すばらしき映画音楽たちの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

「すばらしき映画音楽たち」に投稿された感想・評価

スピルバーグがウィリアムズにこんな感じって2音だけの音楽聞かせられて冗談だよね?早く本当の音楽聞かせてくれよってなってたらウィリアムズはガチだったって逸話めちゃくちゃ好きですw

映画の世界観を作り上げる上で欠かせないものの1つ、「音楽」。

サイコのあの曲やジョーズのあの曲は正しく秀逸だと思う。
グラディエーターの冒頭のシーン、1分くらい続く麦畑と手だけの映像が意味を持つのはあの音楽との調和が完璧だからだといつ見ても思う。

映画音楽にルールはない。『深い森がある』と書けば想像する景色は人それぞれ。1つの脚本を15人の音楽家に渡せば15通りの世界観が造られる。

視覚から与えられる映像は聴覚から与えられる雰囲気で世界が固まる。
音楽の世界から遠ざかって10年以上経ってしまったけれど、これを観て再び表現者にまわりたいなという気持ちになった。

けど、後半の方で「曲がまだ完成してないのに街に映画の看板が掲げられる。まだ途中なのにと思いつつ通り過ぎる」とか「あと2週間半で残り半分終わるのか」とか「社運がかかってる、しっかり頼むぞって言われたけどやる気なんか出なくてただ恐ろしい」とか「アルマゲドンのときジェリー・ブラッカイマーに期限までの日数を刻む時計を渡されてずっと目の着くところに置いてあった」とか作曲者が口を揃えて締切怖いって頭抱えてる闇も見れて思わず笑ってしまったw


ブライアン・タイラーのコメントから、エンドロールのジェームズ・ホーナーを偲んでのジェームズ・キャメロンの話が心に染み入りすぎて泣いてしまった。
サイコをあのBGMなしで見ると凄くショボく感じたことに驚きを隠せなかった。
映画における音楽の重要性を改めて感じました。
AmiSakai

AmiSakaiの感想・評価

4.0
素晴らしい映画音楽たちだった。
映画好きな人にはたまらん作品。映画への音楽の影響って凄いんだなあ。スターウォーズとかパイカリとか、もうそれでしかない。わくわくわくわく。
ドキュメンタリーだけど夢中で観てた。映画いっぱい観てる人にはぜひ鑑賞してほしい。でてくる作曲者たちそれぞれ言動も考え方もかっこよすぎる。エンドロールのラストのクレジットも感動した。
自分がなんでソーシャル・ネットワーク好きか分かった。音楽がバッチリなとこだ。
"Power of music is exactly power of movie."音楽の力は、まさに映画の力そのものである。

ーAkirunaway Filmarks(1977〜)

かの映画鑑賞家アキラナウェイ・フィルマークスが残した言葉から幕が開けるドキュメンタリー映画(嘘)。

近所のGEOにないから遠くのTSUTAYAまで借りに行ったよシリーズその①

素晴らしい映画には素晴らしい音楽がつきもの。その音楽の魅力を存分に堪能出来る93分。

映画の父と呼ばれたリュミエール兄弟によるサイレント映画にも、劇場でオルガンによる音楽が奏でられていたと言う。映画の黎明期から現代に至るまで、映画音楽の変遷を辿る。

20世紀FOXのファンファーレ、好きだなぁ。

やはり印象的なのはジョン・ウィリアムズ。ジョーズ、E.T.、スター・ウォーズ、インディ・ジョーンズの名曲達を名場面と共に聴くと涙が出そうだなぁ。あ、スター・ウォーズ EP1 ファントム・メナスは好きになれないんだけど、「運命の戦い」は好きだ。

多くの作曲家達のインタビューで構成され、ロッキーや007、スーパーマン、バットマン、ロード・オブ・ザ・リング等名作の映画音楽を振り返る。

これまでは目を凝らして映画を観てきたけど、これからはより一層耳を澄まそう。それは作曲家達のインスピレーションと産みの苦しみから生まれた珠玉の音の粒たち。奏でられるその美しい調べに酔い、力強いリズムに鼓舞されよう。


余談ですが、娘の小学校最後の音楽会での演目は、この度パイレーツ・オブ・カリビアンに決定したとか。

娘よ。

ハンス・ジマーの魂を受け継ぎ、心置きなくその音を奏でるのだ!!
映画は音楽があってこそなんだな、と改めて実感した。この作品を通して、ハンス・ジマーなど実力のある人でも行き詰まったり、プレッシャーがあったりと我々と同じ人間なんだなと感じた。ただ努力の数が違うだけ。


世の中の全ての物が音楽に変わる。”映画音楽にルールは無い”の言葉は心に響く。


音楽だけじゃなく、美術や衣装などたくさんの人が携わり、作っていると思うとこれから映画の見方も変わってくる。
ちろる

ちろるの感想・評価

4.5
もし、ジョン ウイリアムズがこの世にいなかったらスターウォーズがここまで人気のある作品になっていたのか、ETのあの自転車のシーンであんなに感動できたのか、ジョーズがヒット作になっていたのか。
映画にとって「映画音楽」という演出部門は切っても切り離せない。
なのについ、レビューを書くと映画音楽について後回しにしてしまい、映像だったり、衣装だったり視覚で感じたものについて書いてしまいがちだ。
映画作品にとっては監督や脚本が父親ならば音楽は母親のような存在で、父親が作り上げた家を彩り、演出してさらに極上の家庭を作り上げる。
監督は脚本も兼ねることは出来るけど、映画音楽はその道のプロしか手がけることのできないなんと夢のある仕事なのか!
ジャズ、クラシック、ヒップホップ、時に民族音楽や身近なものを作った創作音だったり、ハリウッド映画における音楽はボーダレスで無限大だ。
このドキュメンタリーを観ると、また一度観た、あの名作も、あの名作もまた見返そうと思い立つ、今度はもっともっと音楽に注目しながら。
もみた

もみたの感想・評価

4.5
プロだなぁ。
自分が鳥肌立たない作品で他人が鳥肌立つことなんてないみたいな言葉あったけど、その通りやなって思いました。
攻めの姿勢を忘れちゃダメね。
M

Mの感想・評価

4.7
やっと観れた!

何気なく耳にしている映画の中で流れる音楽。その音楽たちがいかに映画の作品自体を左右するか。普段は特に考えずに聴いているけど、その音楽が、曲が、映画を象徴するものとなり、作品全体の要になる。誰もが耳にしたことがあり、聴くと作品を思い出す。そんな音楽を作るってものすごいこと。映画好きの人間として、尊敬と感謝。

映画館のトイレの個室にこもって映画を見終えた観客が何人音楽を口ずさんでくれるか聞くことがある、っていう作曲家のストーリーが好きだった。

改めて映画というものに魅了された。映画館で観たかった、という後悔を込めて評価は4.7です。
A

Aの感想・評価

5.0
音楽の身体性、神秘性に気付く。映画音楽の成り立ち、ひとつの映画音楽にかける想いや過程に鳥肌が立った。すごい。Amazing!
>|