猫が教えてくれたことのネタバレレビュー・内容・結末

猫が教えてくれたこと2016年製作の映画)

Nine Lives: Cats in Istanbul/Kedi

上映日:2017年11月18日

製作国:

上映時間:79分

3.6

あらすじ

「猫が教えてくれたこと」に投稿されたネタバレ・内容・結末

タイトルの割にはびっくりするくらい何も教えてくれません!!

猫好きがさらに猫を好きになるための映画 とにかく猫かわいい それ以外の感想あまりないけど
「神様は他のものに姿を変えて現れる」って考え方はなるほど面白いな〜と思いました ただしそれが猫とは限らないんだけどね

束縛の激しい雌猫が可愛かった
お腹いっぱいで途中( ˘ω˘ ) スヤァ…
・敬虔深いイスタンブールの方々が、いろんな理由で猫に優しくしてて、みんなが自分のできる範囲で頑張っている姿に心打たれた
・犬は人間を神だと思っている、猫は人間を神の代理人だと理解している:猫犬の差はこれか
・開発と野良猫の住処の確保、考え続けなければいけない問題で、インタビュイーが自分のことのように考えている姿勢が素晴らしかった
ネコは最高
ネコババは最低
ドキュメントはまあまあ

結果はどうであれ子猫がどうなったかは知りたかった。

病院つれてってその後を写さないなら入れなきゃいいのに。
イスタンブールの野良猫たち。
愛されていますね。
コレは猫を主題に映し出しながら、真に映し出されているのは、人間です。
時に弱く、時に寛大で。私達が生きて行くのに本当に必要なのは、便利さや、近代化なんかじゃなく、個々の個性を殺さないで、助け合いながら自然と一緒に自由に生きて行く事。
開発の名のもとに老朽化した美しい街が壊されてビルが建って行く。
野良猫たちの行く末を心配する住人達。
でも住処を失うのは猫たちだけじゃない。そこに生活している彼らの住処も、生活もまた変わる。
それに馴染んで行けるのか・・その不安も抱えている。
人間が人間らしく暮らせなくなることを危惧している。
この街だけの問題じゃ無く。世界中に向けて。
猫たちは凄く可愛くて、逞しくて、魅力的でした。
・トルコのイスタンブール、そこらじゅうに暮らしている野良猫たちの映画
・主役はネコだけじゃなく、実はイスタンブールという街そのものと、そこに暮らす人々。つまり社会。
・そのリンクが面白い
・イスタンブールの何気ない風景、ネコ、イスタンブールの空撮が、ゆったり時間を贅沢に使いながら流れる
・ネコがいたからこそ生きてこれた人、生きてゆける人
・世話をすることで救われる、という話は、『永い言い訳』で池松壮亮が言った免罪符の話をおもいだす
・街の再開発でネコのすみかの危機
・単純にネコかわいい
・ネコがイスタンブールに根付いた経緯が面白い。古くは船の中のネズミ退治役。船から降り立ったネコが繁殖。下水道でどうのこうの〜