岸辺の旅の作品情報・感想・評価・動画配信

岸辺の旅2015年製作の映画)

上映日:2015年10月01日

製作国:

上映時間:128分

3.4

あらすじ

「岸辺の旅」に投稿された感想・評価

uno

unoの感想・評価

-
あんまり覚えていないけどあんまり面白くなかった気がする。ところで私の「面白い」はhilariousとかinterestingとかよりもappealing to meなのでこの映画自体は面白いのかもしれない。だって深津絵里が出てるのにつまんな映画な訳がないのだから。沢山作品残してね♡
kohei

koheiの感想・評価

2.5
どう評価していいかわからない。。

ゆったりテンポから突然のホラー演出はドキドキしたし、蒼井優とバチバチ女の戦いがあったり、お父さん出てきたり、暴れるおっさんいたり、、何かいろいろあったなあ〜。

でもこれ良い映画って言っとかないとセンスないって思われちゃうのかな…



いや〜長かったなぁ〜。

深津絵里の演技を見る映画。

あと浅野忠信、ナイス雰囲気。
kou

kouの感想・評価

4.0
黒沢清の作品を過去作から追ってきていて、はじめはその世界観に戸惑いこそしたが、今では何となくわかってきたところもある。映画全体の緊張感や不確かさ。そして見ている人を考えさせる、語りすぎない展開というのは見れば見るほど映画の中に入り込んでいく感覚がある。また、どこへ連れていかれるかわからない、ジャンル分けできないという所も一つの特徴であると思う。

今作はそんな中で黒沢清監督らしさはふんだんにありつつも、それでもほかの作品に比べると分かりやすい作品でもある。3年前に失踪した夫が現れ、彼が何をしていたのかめぐる旅に出る。その中で彼自身の姿、そして妻も自分の本質に気づいていくという物語なのだろうと思う。彼女はこの旅の果てに全く違う世界を知り、自分を知り、いつもの日常が確実に変わっているのだ。それは見ている僕たちも。ただの日常の背後、見えないような真理のようなもの、それにより日常が歪む感覚。素晴らしい。

夫婦の愛の物語でもあるが、幽霊を巡るホラーのようでもあり、コメディでもあり、ミステリーでもある。そんないくつもの様子が重なった映画なのだが、全体はまさに黒沢清映画としか言いようのないというところが流石だ。
chiyo

chiyoの感想・評価

3.5
2015/10/14
こちら側とあちら側、その境界線はきっちり分かれているようで酷く曖昧。それくらい、3年ぶりに帰ってきた夫・優介のこちら側への馴染みっぷりが半端ない。逆に、オープニングのショットや変わらない服装から、妻・瑞希の方があちら側なんじゃないか、と思えるほど。が、どちらの側であるかはそれほど重要ではなく、何よりも大切なのは互いが一緒にいたいと思えること。が、二人が夫婦として生活していた時の姿は全く描かれず、上手く行っていなかったことが伝わってくるのみ。感情移入しにくいという短所はあるものの、徹底して今を描く姿勢は長所でもあると思う。そんな中、僅か数分の出演ながら、圧倒的な存在感を残す朋子演じる蒼井優。あの微笑は軽くトラウマで、死者よりも生者こそが一番怖いと思えた。個人的には、花のコラージュが印象的な初老の新聞配達員のエピソードがお気に入り。また、部分部分のホラー的演出にもドキドキ。
VOICE6963

VOICE6963の感想・評価

4.0
段々と話に引き込まれていく。
そしてラスト”そうだと思った”だけど総じて良かった!
ShibaDog

ShibaDogの感想・評価

3.8
黒沢監督映画は、これで二本目ですがホラー的演出が本当に怖い。
人間の顔が寄りで映っているだけで常に軽い不気味さが漂っていて、アジア人顔を使いこなしてるなって思いました。
ただ単純にホラー映画ってわけではなく、ジャンルとしてはヒューマンドラマ的な気がします。
死んだように生きる生者と死んでから生き生きと生きた死者との対比であると同時に、死者に対する弔いの旅なのかなと。
劇中では語られない独自の世界観が存在し、それに沿って展開されていくのでファンタジー色と比較的分かりやすいけど少し難解な内容になっているような気もする。
映画を通じて自分で考えて解釈してほしいっていうような作り方で、個人的にめちゃツボでした。
他の作品も見ようと思いますが、ホラー演出が本当に怖かったので心してから見ます。

このレビューはネタバレを含みます

ずっと切なかった。夏休みにおばあちゃんの家から帰る夕方の道中みたいな気分。美しい映画だった。ただ、良き妻を残して死んだゆうすけの理解に苦しむ。
チャーミングな演出が救い
ボンヤリとした気分になる。
観る人がどんな死生観を持つかによって見方が変わってくるだろうな。
とし

としの感想・評価

3.4
2020年3月7日

#岸辺の旅 鑑賞

行方不明になっていた夫が突然帰ってくる。しかも夫は自分は死んでいると言っている。2人は夫の思い出の場所を巡る旅に出る。
ROY

ROYの感想・評価

4.6
「一緒に来ないか、きれいな場所があるんだ」

質量ゼロの粒が織りなすメロドラマティック・ロードムービー

此岸/彼岸を巡礼

原作は湯本香樹実の同名小説

冒頭のピアノと揺れるカーテンでもう感動。白玉を作っている深津絵里さんが映された後、左にパンする。”何か”がいる気配を出す演出は『ダゲレオタイプの女』同様素晴らしい。浅野忠信さんがオレンジ色のコートをまとって登場するシーンも良い。それを見て、まるで「リビングデッド」が存在することに慣れているかのように、「おかえり」と震えた声で言う。

それから、一人の子供が電車内で既に亡くなっている浅野さんの方を見る。この演出も素晴らしいが、その前に交差点を渡る際に、すれ違った子供が浅野さんのことを目で追いかける。こちらの細かい演出の方に目がいった。

美術と衣装も良かったが、オーケストレーションされた劇伴も印象的だった。わざとらしい照明も良かった。

徐々に深津さんがイタコのように見えてきた
>|