フィアー・インクの作品情報・感想・評価

フィアー・インク2016年製作の映画)

Fear, Inc.

上映日:2017年07月24日

製作国:

上映時間:92分

2.8

あらすじ

ホラー映画フリークのジョー・フォスターと彼の友人たちは、顧客に人生最大の恐怖を提供するFEAR、INC(フィアー・インク)に就業登録する。そしてジョーがある“恐怖の提供”を仕掛けた時、彼とその友人たちを巻き込んで、異常なまでの命を懸けたホラーゲームが幕を開けるのだった。

「フィアー・インク」に投稿された感想・評価

怖いのが大好きなニート男が、恐怖を提供してくれる会社、フィアーインクに興味本位で依頼の電話をかけてしまう。予約がいっぱいだ、と断られるが、突然近所で殺人事件が起きたというニュースが流れる…

とりあえず主人公の男が逆玉の輿のニートなんだけどほんとに情けない。
あとわざとなのかもしれないが、演技がすっごい下手な気がする(笑)


ストーリーはがっつり読めてしまうので何かやりながら片手間で見るぐらいの気軽さがおススメです。



ネタバレ




13日の金曜日やソウのオマージュ(と言っていいクオリティかは分かりませんが)があったのはちょっと面白かったですが展開が読めすぎたのがちょっと残念。
あとフィアーインクの従業員?がなんかザコっぽいのも残念。もっと気味悪い感じかと思ってた〜
最後普通に殺しちゃうのもうーん?
ジョーが僕、フィアーインクに就職する!とか言ってくれた方が面白かった
あと彼女のお父さんの会社が実はフィアーインクでした!とか。

なんか色々明らかにしすぎな終わり方だったなぁ〜と思う。
ホラーもしてもコメディとしてももう一つな仕上がりでした。
きり

きりの感想・評価

2.0
主人公にイラつく系が苦手なのでダメでした。
他の人も言うように企画だけは良いと思う。
依緒

依緒の感想・評価

2.0
ワハハハハハハハハハハハハハハ
こりゃひどい。゚(゚ノ∀`゚)゚。アヒャヒャ

ホラーマニアには、そうそう!これはあの映画でぇ、ここはあれだよねー( ´艸`)ムププ
なんて楽しめるけど、
けど、それだけ。
ストーリーが読めちゃうから、まぁ暇な時に流し見で。

ヒモダメ男のダメっぷりをご堪能あれ(笑)
主人公がホラー映画好きニートなので、様々な名セリフや小ネタが飛び出すわけだが、ラスト、とある男が「俺の好きなセリフだ。」として言うのが……。

「お前は病気だ。俺が薬だ。」

コ、コ、コブレッティ!!!!

2018年、またしても"コブライズム"を受け継ぐ作品に出会ってしまった…。
(1作品目は『デンジャラス・ミッション』)

しかも、散々ホラー映画ネタできてたのに、オチは『コブラ』っていう演出がね、監督わかってるね!

何はともあれ、全世界、全人類皆、コブラの血が脈々と流れているということか…。
だとしたらそろそろリメイクしてくれないかな。ベン・アフレックか、クリス・エヴァンス辺りで。
ENSAN

ENSANの感想・評価

3.2
恐怖体験を提供する『FEAR,INC.』に興味本意で恐怖を発注してしまったホラー映画好きな主人公ジョー、次々とおかしな事か起き始めていくが作り物のドッキリなのか本当に起きてしまった出来事なのか訳がわからなくなるジョー…

見ている側は(むむむ、どっちに転がるの?え?どっち方面?)と段々ハマっていく仕掛け、何点か『え、どういうトリック…?』と腑に落ちない事があったのがおしかった。

最後の最後になって直前まで頭の中で鳴っていた『スタードッキリマル秘報告』の「デッデレー♪笑」が止まる笑
mori

moriの感想・評価

1.5
ギャグなのかマジなのかよくわからない中途半端な映画。見る価値ないかなぁ…
ホラー映画オタクの主人公(バカ)は
刺激を求めて恐怖体験を提供してくれる
「フィアーインク」というイベント会社に連絡を取ってしまう…

シャイニング?スクリーム?ジグソウ?…なぜかどこかで見たことあるような面々が次々と自宅に襲撃してくるが

「凄い!これは「ゲーム」なんだ!ファッキンデビッドフィンチャー!!」

怯え戸惑うどころかむしろその状況を楽しみはじめるのだが…


デビッドフィンチャーの「ゲーム」の100番煎じくらいの作品でした。後半からやる気無くした勢いの雑な展開でびっくり!

パッケージに主人公写ってないなあと思ってたら右上端に小さく写ってたw
リアルドッキリ みたいな感じ。
主人公がホラー好きということもあり?
ホラー映画の怖がらせネタが多々有り
「あ、これは○○だ!」と楽しい。

電話一本で恐怖体験…
私は見るのはいいけど体験はしたくないなぁ。

どうでもいいけど、主人公がなんかムカつくから
はよ終われーって思ってしまったよ。
琉太

琉太の感想・評価

2.3
名作ホラーに対する愛情を感じたけどそこから先が…
ホラーコメディの難しい所ですが頑張って欲しかった
途中で展開が分かってしまいもう一捻り有ればなと思う
メッセージ性をこういう映画に求めるのは無粋だろうけど、何も残らなすぎて酷い…
>|