岸辺の旅の作品情報・感想・評価

岸辺の旅2015年製作の映画)

上映日:2015年10月01日

製作国:

3.5

あらすじ

3年間、失踪していた夫が突然帰ってきた。離ればなれになっていた夫婦が、失われた時間を生き直すように、ふたりで旅に出る―。それは、愛する人との永遠の別れへの“愛の巡礼”だった―。

「岸辺の旅」に投稿された感想・評価

YusukeS

YusukeSの感想・評価

2.8
演出・音楽が好みでは無い。
なんかいろいろもったいないよーな、自分が気づいてない点がいっぱいありそうな映画。

早希の過去の話をするシーンは女の子のようで、改めて女性はいろんな顔を見せてくれるのに魅力を感じる。
y

yの感想・評価

4.0
死と死の間際のギリギリの世界観を生み出している。
夫を三途の川の向こう側に行くまでの見送りをしている作品。
映されている景色は日常だが、その中にどこか寂しさを感じさせる。
『おうちに帰ろうよ。』
『また会おうね。』
と、泣きながら声にしている深津絵里の演技が絶妙で、この世界観の中で遺された人を表現している。
GS

GSの感想・評価

3.9
不思議なバランスの映画。ほっこり度高めで黒沢清のホラーもの?の中だったらかなり好きかもしれない

主演は二人ともばっちりハマってる。深津絵里やたらかわいい。遺された人って感じ。浅野忠信はアカルイミライのときのようにどこか掴めない雰囲気が役とリンクしてる

エンドロールで音楽担当が大友良英&江藤直子と知り意外だった
最初から最後まで
どんな服装でも深津絵里さんが美しい

ホラーでもファンタジーでもあるしそうでもない、世にも奇妙だた。

蒼井優ちゃんにもドキドキ
Kensuke

Kensukeの感想・評価

3.9
生きている人と死んでいる人の違いやゼロと1の違いは、
そこに実際に存在するか否かではなく、その人のやってきたことや思想が他者へプラスの影響を与えているか否かなのではないかと思わされた。

と言ってしまえば誰しも他者には影響を与えてはいるしプラスも個々の価値観次第だと思うけど、簡単に言えば、
死んだ様に生きてたらもったいないでしょ。みたいな。

もう少し恐ければホラーになってしまうし、もう少し奇跡が多過ぎればファンタジーになってしまう所を絶妙なバランスで保っているので上記の様な解釈もすんなり出来たし「CURE」のテーマが進化した印象も受けた。

これぞ黒沢清と言った廃墟や光の変わり具合の映像も楽しめたし
ロードムービー感も良かった。

車に乗っているシーンで他の黒沢作品の様に幻想的にならなかったのも、あえてのバランスなのかなと思えた。

そして深津絵里はやっぱり可愛い。
まこと

まことの感想・評価

3.6
岸辺とは三途の川の岸辺


本編を観ていると、まるでそこをてくてくと歩いているかのような感覚に襲われる

きちんとお別れを言えなかった人にいざ言える機会が目の前に訪れれば、やはりその機会を最大限に活かしたいと思うのは残された人間のエゴだろうか

黒沢清監督の作品だと後からわかった時には、妙に納得してしまった記憶が今でもはっきりと残っています
Maho

Mahoの感想・評価

3.0
浅野忠信は浅野忠信のままで、深津絵里は深津絵里のままって感じ。そして蒼井優の存在感。
Finisterre

Finisterreの感想・評価

2.3
深津絵里、やはり素敵な女優です。

ストーリーの構成、幽霊の存在感や設定がイマイチわからないけれど、きっとそういうことを考えてはいけない映画なのかな、と。
ナカノ

ナカノの感想・評価

3.9
浅野忠信x深津絵里の夫婦役がとってもお似合いでそれだけでも成立してしまいそうなくらいよかった。
深津絵里、今まではただただ綺麗な人だと思ってたけど、実はめちゃくちゃ可愛いな。俺が大人になったのか、深津絵里が可愛くなったのか。
ずっともやもや〜な感じ。幽霊の定義がはっきりしてないからかな?
音楽のつけ方が邦画っぽくなかった。
>|