すばらしき映画音楽たちの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

「すばらしき映画音楽たち」に投稿された感想・評価

感情が高まるそのとき、そこには必ず音楽が流れている。
大好きな映画をもう一度、耳をすませて観よう。
hf

hfの感想・評価

4.8
あのハンズ・ジマーも人なのだな、と彼の発言に思わず笑みがこぼれた。
タイタニックの名シーンに隠された秘密がとても素敵で、印象的だった。
yk

ykの感想・評価

4.0
「オーケストラを日常に用いる最後の人種」が映画音楽家だとハンスジマーが言っていたり、映画音楽がいかに芸術なのか身に染みた
今日観る映画は音楽も気にして観てみよう
てる

てるの感想・評価

-
映画サントラ好きとして楽しめた。
カールじいさんの音楽で視線を誘導する話など、なるほどと思った。
そしてやっぱジョンウィリアムズはすげえ。
nobuo

nobuoの感想・評価

3.9
生涯1000本目の鑑賞。リュミエール兄弟の時代から、アナ雪やワイスピ等近年の大作まで...。映画史を時系列順に辿りながら作曲家・劇伴のエピソードをインタビューとともに振り返るドキュメンタリー。
地上波で放映されるようなメジャーな映画・有名楽曲ばかり取り上げられているので、気楽に楽しく観ることができた。

アバンタイトルでロッキーのテーマ「gonna fly now」が流れ出した瞬間、これからロッキー始まるのか!?と無意識のうちにテンションが高まった。これこそが劇伴が持つ力なんですね。

個々のエピソードが濃く面白かった代わりに急かされているような気がしたので、前後編に分けた長尺で観たかった。何ならジョンウィリアムズ特集で一本分の尺を使っても良かったと俺は思う...。

大好きなタイラーベイツが、作品のイメージ通りのイケイケ野郎だったことに安心した。笑
taka

takaの感想・評価

4.5
改めて映画音楽の偉大さを実感。音楽の力で作品の魅力を爆発させる。映画を楽しむ視点がまた一つ増えた。すばらしき映画音楽たち!!!
七沖

七沖の感想・評価

4.0
〝名作に名曲あり〟
映画好きでこの作品が嫌いな人はいないと思う。

映画の印象深いシーンには、いつだって映画音楽があった。作曲家たちの想い・こだわりを追ったドキュメンタリー作品。

自分は『ミッションインポッシブル2』公開時、CDショップにリンプ・ビズキットによるテーマソングが収録されたサントラではなく、純粋にBGMのみが収録されたスコア盤を買いにいくくらいには映画音楽が好きだ。ちなみに店員さんには「こちらスコア版ですがお間違いないですか?」とレジで確認された。当時は「あえてスコア盤を買いに来たのだからそんな野暮なこと訊かないでくれ』と思ったものだが、今にして思えば気がきく親切な店員さんだった。

本作では、時代の移り変わりに応じて映画音楽の中身も変わっていく様子が分かりやすく描かれている。
『ロッキー』のインパクト、『ロード・オブ・ザ・リング』のテーマ曲の馴染ませ方、『サイコ』の音楽の有無による緊張感の違いなど、映画音楽の力を感じられる説明が目白押し。これほど考えつくされて音楽が作られていたとは!
昔から分かっていたこととはいえ、やはりジョン・ウィリアムズは偉大だった。同業の作曲家たちがこぞって彼を絶賛している様子を観て、改めてジョン・ウィリアムズの凄さを認識できる。

観たことがない映画がいくつか引用されていたので、近いうちに観てみようと思う。映画音楽の素晴らしさを再認識できただけでなく、新しい映画との出会いすら運んでくる素晴らしい作品だった。


ちなみに自分がベスト映画作曲家を5人挙げるとしたら、ジョン・ウィリアムズ、ハンス・ジマー、エリック・セラ、伊福部昭、服部隆之…だろうか。
こういう視点で映画観ると更に楽しくなりそう。すげえなぁの一言。
320

320の感想・評価

3.0
180415
BGM。映画音楽の魅力や進化を感じる事が出来る。
人は映像を主に見ていて、流れる音楽に意識していない。
しかし、音楽が無意識にその映画に人をその場面に引き込ませる。
その音楽を聴けばその映画を、その映画を観た時の優しさや緊張や恐怖を思い出させる。一瞬であの時に引き込まれる。
wai

waiの感想・評価

4.2
想像以上に面白かった!
この人が担当してたのね!っていう発見もあったり、本当にいろんな映画が観たくなる。
名曲がずっと流れてるから作業BGMにもいいと思う。
>|