すばらしき映画音楽たちの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

「すばらしき映画音楽たち」に投稿された感想・評価

suna

sunaの感想・評価

4.0
現実世界でもここぞという場面場面で最高な音楽を流すことができれば、きっと銀幕のなかのひとびとのように煌めきながら生きてゆける
Takumu

Takumuの感想・評価

4.5
思ったよりずっと良かった。

あの有名な映画音楽たちがどうやって生まれたか、それはなにをもたらしたか、歴史と共に知ることができる。映画音楽に対する知見も広まったし、秘話も聞ける。好きの度合いは関係なく「映画が好き」っていう人みんなにおすすめしたい。

今まで、映画っていうと映像作品である、というイメージがあったが、自分でそう思っているよりテーマ曲や、各シーンでの音楽は潜在的に残っているものだと気づいた。もしかしたら映画を構成する要素の半分以上は音楽なのではないか。

「音楽の力を開拓し続ける。」
unless2u

unless2uの感想・評価

4.4
トレントとアッティカスが出てるから見るかー。程度で見たらメッチャ面白かった。

メジャーで革新的な音楽家や時代の変化等、非常に分かりやすく解説されていて実にタメになる。

スタジオミュージシャンが楽譜を初見で弾くってのはスゲー!って思ったけど、それって制作スケジュールがキツキツ&楽譜が下りてくるのがギリギリだからなのでは…

あと綺麗なダニー・エルフマンが見れて良かったです。
在中オルガン奏者,カリンバ,めまい,鳥肌変化,眼球90分2万1000回,スピルバーグ・ジョン・ウィリアムズ,バグルス
2020/8/30 Amazon Prime Video HD 5.1ch
最高でした。
映画を観れば観るほど
音楽の大切さを感じます。
クラシックをたまに聴くようになったのも
映画がきっかけで
60年代のロックを聴くのも
そうだと思います。
きっと気付かないうちに
影響を与えているのが音楽ですよね。

すごいのは分かっていたけど
やっぱり、ジョン・ウィリアムズは
エグい。
見てて飽きないです!
3時間くらいのドキュメンタルにして欲しいくらい!
PikKa

PikKaの感想・評価

-
映画界を代表するような有名作品の「音」に纏わるドキュメンタリー。

映画に出てくる「音」は、作品の添え物やオマケではなく、観客を物語の世界に誘う役割がある。
物語や登場人物の感情や運命に表情を持たせたり助けたりもする。
語り継がれる音楽も多く、サウンドトラックCDの存在もあるほど、映画から音楽は切り離せない重要な存在。

本作では音楽だけでなく効果音などについてもスポットライトを当てていて、今ではデジタルで机上で何でも手軽に早く生み出すこともできるけれど昔ながらの手作業に拘っている音のプロフェッショナルたちのこだわりなどは見ていて楽しいです。

ピアノなどの楽器を屋外に持ち出しての演奏と録音では風の音も入り、自然との調和という実験的な光景も。

『マッドマックス 怒りのデス・ロード』の音楽は7ヶ月という製作期間だったり、短くシンプルなモチーフでも人の心を掴む音の魅力(『未知との遭遇』の、レミドドソなど)を解説していたり。

多くの人が聴いたことのある20世紀FOXファンファーレに纏わる裏話なども面白いです。

神経科学、心理学、物理や工学分野からのエキスパートたちも音や音楽がもたらす影響などをその分野からの切り口で説明していたり、学ぶことも多い演出になっています。


「ほとんどの映画監督は
感情を音楽に変換できない
だから作曲家は
セラピストのように
監督の言葉から
意図をつかむ必要がある」

ジェームズ・キャメロンのこの言葉が印象的でした。
春

春の感想・評価

-
初めてドキュメンタリー見たけどこういう映画もいいですね。
映画音楽の作曲家も恐るべき才能を垣間見ることができた。
スター・ウォーズ信者としては、ジョン・ウィリアムズの曲を聞いたら涙が出てくるよね。
久しぶりにいいドキュンタリーを見た。

楽しいおしゃべりは何時間だってできる。言葉の裏に気持ちを隠せるから。でも音楽の前では、心の中を曝け出している。だから、怖い。

世界中、誰もが口ずさんだことのあるメロディ。その作曲家の人間らしさも垣間見える弱い部分と、音楽に多くの人が携わり、私たちの元に届けられているという奇跡に涙が出そうになるドキュメンタリー。

世界中の映画の中で私が見た映画なんてたった数%。それにも及ばないかもしれない。
でもその中に忘れられない作品も、励ましてくれた作品もたくさんある。その中の一つ一つにこうしたエネルギーが入っていることを知る。それに意味がある。

現代にオーケストラというものがなくなってしまったら、恐ろしい文化の損失だと思う。たくさんの魔法をかけてくれている音楽を、作曲家や専門家が豪華に解説。

この作品を見たら映画も映画音楽も、もっと好きになる。もしかしたらもっともっと新しい世界を見れるんじゃないかと思える至高の作品。

見入ってしまって体感10分。映画の面白さ恐ろしや。
>|

あなたにおすすめの記事