インランド・エンパイアの作品情報・感想・評価・動画配信

「インランド・エンパイア」に投稿された感想・評価

PG12

PG12の感想・評価

-
徐々にわけが分からなくなっていくが、3時間退屈はしなかった、少なくとも。
ka

kaの感想・評価

4.0
荒い画質、断片的なシーンの連続、3時間という長尺
超難解・拷問的な映画なのになぜ考察したくなるんだろう。
リンチ映画は不思議ですね。
悪夢を追体験できる映画。
Ibuki

Ibukiの感想・評価

4.3
ようやく観た。

難しすぎたけど、考察サイトに助けてもらって"取り越し苦労"の話なんかな?と自分は解釈した。
最近ヴィトゲンシュタインを読んでて、これは結構"事実"と"事態"の話なように思えた。(?)
多分各シーンの事実はそれぞれのパターンの事態として辻褄が合うように出来てるんやろうけど、もう一回パズルを完成させるように各シーン考察しながらフルで観る気力は今のところない。笑

色々考えると沼やけどやっぱリンチの映像が好き。
ロコモーション踊るとこと兎の部屋の笑い声とか、映画の全体像掴めてなくても充分感情揺さぶられた。

あと、リンチ映画久しぶりやからグレイス・ザブリスキーもお久やったけど、この人ほんまに好きやわ😂笑
 ようやく見終えた3時間のリンチワールド。

わからない映画なのに、何故か心地よい。

しかし、一度観ただけでは、評価できない。

また、挑戦したくなる一本。
eNo

eNoの感想・評価

5.0
監督いわく、人は自分で思っている以上に理解できているものなのだと。だからこそ議論できるのだと。
デヴィッド・リンチは定期的に観たくなります。

『マルホランド・ドライブ』は私的オールタイムベスト10に入る位お気に入り作品。
その系統である今作ですが、難解さを極めており話の筋がどうこうという観点では全くもってちんぷんかんぷんでした。

3時間という長尺で支離滅裂な会話、どこがどう繋がってるか分からないシーンだらけですが妙に魅力があり、意味は分からないけど好みな作品。
昼間に観たのに、
睡魔との闘いが・・・😭

これは“迷”映画の最たるもの。
ある意味すごい。

資金繰りに苦戦して(完成まで2年半)ほぼ自主制作映画になってしまったそうな。あのホームビデオ感はそのせいなのか?

長い長い悪夢のような、難解な作品。
デヴィドリンチ長編映画最後の作品。
彼のやりたいように撮ったようですね。
開始5分のウサギで脳が溶けました笑
主人公の笑顔があまりなく終始怯えたり困った感じの顔してた。
3時間画面に集中するのもキツいのに内容がこれでは拷問に近い。
娼婦たちの下ネタトークが休憩所。
唐突に日本人の英語でズッコけた。話の内容も荒唐無稽だし。
リンチ作品をいろいろ観たが、この監督でエレファントマンを普通に撮れたのが逆に奇跡だわ。
XXXXX

XXXXXの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

2021年夏のカオスを映画で体感したい!!
デヴィッド・リンチ最後の監督作品です(あくまで今のところ
今作、3時間という超大作で当時劇場で鑑賞しました。

曰く付きの作品の撮影中、超常現象が起こる。主演女優のローラ・ダーンが狂気と悪夢の世界に引き摺り込まれるってハナシです。

リンチ作品は、訳が分からないものが多いですが、今作は本当にさっぱり訳がわからない!『マルホランド・ドライブ』での成り上がりを目指す、女優の狂気を描いた筋を再利用した感じがあるかも。笑

ナオミ・ワッツとローラ・ヘリングが声の出演をした、謎のウサギ人間コントは秀逸!そして、ドライバーを刺された女や、BBQでケチャップ塗れになるおじさん、ロコモーションを踊り狂うシーンは見ものだし、パンティを燃やしたり、オッパイ丸出しなエッチなギャルたち...。クライマックスには、完全にアタマがイカれた裕木奈江の唐突な出演など...。
でも、一番怖いのはローラ・ダーンの顔芸!!
これぞ「キ印良品」と言える作品だ!!爆笑

ラストでは『8 1/2』を思わせるダンスシーンと、これぞリンチの総決算と言える作品です。今作では丸太おじさんが出てきます。爆笑

最近気づいたんですが、ローラ・ダーンに「むごたらしい殺人が起こるの!」と言い放ったキ印おばさんは、ツイン・ピークス』のローラの母親役の方じゃないですか!!
(今更ですいません

余談ですが、ようやく『ツイン・ピークス』第一シリーズのBlu-rayを少しずつですがマラソンしてます。笑 4年くらい前にBlu-rayだけ購入したものの、途中でギブアップしちゃいまして、そのリベンジを兼ねてるんです。笑
1991年製作版は29話もあるので、完走にはまだ時間がかかりそうですが、なんとか年内までには2016年製作版併せて完走したい!!
遊

遊の感想・評価

-
相変わらず訳は分からないが、リンチの映画には「自分が理解力に乏しいからついていけてないんじゃなくて、もともと訳が分からなくつくられているので大丈夫」の謎の安心感がある なので3時間飽きることなく混沌に身を預けられる
ただいつ出んのかな?ってめちゃくちゃ楽しみにしてたナスターシャキンスキーが最後まで全く見つけられなくて、ググったら日本版では出演シーンカットされてるらしくてDVD燃やしちゃった
>|

あなたにおすすめの記事