猫が教えてくれたことの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

「猫が教えてくれたこと」に投稿された感想・評価

トルコの風景と、たくましくてかわいい猫の姿にとっても癒やされる。
さらに耳慣れないトルコの言葉、歌…意味を知らない言葉を聞いてるのがやっぱり好きです。

伝統的に見えるトルコの街並みにも、近代化の波が来ていて、それを不安に思いながらも変わらず猫を愛しながら生きている人たち。
街から猫がいなくなる、と言っている人もいたけれど、この映画に出てくる猫たちは本当にたくましく生きていて、案外なんとかなるんじゃないかなって思えた。(とはいえ、あの街並みは残してほしい)

ものすごい強いメスの白黒猫が出てくるのだけど、それを「巷で評判のサイコパスさ」って表現してて笑った。猫のサイコパス。
観たらきっとイスタンブールに行きたくなる。
猫は神を信じてるって話がよかった
いつまでも野良猫がのびのび暮らせる地球であってほしいな
Lovemovy

Lovemovyの感想・評価

3.0
NHKの世界ふれあい街歩きみたいな、ぽわんと観て楽しめる。猫好きな人はたまらないだろうな。トルコでの言い伝えや、猫や人間に対する考え方で初めて聞いたことが妙に納得できて、興味深かった。

この後に「シェイプ オブ ウォーター」観たけど、素敵な作品だけど、その順番での観賞はお勧めしません…。
いろんな性格の猫たちがいてもう人間と同じくらい表情があって癒されました♥️
ダダ

ダダの感想・評価

3.5
猫 猫 猫…猫だらけ! 時々 犬。
私はガムシズが お気に入り。
あぁ〜!猫触りたい!!
・ひたすらに猫を堪能出来る夢のような作品
・丸ごとネコチャン
・スゴく良かった
・シリーズ化希望
ha7ta6

ha7ta6の感想・評価

3.0
目尻さがりっぱなし、口角上がりっぱなし〜でした。子猫が死ぬシーン以外は…。
彼らにとってイスタンブールは天国のよう。日本じゃ考えられない。
自分も何度ネコに癒されて来たことか。
にら

にらの感想・評価

-
トルコのイスタンブール 生活している人々にとっての"猫"の存在は、息をするように普通のこと
ただ飼い猫ではなく野良猫。飼ってしまったら猫らしさを失う。
人々はジレンマを抱えながら、いつまでもここに居座ってもらうべく、この映画を作ったのではないかな…
野良猫を観察してみるのも面白いかもなと思わせるそんな作品。
幸せを運ぶクローバーならぬ、"幸せを運ぶ猫"
とも

ともの感想・評価

5.0
トルコ🇹🇷イスタンブール
ネコちゃん🐈のドキュメンタリー。
ネコちゃんは野良なんだけど可愛がられて人間もネコに癒されて、まさに共生。

可愛い仔猫
一匹狼だったのに子ども産んですっかり肝っ玉母ちゃんになった子
ネズミハンターの子
ツンデレちゃん
ちょいワルオヤジぽい子
さまざまで見てるだけで癒される〜〜
中でも旦那には冷たくご飯も自分の残り物しかやらないくせに、他の女の猫が旦那に近づくと、ヤキモチやく太っちょ猫かわいかった(^ ^)

人間がみんないい笑顔で猫ちゃんと暮らしている。でも都会化で、だんだんと野良猫のすみかも減っていってる。でもオスマン帝国の時代からネズミに困ってた人間を守ってくれた猫ちゃんの為、なんとか共生の文化を守りたい!そんな思いの伝わるいい映画でした。

むずかしいことは何もない。
動物好きにぜひ見てもらいたい。
dolly

dollyの感想・評価

3.3
トルコのイスタンブールで住民とともに生活している猫たち。野良猫が主だがどの猫も街の住民として認められているところがいいね。ところかまわず歩き回るが、誰も追い立てることもせず、猫の体を触ったり撫でて可愛がる。猫にとってこんないいところはないだろwww
全般的に、イスラム教の雰囲気とそれに猫たちがマッチングしていてなかなか風情がある映画でしたよ。
>|