寝ても覚めてものネタバレレビュー・内容・結末

寝ても覚めても2018年製作の映画)

ASAKOⅠ&Ⅱ

上映日:2018年09月01日

製作国:

上映時間:119分

3.5

あらすじ

「寝ても覚めても」に投稿されたネタバレ・内容・結末

喪失によりぽかりと空いた空洞をほかの何者かに埋められた時、人間のこころはこんなにも強固になるのだと知りました。

唐田えりかさんの映画での演技をはじめて見ましたが、
自己中心的な主人公を生命力たっぷりに演じていていて、惹かれるものがありました。

亮平の前では眠ることができる朝子ですが、麦の前ではいつも目が覚めていました。
「夢」の亮平と「現実」の麦の狭間に立つ朝子が、最後に夢から覚めて現実の世界で亮平を捉えたことが、この映画のタイトルの意味で有れば良いなと思いました。(朝子に共感はできませんでしたが!)
こういう勝手すぎる振る舞い、身に覚えがないわけではない。
けどまあ、理解できないね、監督は理解されたくて作ったわけではないと思うけど。

わたしも恋をするとめちゃくちゃに頭が悪くなる民だけど、朝子ちゃん暴走しすぎでは?
非日常が気持ちよくて酔っ払ってたいのはわかる。
でも人生のほとんどの時間は日常で、1人が辛いから亮平に惹かれたんじゃないのか?
どうして自分の首自分で締めてんの。
見てて痛々しいわ。

「朝ちゃんは、このこと亮平さんに言わないつもりなの?」「・・言うつもりでいる」っておーい!朝子、しっかりしてくれー!
真実を言えばいいって問題じゃなくない?それ自分がスッキリしたいだけで相手への思いやりでも何でもないよ。

製作側の思う通りに感情振り回された..この感じは満島ひかり主演の「夏の終り」に似てるかも。

まあ〜、でも、当事者が受け入れるのであればそれでいいんじゃないですか?(適当)

地震のあとの様子を見てたらすっごい不安になってきた。防災リュック見直さなきゃ・・。
そっちを選ぶなら立場はハッキリさせておかないと。
でも朝子視点で考えると1番理想的な結末だったと思う。

冒頭、爆竹の中で麦と朝子がキスをするシーンには引き込まれた。
初恋の人を忘れられない気持ちはわかるけど5年以上付き合ってて婚約してる人をすぐに捨てちゃう………?って思ったけど
顔もそっくりでその人のことが頭から離れない状況だったらいつまでも思い出してしまうのかも。
でも一旦麦のところに行ってすぐ戻るのはん???
唐田えりかに男性が惹かれる気持ちわかるな〜雰囲気がなんか天然妖艶。
「許してもらえなくても一緒に生きていきたい」

かつての自分だったら「ただの執着だろ」と一蹴していたかもしれない。
「何も信じられない」と言う亮平の気持ちもよくわかる。

信じてもらえない、笑ってもらえない、幸せになれないかもしれない。それでも、一緒に生きていきたいと思う気持ちは、偽物だろうか。執着だろうか。そうじゃないって信じたい。

恋愛にだって正解も、不正解もないって、少数派かもしれないけどそう信じてる。
「花束みたいな〜」のレビュー読んでる中でちょこちょこ引き合い(?)に出されてる作品だったので、前述の作品を見て帰ってきたその日に鑑賞

ちょっと私には難しかったですね…ホラーかギャグだと思ってみると気持ち楽かも
ほんと途中で見るのやめたくなるくらい怖かった……(とか言いながら感想めちゃ長いな)
以下雑記

・主演のおふたりのスキャンダルがなければもうちょっと違う見方ができたかもなあ
・朝子の関西弁に違和感……

・朝子の気持ちは分からないこともないけど、ぶれっぶれで頭の上に?が浮かびまくり
・正しいタイミングで正しい選択をしたいね、でも真っ只中にいたら判断できないんだろうなあ…という気持ち
・何歳の設定かよく分からんけど、朝子はちゃんと社会生活送れるのか心配になってくる(ちゃんとできてないからずっとカフェのバイト?)
・麦も麦で理解できないけど、まだまっすぐで朝子よりは好感持てる

・東出2人出てきて頭ばくりそう
・東出(亮平ver)が普通にいい人すぎていやそっち選んで!!!???って叫びたくなる
・最後の川のシーン、ふたりが見えてる世界が完全に違うってことなのかしら…終わり方は詩的で映画の中で唯一好きなシーンかも
・tofubeats最高
花束みたいな恋をした、の批評YouTubeで似てると言われてたので見た。

結果、登場人物が麦で、海沿いの部屋に住むというところくらいしかわからんかった。最後復縁しないし。

それはともかく、やはり悲しいかな、先入観有りでしか見られなくて残念だった。
寝ても覚めても、なんだけどこの女優さんは本当にこの映画の世界に入り込んでしまったのかな
と思う話の内容で。

謎だった。みんなの感想みたいな
ずっと見たかった作品!

数年前に心の底から愛した相手・麦と
麦に容姿がうりふたつの男性・亮平。

はじめは亮平を拒否していた朝子も、次第に惹かれるようになり
2人は付き合うことになる。

幸せな日々を過ごしていた2人だけど、突如麦が目の前に現れる。

一度心の底から愛した人は、何年経っても心の中から離れない。
レストランに突然現れた麦にすぐついていってしまう朝子に、
普通だったらありえんだろうと思うけど
いやーでもそれだけ好きだったんだよね…。と思ってしまった。

それで逃避行するのかと思いきや、亮平のもとに戻ってきた朝子。
「お前のことは一生信じられない」と言った亮平。
それでも一緒にいるとか、これからの結婚生活地獄じゃないか…?と思ったけど、
うん…2人とも頑張れ…。←

あーでも麦みたいな飄々とした男性を好きになってしまう気持ち、わかる。
なんか自由な感じというか。
この人といたら一皮むけそうな感じというか。
でも一緒にいて幸せになれるのは亮平みたいな誠実な青年。
最後亮平のもとにちゃっかり戻った朝子は妙にリアルでした。

2人の不倫報道があってから鑑賞。

すっっっごいこの気持ち分かる。
自分が幸せになる道を
ちゃんと分かってるのに
戻ったらいけないって分かってるのに
強い意志も何もかも忘れて一瞬で
ああいうフラフラしたとんでもない男に
揺らいでしまうことってあるんだよね。

最後戻っていくのは
都合良すぎるし、いらついた←
唐田えりかってこういう
いらいらする女の役、凄く似合う。
凪のお暇もいらいらしたもん。(褒めてる)

私は凄く好きだったし
また観たいと思えた作品。
タイトルからエモそうな雰囲気は醸し出してるのに、不倫のせいで敬遠していた。やっと観ました。でっくんはあいも変わらず棒読みでさすがの安定感です。ここまで棒読みなのはさすがです。役者冥利に尽きますね。唐田エリカの朝子が受け付けなさ過ぎて冒頭でFOしたくなりました。お前も棒読みか。だから不倫したんか。最初にバクが居なくなるのもあっさりし過ぎてるし最後にバクが突然現れてそれに着いていく朝子も謎だし、最後まで意味不明でした。これ原作読んだ方がいいなきっと。
>|