットで選んだけど、面白くてよかった。
K

Kの感想・評価

4.7
18世紀、実在の人物ミュンヒハウゼン男爵(バロン)が周囲に物語った、超人的な能力を持った豪傑たちを従えた奇想天外な冒険物語『ほら吹き男爵の冒険』を、精巧なミニチュア撮影や合成など、当時最新鋭の技術を用いて映像化したファンタジー作品。

作り物のようで作り物じゃない、現実と想像を織り交ぜてバロンが語った物語を、リアルとリアルの世界で物語るストーリーを交差させる巧みな構成と、テリー・ギリアムらしさ溢れるファンタジックな世界観で実に上手く作られている。

想像力がなければファンタジーに成り得なかった当時の戦争で荒れ果てた世界に、想像力が命を吹き込み、一瞬たりとも目を離せない素晴らしいストーリーと世界観の映画。素晴らしい。とにかく全てがめちゃくちゃ好き。
りりか

りりかの感想・評価

3.4
25歳ではなく5歳のときに観れば最高に楽しい映画だったんだろーな
NANOHA

NANOHAの感想・評価

4.0
モンティ・パイソンの延長みたいなノリ
詳しくないから分からないけど時代考証がすごいしっかりしてそうだなと思った
emi

emiの感想・評価

3.5
18世紀ドイツの伝説的人物バロン・ミュンヒハウゼンを描く、奇想天外な冒険映画。豪華なセットでテリー・ギリアム監督のセンスが冴える映像に、イギリス的なユーモア、個性的な登場人物たちが楽しい。
ブラック感薄めのテリーギリアム
おもしろかったです
ロビンウィリアムズキマりすぎ
時番人

時番人の感想・評価

4.5
あえてのグダグダSFファンタジー。古いおもちゃ箱をひっくり返したみたいに、古めかしくバカバカしいいろんな世界へ連れて行かれる。テリー・ギリアムの象徴的作品。日常を忘れさせてくれるから大好き♥
>|