すばらしき映画音楽たちの作品情報・感想・評価・動画配信 - 362ページ目

「すばらしき映画音楽たち」に投稿された感想・評価

mikphoto

mikphotoの感想・評価

4.0
映画に音楽がなかったら、、、
沢山の人の思い、時間、技、技術でひとつの作品ができる。すごいことだよ
あひる

あひるの感想・評価

4.0
聞くだけで「あーー!!」と観たときの感動や思い出がわき出る映画音楽。条件反射に近い。映画ってやっぱり良いな。素晴らしいものが詰まってる宝物。尊い……
まー

まーの感想・評価

4.0
映画の見方が変わる一本。
他の裏方さんに焦点を当てた作品も作って欲しい。
k

kの感想・評価

-
卒論のお勉強

オーケストラのすばらしさを感じるたびにヴィオラ奏者で良かったと思うし、弾いてみたいなと憧れる
映画は音と映像の魔法。
直接声を聞く機会の少ない映画音楽の巨匠たちの話は驚きと発見に満ちています。映画ファンならば必見の作品です。
WOWOWさんで日本初公開。ありがたや。出来たら、映画館の大きなスピーカーで観てみたかった作品ではありますが。

総合芸術たる映画を形づくる要素は多岐にわたり、脚本、演出、編集、撮影、演者、ディレクション、プロップ、、などなど。音楽も、その一要素。
と、考えてしまっていた節がありましたが本作を観て、他のすべての要素が集まった全てと音楽は等価なのではないかと思い直しました。

もし、ロッキーのテーマがあの曲でなかったら?
スピルバーグやルーカスの作品にジョン・ウィリアムズのスコアが流れていなかったとしたら?
映画の出来や作品が世界に与えた影響はまた違ったものになっていたに違いありません。
また逆に映画というメディアが音楽に与えた影響を思ったり。わたし自身も今まで観てきた映画に反映されて音楽の嗜好性が形作られている様に思います。

映画は監督のもの、と思ってましたがエンドロールのジェームズ・キャメロンが語るジェームズ・ホーナーとのエピソードや、スピルバーグとジョン・ウィリアムズのシーンを観ると、最後は監督と音楽監督の共同作業で映画が出来るんだなぁ、と。

ひとつ注文があるとすれば、監督もして音楽も手掛ける人物にフォーカスが当たってないコト。チャップリン、クリント・イーストウッド。ジョン・カーペンター、、、興味深い考察になったと思うのですが。
mokomoko

mokomokoの感想・評価

4.0
流れてくるだけで脳内補完してしまう名曲の数々の誕生秘話と時代背景が興味深い・・・音楽は形の無い芸術ってコメントに納得!エンドロールも見逃せない。
藍住

藍住の感想・評価

4.0
映画を支え、色付ける映画音楽。
誰もが知っているあの映画やこの映画が沢山出てきてとても楽しかった。
映画音楽の歴史は長い。
それを紐解くだけの映画ではなく、映画音楽を作り続けた偉大な作家を一人ずつ紹介していく映画のため、入門編に良いかもしれない。
ハンス・ジマーのところで物凄くテンション上がったのは内緒内緒。
Hiromi

Hiromiの感想・評価

4.0
エンドロールが反則でした。
ドキュメンタリーなんていつぶり!
やっぱりジョンウィリアムズって天才なんだなあ〜
映画館で映画見たくなる!
”ジョンウィリアムズは神の領域だ”って。これに出てる作曲家の人たちだってすごいのにみんな口を揃えて言うのね!
作曲家のすごい人たちからしてもすごい人ならそれは確かに神だわ。はあ〜
ポッターワルツを久しぶりに弾いた!ワッハッハ!て照れて(?)笑うパトリックドイルがキュート。サラッと弾いてるのにロマンチック!
オケの収録シーンなんて工場見学みたいでワクワクした。映画好きにはたまらんね!こうやって裏側見せてくれるとさらに楽しめるよね。
こだわってこだわりまくって行き詰まって苦しんで。でも楽しいからやめられない。作曲家の人たちの職人魂もよーく伝わってきた!
わたしもそんな風に仕事にこだわりをみせたりしたい…見習わねば。
映画と音楽の関係がとってもよくわかった!これからも映画と音楽両方楽しむぞ〜!!!おもしろかった!!!
foolish

foolishの感想・評価

3.7
おもしろかった。
最近、音楽と内容が分かちがたく結びついたすばらしい映画をいくつか観ただけに(このドキュメンタリーで取り上げられたような超大作ではないけれど)、とても興味深かった。
それにしても、やっぱりテーマ曲は盛り上がる。気持ちが高揚する。すごいな、映画音楽!

あなたにおすすめの記事