ビッグの作品情報・感想・評価

「ビッグ」に投稿された感想・評価

りつよ

りつよの感想・評価

4.2
子どものまま大人になっちゃう感じのトムハンクス、フォレストっぽさを感じた!
個人的には、「忘れてた子どもの気持ちを取り戻す」というよりは、「大人に染まってしまいそうな自分を引き止める」って感じの影響をうける(まだ大人になりたくないと思ってる…)

スーザンはあんまり好きじゃなかった。
子どもの感覚が正義だとしたら、女は悪影響だなって思ったけど、でも逆にいい意味でも男を大人にするのは女なんだな…ってなった。
どっちがいいっていうのは、無いと思う、、

3ヶ月歳上のビリーが頼れるいいやつで好き!!!!
ニューヨークに来たときのこわいホテルで泣いちゃうシーンと、おもちゃ屋さんではしゃぐシーン、トランポリンも良かった〜

ゾルターやってみたい、巨乳になれますように……
こじ

こじの感想・評価

5.0
最後が切なくて泣けた。

トム・ハンクスの子供の演技がすごいうまかった。


本当は中身が子供の主人公が言ったセリフと

それに対する大人の女性のヒロインのセリフが

うまくすれ違っていて

会話として成立させているのが

脚本としてすばらしかった!
心があたたまる。子供心を忘れない大人になりたいって思える。ピアノのシーンは本当にかわいくて大好き。
たぶんトム・ハンクスは、どこかで「ゾルダー」を見かけて願掛けしたんだと思う。ビッグになりたい!とかなんとか。
でもってスピルバーグから声かけられるとかオスカー獲るとかしたんだ。
でも、ときには昔が懐かしくなってあちこち探してみるんだけど「ゾルダー」はもう見つからないんだ。
たぶんね。
全体的にはファンタジーっぽくて万事主人公に対しては都合がいい事ばかり起きる。笑えるシーンもあった。

印象的だったのは足でピアノ弾くシーンと、親友のビリーが中身まで大人になってしまったようなジョッシュに失望するところ。

スーザンが可愛くて善人なだけに、作品通して彼女の扱いはちょっと残念だったかな。最終的に騙されてるし捨てられてることに変わりはないしね。ジョッシュは悪くないんだけど、ジョッシュの都合なんてスーザンには関係ないからな。
彼女はこの作品で一番まともな大人だと思う。

あと、ジョッシュが大人になるまでの時間配分が長くない?
子供の生活を映してから突然大人になる、っていう手法なんだろうか?
その割には大人から子供に戻りたいと思った時への伏線とかもなかった気がする。
カメラを止めるなと同じく最初で飽きてしまった部分はある。その後おもしろいポイントもたくさんあるんだけどね。

…最近映画に対して批判ばっかりしてる気がする。荒んだ精神状態だからか?
こんな内容だから知人に対してフィルマークスやってるってことを言い出せない(笑)
AYAKO

AYAKOの感想・評価

4.5
大人になって観たい映画。ピアノのおもちゃを一緒に脚で奏でるシーンが個人的にとても好きでした。最後ちょっとうるっときました。
主人公ジョシュの親友ビリーがしっかり者過ぎて驚愕…ビリーがいなかったらジョシュは警察に捕まってそうなくらいの保護者感。
一番印象に残ったのは、ジョシュが初給料を貰ったときに金額まで大声で叫ぶシーン。妙に4月の私と重なるところがあってほっこりした。
所々に笑いを含んだ作品で、友達を交えて再度観賞したい!
あお

あおの感想・評価

4.0
笑わせるシーンや、楽しめるシーンの盛り込み具合が絶妙でした。大人になると子どもの時の気持ちとか、純粋に楽しむこととか、忘れちゃうんだよなって、大人の世界に染まってしまった自分にはっと気づかされた気分。ラストがちょっと切ない。
子供心を忘れない大人になろう
皮の手袋を付けている女性は魅力的
観ている間、ずっと楽しい気持ちにさせてくれる作品。
ちょっと切ない終わり方もまたいい。
>|