岸辺の旅の作品情報・感想・評価

岸辺の旅2015年製作の映画)

上映日:2015年10月01日

製作国:

3.4

あらすじ

3年間、失踪していた夫が突然帰ってきた。離ればなれになっていた夫婦が、失われた時間を生き直すように、ふたりで旅に出る―。それは、愛する人との永遠の別れへの“愛の巡礼”だった―。

「岸辺の旅」に投稿された感想・評価

あくまで普段通りに暮らす妻。そこに4次元。不気味なんだけど不快ではない。
akihiko810

akihiko810の感想・評価

3.4
黒沢清監督。失踪した夫が幽霊となってあらわれ、二人で夫の生前の軌跡をたどる死者のロードムービー。 7/10点の良作。 浅野忠信と深津絵里のダブル主演の演技がよかった。しかし一番凄いのは、夫の不倫相手役の 蒼井優。深津との対面時の微笑みが凄く怖くて舌を巻いた。 「妻の亡くなった父親」が幽霊で現れるが、そこの場面はいらないと感じた。そもそも原作にあった場面なのかしらんけど
kanegone

kanegoneの感想・評価

3.2
嫌いなわけではないし、味わいもあるけど、自分は面白いとは思わなかった。
あんまり観たことのないパターンの映画。
sakura

sakuraの感想・評価

3.6
予告があれだったけど本編観たらしっかり黒沢清の映画だった

蒼井優のシーンやばすぎ
登場わずか2〜3分にもかかわらず恐ろしいほど脳裏に焼きつけられてしまった 狂気!
うわ〜…ってなったのがトモコさんがミズキさんに髪型や背格好がそっくりだったことで、うわ〜ユウスケお前…あー… ってなった。
ところで邦画にでてくるストレートの黒髪で膝丈のスカート穿いてシャツのボタンをきっちり上まで留めてる肌の白い女に、ハーレムアニメにでてくるツンデレ幼馴染み的な、ジャンルは違えどフェチの様式美の波動を感じる。
一件落着したのは優介だけで、瑞希はこのあとも生き続けなくてはいけない。生死のわからない夫をもつ妻という社会的現実。瑞希のこれからに希望が見えない。俳優の魅力で成り立った印象。
音楽が黒沢清って感じで良い
宇宙の話のところ好き
蒼井優が良かった
こやち

こやちの感想・評価

3.8
浅野忠信がいろんな仕事しててさらに歯科医だったのは驚き。クズにしか見えなかった。音楽が合わない感じがした。
m

mの感想・評価

4.3
めっちゃくちゃよかった。静かで。性行為と生の結びつきがすごかった。
黒沢清の映画好きかもしれない。
Uknow

Uknowの感想・評価

3.5
0(無)こそがすべての基本

白玉が食べたくなる。深津絵里は白玉のように透き通った白さで美しい。
蒼井優ちゃん気づかなかった…茶髪より黒髪が好きです。
>|