マチネの終わりにの作品情報・感想・評価・動画配信

「マチネの終わりに」に投稿された感想・評価

胸糞展開に注意です

全然関係ないけど、石田ゆり子と福山雅治が着てる衣装が全て良かった
haryuka

haryukaの感想・評価

3.1
映画の雰囲気と、音楽が心地よかった。
石田ゆり子美しい

過去にすれ違っても、
現在に会えるならその過去も間違ってたんじゃないと思える
7

7の感想・評価

3.7
海外舞台でポエミーな感じは嫌いではないが、原作ありきならこれは端折ってるのかな?と思っちゃった。読んでないんだけれども…。
音楽や雰囲気は好きだった。
出てる人も皆んな美しいし。
ちな

ちなの感想・評価

-
「人は変えられるのは未来だけだと思い込んでいるけれど実際は過去も未来によって常に変えられてる」たしかにそうかも、って思った。終始、映像と音楽が綺麗だったな〜
shiho

shihoの感想・評価

3.7
原作に比べるとサラッとしてる感は否めないけど、世界観のギャップはなかったから良かった。こういうラブストーリーは好き。
リチャードが伊勢谷友介だったことが一番のギャップ。笑
小説は分厚くて時間かかりそうだから、映画で楽に感動させてもらおうとしたのが失敗だった。
演出が下手すぎて何も伝わってこない。恋心からテロの恐怖や離婚のごたごたまで。なぜ演奏できないのかさえも。
韓国ドラマかよ~

福山の指さばきはみごと
ギターの落ちついて物寂しげな音色が心に響く

このレビューはネタバレを含みます

音楽と映像の美しさよ。
正直それがこの映画の全ての良さといってもいいくらい。

本当に綺麗だった。
キスの途中で音楽がきれるとこ。無音でキスをしてからの物音。
あと、そう、タイトルインまでが完璧だった。
いやタイトル出てからのタイトルが溶け出してっていうのも最高だった。
その流れだけでも何回も見たいくらい。
あ、これは良い作品だってそこで確信したくらい。

ストーリーは、なんというか…大人ですね…
恋愛が主軸となってますが、その過去も未来によって変えられるっていうのがありましたが、なんかまだ私はそんな経験がなく、ほへぇ?みたいな感じでした。
色んな経験積んでから見たら、もっとしみじみなれるんだろうな。
でも、あの、正直、福山さんがキザすぎて、ちょっと集中途切れちゃうのはありましたね、なんなんでしょうね、美しいんですけどね。
実際にあんなキザな男いたらベタ惚れするか、うざいかのどっちかですわ。

これは、、原作から入りたかったな

多分桜井さんの元に帰る主人公だったら好きになってた

好きな人の脇役になりたい人生、共感は出来ないけど、告白の気持ちは何となく分かるけど…でも、脇役になりたいっていう信念的なのがあるなら、もう少し違うものが見えてきても良いんじゃないかなとか思ったり。
ただ携帯壊した後に福山さんに優しくされるのは辛いよな〜〜いい男だったな〜
桜井さん頑張ってほしい


パリ行きて〜!!!!!!!!
セントラルパーク行きて〜!!!!!!!!!

p.s.
ギター始めたくて、アコギ買おうーって思ってたけど、クラッシックギターにしようかな。
「過去は変わらないものではない。これから創る未来が遡洄して過去をも変えうる(それが幸福にせよ不幸にせよ)」

「正しくあることは幸福を得る為に、手段として否定されてもいいという人間のエゴとどう向き合うか」

このあたりがこの作品の主題だろう。

原作は、大人の切ない恋愛小説としてベストセラーになった。三島由紀夫の系譜と言われる平野啓一郎がそんなチャラいものは書かないだろうと思っていたが、未だ未読のままだ。涙腺攻撃型の、安っぽいメロドラマになっているのではないかと不安だったが、意外としっとりした美しいタッチで以ってなかなか深みもある作品になっていて、さほど期待していなかっただけに意外な質の高さに驚いた。

「そんなことですれ違ったりするだろうか」という舞台装置としてのリアリティの甘さはありながらも、テーマの追求は逸れることなくしっかり描かれている。冒頭で述べた、紙一重で幸福にも不幸にも転じる「未来だけでなく、変えられる(変わってしまう)過去」を幸不幸、激しく揺らしながらも肯定的な眼差しを以って描いているのは好感が持てる。

吹き替えを極力減らして福山雅治が挑戦したクラシックギターも見所のひとつ。そして何より、劇伴としてのクラシックギターの調べが映像と溶け合って美しい。
SykNkn

SykNknの感想・評価

5.0
原作読了後に鑑賞

ほんの少しのずれから生じる悲劇というべきか喜劇というべきか。

こんなに好きと思える人に出逢えるならいいと言えるのか。それがどんな過去で未来であっても。

好きな人のことは、きっとステージに立っていてもすぐに見つけられるんだろうな。

そんな人を思い願いながら私もセントラルパークを歩きたいです。


終始流れるギターの音色はほんとにいい。気持ちの揺れを一音一音丁寧に拾い上げてる。
>|