インランド・エンパイアの作品情報・感想・評価

インランド・エンパイア2006年製作の映画)

INLAND EMPIRE

製作国:

上映時間:180分

ジャンル:

3.5

「インランド・エンパイア」に投稿された感想・評価

ぽー

ぽーの感想・評価

3.1
わけわかんないけど、不思議と引きつけられる。眠くならない。

オートマティスムって手法で作られたらしい。とりあえず思いついたものをぶわーっと作って、つなげる。それなら納得。演じるってすごい。
いや、わけわかんないんだろうなと
身始めてみたら意外や意外と
ということもやく
わけわかりませんでした!
P

Pの感想・評価

-
圧倒的な体験。鑑賞中に様々なストーリーが思いついては消えた。頭の片隅で何か判然としないもの同士が繋がりあっては、これもまた消えた。記憶や着想が澱のように沈むとすれば、その量は膨大なものになるだろうと思う。エンドレス・ポエトリーを観たあとと同じような、一瞬の眩暈、あの呆然と歩く感じを味わえる。完全にものにしていない、しかし凄まじい尾をひく、常に意識され今後も何度も反芻される映画となっただろう。
あと思考方法や、映画、ストーリーの構成方法に奇妙な親近感を覚えた。ホドロフスキーにはなかった感覚だが、同族嫌悪ではないがある種の居心地の悪さを感じずにはいられない。
ogate

ogateの感想・評価

3.5
訳が分からなすぎるけど目が離せない。
人の悪夢を見てる感覚。
デヴィッド・リンチ監督のインランド・エンパイアという映画を観に早稲田松竹という名画座まで足を運んだ。

劇場が暗くなり映画がはじまってすぐ眠りについてしまった。

夢の中でも同じように映画館で映画を観ていた。

夢の中で観た映画は荒唐無稽で、悪趣味で、意味不明で、自分自身でこれが夢の中だと気付いてしまうような内容だった。

映画が終わり劇場は明るくなり駅に向かい電車に乗って家に帰る。

おかしい。

こうやってレビューを打ち込んでる今もまだ夢から覚めた記憶がない。
YF

YFの感想・評価

-
とりあえず分かったのは↓

ローラダーン演じる女優が、曰く付きの映画のリメイクに出演する話と、ポーランドで娼婦になってしまった女性の話が、最初はそれぞれ別に展開しながらも、途中から互いに交差し合う。しかも、映画の中で映画を撮ってるから、余計複雑になっている。

だけ。エレファントマンから始まって6時間以上もぶっ通しで見続けているから、ストーリーがよく分からない。イレイザーヘッドほどではないが、よく分からなかったのでわ、スコアはとりあえず保留で。
顔のドアップは今日夢に出てきそうなぐらい怖かった。
いや〜遊びすぎ。勘弁してほしい。

数値化不可能。0点でもあり満点でもあるような。

というか、映画なのかどうかすら怪しい。
吉備

吉備の感想・評価

3.0
誰にもおすすめできないが名作。自分は全然理解できてないところが殆どだが、おそらく町山○浩の解説が一番的確そうなのでググることをおすすめします。
リンチ監督の映画は全部観たい。だが、この映画だけは何だか分からなかった。楽しめなかった。二回観たが、三度目はあるか?

あらすじ(うろ覚え)。
ある中年女優が、映画の主役に抜擢されるも、その映画には悪い「何か」があった。彼女の精神が徐々に壊れていく……。

二年くらい前に再見したが、リンチ監督の映画で初めて「面白くない」と思った。初めてデジタルカメラ撮影した作品らしい。「小型なのに高画質なので気に入ってる」「もうアナログには戻れない」と雑誌インタビューで読んだ気がする。その頃、製作費の関係で映画が撮れなくなっていたようだ。

映画の中でウサギの被り物があったが、何を意味していたのか。『ロストハイウェイ』(1997年)は不条理だが大好きな映画。でもこの映画は楽しめなかった。しかし「やっと観れた」という満足があったので、それも考慮して「3.5」にした。
kynka

kynkaの感想・評価

-
むずいむずい。

イレイザーヘッドの次にみたリンチ映画
描写と音の圧迫がすごいし不気味すぎ
まじで意味わからないけど3時間返せとは思わなかったから不思議だなあ

なんならまたみたい
>|