猫が教えてくれたことの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

猫が教えてくれたこと2016年製作の映画)

Nine Lives: Cats in Istanbul/Kedi

上映日:2017年11月18日

製作国:

上映時間:79分

3.6

あらすじ

生まれたばかりの子猫たちにエサをあげるために市場の食べ物を狙う虎猫の「サリ」、なでられるのが大好きなメス猫の「ベンギュ」、レストラン近くに住みネズミ退治を仕事にしている義理堅い性格の「アスラン」、喧嘩が強く、旦那を尻にしいているくせに嫉妬深い「サイコパス」、下町の市場に住み、そこで働く商売人や客たちと触れ合う看板猫の「デニス」、遊び人風で周囲の大人たちの心を虜にする「ガムシズ」、高級なデリカテッ…

生まれたばかりの子猫たちにエサをあげるために市場の食べ物を狙う虎猫の「サリ」、なでられるのが大好きなメス猫の「ベンギュ」、レストラン近くに住みネズミ退治を仕事にしている義理堅い性格の「アスラン」、喧嘩が強く、旦那を尻にしいているくせに嫉妬深い「サイコパス」、下町の市場に住み、そこで働く商売人や客たちと触れ合う看板猫の「デニス」、遊び人風で周囲の大人たちの心を虜にする「ガムシズ」、高級なデリカテッセンにいつも美味しいエサをもらっている礼儀正しい「デュマン」――古くから猫の街として知られるトルコの古都イスタンブール。生まれも育ちも全く違う、7匹の個性豊かな猫を軸に、イスタンブールの人々と猫の幸せな関係をとらえたドキュメンタリー。

「猫が教えてくれたこと」に投稿された感想・評価

み

みの感想・評価

2.7
個性的なイスタンブールのねこたち
それぞれにキャラクターがあって、かわいらしかった

街のどこそこにねこのためのエサや水が置いてあったり、餌付けをしている人がいたり、現代日本の感覚では信じられないけれど、イスタンブールという街の雑多さ、鷹揚さが街にねこがいる風景を許してくれているのかなと思いました
街がもっと発展したらそれも厳しくなるのかもしれないですね

ねこ派なんですけど、風邪薬飲んで観に行ったらちょっとうとうとしちゃいまして
静かで、安心して観られる映画ですよ、ということです
TAKA

TAKAの感想・評価

4.2
2018-056-048-008
2018.3.4 塚口サンサン劇場 Scr.4

・猫目線(^_^)
・猫と人と街の共生(* ̄∇ ̄)ノ
・エキゾチックな街並、セルリアンブルーの空
猫に会いに行きたい(^_^)

素敵な映画でした。(^_^)

ありがとう塚口サンサン!(* ̄∇ ̄)ノ♪

今回は、いや今回も本当に感謝(^_^)
ストーリーは追記。に(笑)

ホントに色々素敵な映画でした。

何が素敵かって・・・

西洋と東洋の入り交じったエキゾチックな街並み、音楽の中で、

まずは猫目線(地上10㎝)。
新鮮でしたねぇ~♪
子供の頃ってこれに近い目線だったのかな。
流石に10㎝ってことはないけどf(^_^;

そして改めて、
人間以外の「共生者」の存在を再認識出来た気分になりました(^_^)
意外に大事なことかな。
ちょっと大袈裟かもしれないけれど。

そして街と人と猫のありよう。
これが本当に素敵だった(^_^)

本作に出演してる猫って、基本的に野良猫なんですよ。
そこがいい!( ̄▽ ̄)b!
野良猫ってのが。
猫は気高く自由でないとね(^_^)

そして野良猫ではあるんだけど、
・あの娘はお腹が減ったらウチにくる
・店の邪魔にならないようにじっとしてるけど、エサが欲しいとノックしてくる
・子供が生まれてからハンターになった
・来ないと心配。
etc.etc.・・・

人間は猫の性格やHISTORYも熟知していて、猫の方も人間各人の個性を分かってる(^_^)

街全体で猫を飼ってる。
そんな感じ。
凄い素敵に思いました(^_^)

猫が居なくなったら(住めなくなったら)この街は終わる。
そんなこと言う人まで居た。(^_^)

人間以外の「共生者」と共に生きてる。
いや実際結果的にはそうなってるんだけど・・・
それを受け容れて関係を大切にしてる。
それが本当に素敵に思えたな。

・・・ちょっと持ち上げすぎ?f(^_^;(笑)

そもそも何でそんなに猫が多いかっていうと、オスマントルコが繁栄してた時代に、イスタンブールは国際的な港町として栄えていた。
そしてその頃の船は、ネズミ捕りの為に猫を一匹乗せておく風習があったらしい。
そうやって船にのってはるばるやって来た猫達が長い間にイスタンブールに居ついてしまって、いつしか猫が多い街になってしまっていた。
経緯も素敵だな(^_^)

街で猫と人間が一緒に生きているってのは、ある意味理想像だなって。
そう思えました。

勿論辛いこと言ってる人も居ましたよ(^_^)
特に綺麗なオフィスで働いてる人とか。

だけど総体的には、猫と人が共に暮らす街だなって、素直にそう思えた。
素敵だなって。

イスタンブールと言えば、
エキゾチックな街並みとセルリアンブルーの空、そういうイメージだったけれど、
猫に会いに行きたいな。
そう思いました(^_^)

追記。
・多分トルコ映画って初めてだったんじゃないのかな?
なんて思ってクグってみたら、
「ミルク」と「蜂蜜」
は観てたかな(^_^)

・(日記パート・笑)
猫目線ってのに惹かれて観ようと思ったら上映終了。
京都シネマは満員。
あぁ!そんなときも塚口サンサン!
(* ̄∇ ̄)ノ♪
だけど時間が合わない・・・( ̄▽ ̄;)

長崎で映画2本(麦秋、シェイプオブウォーター)観て伊丹空港へ。
そこから塚口へ直行して本作を鑑賞。
ハードだったけど、行って良かったです(^_^)
miyabi

miyabiの感想・評価

3.5
完全に ドキュメンタリー映画だよね⁉️
ただただ、猫が❗
イスタンブール。
あの ライオンみたいな たてがみの 猫が 立派‼️あれ 可愛いな❗
でも、やっぱ うちの ミャーコが、一番 可愛いな‼️
AyakaGoto

AyakaGotoの感想・評価

3.4
トルコのイスタンブールにこんな猫がいるのかという驚き。すべてのカットがポストカードみたいな映画!笑える箇所が多かったのはわたしが猫好きだからだろう。イスタンブールがいちいち素敵すぎて旅行してるみたいな感覚になった。終始癒されました、猫好きじゃないとたぶん辛い。猫に神を見出す考え方、日本的
おみ

おみの感想・評価

4.4
吉祥寺に新しくできた手作り感満載の映画館で。やっとみれました。

社会問題ともっと絡めてくるかと思いきや意外に普通に猫映画です・笑


可愛い💛
2moon

2moonの感想・評価

3.7
トルコの猫ドキメンタリー
なんとも大らかな街の人々と、野良として自立している?猫達の個性がキラキラしている。そんな人と猫の交流が素敵だ。
残念ながら失われつつある情景と知りトルコに行ってみたくなった。
犬は人を神だと思っているが、猫は人を神の代理人だとわかっている。
猫は人を目的によって選ぶ。撫でてくれる人、ごはんをもらう人、泊まらせてもらう人。
猫は何もしてくれない。
猫に見返りを求めてはいけない。

猫の性格は街との関係性によって変わる。
街で猫を見つけるとドラクエで宝箱を開けた時のような気持ちになる。うまく撮影できるとセーブできた気持ち。
めぐろ

めぐろの感想・評価

2.6
イスタンブール×猫
なんて、どっちも好きな私は見ないわけには!!と思って言ったけれどもまさかの途中で眠った。ドキュメンタリーにしてもひたすら猫が動く姿を流すだけ。

猫の自然な姿=テンポへの配慮はない、なので仕方がないのだろうけど。
ずん

ずんの感想・評価

3.7
イスタンブールの野良猫と人との繋がりを捉えたドキュメンタリー
街の通りには猫専用の飲み水があったり猫にとってはとても住みやすそうな環境だった
猫に救われたと話す人々から猫への愛を感じる暖かい映画でした
何匹かの猫に密着してましたが中でも私の推しはデュマン!
店の中には絶対入らず外のガラスにカリカリしてご飯をくれアピールする、紳士だけど猫らしい姿に惚れました
dita

ditaの感想・評価

3.0
@塚口サンサン劇場
上映前に飛んでイスタンブール流れてるかと期待したけど流れてなかった←当たり前。猫はみんなかわいいけど、ちょっと猫の行動に意味を持たせすぎかなぁとか共存通り越して依存になってるんちゃうかとも思ったけど、ネコinトルコってことなら納得。
>|