岸辺の旅の作品情報・感想・評価・動画配信

岸辺の旅2015年製作の映画)

上映日:2015年10月01日

製作国:

上映時間:128分

3.4

あらすじ

「岸辺の旅」に投稿された感想・評価

死者が生きている大切な人を伴って縁のある地を巡るロードムービー仕立て。
真夏の逃げ水のような、陽炎を見るような、そんな光の明暗が差し込まれ、私には気持ち悪かった。
小松政夫の新聞屋に、かつての住み込み従業員の為のパイプベッド。冷たそうな質感。「ゆうすけ先生が帰って来たよ」と集まる山村の住人相手に、さして魅力的でもない語り口の浅野が、宇宙を講義する。生前、もっと深っちゃんを大事にしてあげて欲しかったな。
jamming

jammingの感想・評価

3.7
散歩する惑星か苦手
だったけど
カンヌつながりで見てみた。 

んー
ブンミおじさんくらい
やってほしかったなー。
龕裡

龕裡の感想・評価

4.0

 劇中で、「不思議で、最近洗い物しても手が荒れないんです」「それはね、水が合ってるのよ。水の合う場所で暮らすのは大切だわ」という旨の他愛のない会話がある。
 それは「水が合わない」という慣用句を文字通りに解釈したような言葉で、手が荒れない理由としては論理的、もしくは科学的ではないように思えるが、劇中では全く自然に描かれるし、観ている側も自然と受け入れてしまう(実際コミュニケーションとしては自然だ)。
 一方で自然に受け入れることのできない、コミュニケーション不全のようなズレも多く存在する。新聞屋が突然返事をしなくなる現象等がそれにあたる。
 この2つの要素が組み合わさることで、死者がこの世に留り、生者と触れ合うことを始めとしたこの映画の超現実的な現象に奇妙な説得力を与えている。ガルシア・マルケスの小説のようなとても不思議な映画だ
現実と妄想が入り混じった世界観なのかな?死んだ夫の幽霊と旅する映画。普通に幽霊をみんなが認識する世界…やはり全ては妄想なのか?観る人の観点任せなラストですね。出番は少ないけど蒼井優さんのインパクト半端ない😳一番怖いわ🥶2021.96
サ

サの感想・評価

-
「また会おうね」

こんな絶望に近い希望みたいなもの、無い方がいい。コップの縁、擦れ擦れに水が張っていて、少しでも揺れたら零れてしまうような、ギリギリの希望。これ以上増えることはない、ただただ減っていくだけの希望。そんなものは無い方がいい。でもやっぱり願ってしまうね。

亡くなった人と旅をする時点で、不可解なことは起きているのに、それでもやっぱり理解できていなくて、不可解なことが起きるたびに、不気味さや恐怖を感じた。登場する人、みんな少しずつ不気味だった。その人が人なのか幽霊なのか、言われないと分からないのもおもしろかった。

こうなるのは分かってたから大きな悲しみはない。ただ、こうなると分かってても求めてしまうよねと、共感に近いことを思った。
じゅり

じゅりの感想・評価

4.0
風と明暗、あと合成を使った技術を最大限使って遊んでみたのか?と思うくらい「全部乗せ」な演出だった。要所で流れる音楽の曲調とタイミングが完璧で惹き込まれる。
chi

chiの感想・評価

2.9
良い映画なのだろうということはわかるが、私には合わなかった。退屈だった。黒沢清監督作品は好きなものもあるにはあるが、自分には合わないと思う作品の方が多い。うん、とにかく合わないんだと思う。

本作はテーマ的にもまだ自分の年齢ではいろいろ考えたり感じたりするのが難しかった。
ごんす

ごんすの感想・評価

4.0
黒沢映画おなじみのホラー表現を用いながら人間ドラマとして素敵な一本。
感動的な台詞が多いわけでもないが主演二人を観て切なくなった。
最後どうなるか分かっていても感動してしまった。
そして観た人は忘れられない、蒼井優…
<異人たちとの夏>

黒沢清ファンにはいつものホラーとして、ビギナーには良質の夫婦ドラマとして楽しめる。NHKが地上波放送したほど、黒沢作品では一番間口が広い。

と言っても、題材があれなだけに、観る方による補完が要求される作りだ。欠落したピースを考えて埋めていくという作業が楽しめるのだが、これは劇中の浅野忠信が死後の彷徨いで自分の人生の欠落を埋めていったのと同じ。メタに共感させることで、気が付けば(客観的にはアウトな)彼の生前の行動を肯定しているという巧みな作り。

僅か1シーンだが、深津絵里と蒼井優の対峙が凄い。主演夫婦を俯瞰するような蒼井の役は、後の「スパイの妻」聡子にも似たしたたかさを見せる。そこにひるまない深津の、なんというか自己肯定力。もはや愛欲も血縁もない中年夫婦は一体何で繋がっているのだろうか?蒼井の強さが「夫婦」という関係(「絆」なんて解りやすいものじゃない)の底知れない力を引き出す。

「異人たちとの夏」が観たくなった。
ジャンル不定な黒沢清の作風は唯一無二と思ってきたが、彼のフィルモグラフィは大林宣彦のそれに似ている。ホラー、アイドル、反戦・・特定のテーマや俳優に固執しない自由過ぎる二人。

深津絵里の最後の台詞は、黒沢清があらゆる故人へ向けた言葉にも聞こえる。昨年鬼籍に入った本作出演の小松政夫さん、そして大林宣彦さんへも。
  
rinorino

rinorinoの感想・評価

3.9
この世とあの世のバランスが絶妙で、もしかしたらこの世には本当に死んだ人も混じってる…?と思うほど
廃墟化するところはハッとした
>|