岸辺の旅の作品情報・感想・評価

岸辺の旅2015年製作の映画)

上映日:2015年10月01日

製作国:

3.5

あらすじ

3年間、失踪していた夫が突然帰ってきた。離ればなれになっていた夫婦が、失われた時間を生き直すように、ふたりで旅に出る―。それは、愛する人との永遠の別れへの“愛の巡礼”だった―。

「岸辺の旅」に投稿された感想・評価

とろん

とろんの感想・評価

2.5
3年間失踪していた夫の優介が帰ってきたのだけれど、実はもう既にしんだ身で、お世話になったひとにお礼をしにいきたいと云う。妻の瑞希は、その短い旅に付いていくことになる…のだけど、なんと云うか、夫婦の心の溝を埋めるようなストーリーなんだろうか、よく解らない。
瑞希が優介の事情にしんでからも振り回されているようで、なんだか可哀想だった。いろいろあるけど特に、優介がむかし不倫していたことに瑞希が言及すると「そんなくだらないこと気にするとか思わなかったな。どうでもいい女だよ。ただの遊びだよ」と、云うのは赦せん…とりあえず謝れ!ってゆーか、帰ってきたときにまず謝れ!よく平気な顔して帰って来れたな!ラストで「どうやって謝ったらいいのか解らない…」みたいなことを云うていたけど、そんなん言葉で普通に謝ってもらえたらええんやで。それ以外にも優介は「みっちゃんって(神経)太いって感じだよね。なきながらでもご飯食べてるって感じ」とか、瑞希が優介が帰って来るように願って書いた神社へのお願いの紙を見つけて「よく書いたな。下手な字だな」とか、ちょいちょい神経に障る科白が多くて、こんなやつに帰って来られても、瑞希みたいに優しく対応できないと思う。
あと、なぜかラスト近くにベッドシーンがあるけど、しんだ後も相手のことはよく解らないし、体をつかってなんか解った気分にさせられているような印象で悲しかったです。
浅野忠信は黒沢清の映画に出るのは2回目だし、賞もとってるし『散歩する侵略者』を彷彿とさせる状況とかもあったけど、思っていたのとちょっと違っていた感じ。もしかして原作通りなのかもしれないけど、読んでなかったしあまり楽しめなかったです。

このレビューはネタバレを含みます

深津絵里にひかれて〜鑑賞。

浅野忠信イイんですけれどね〜
最初に現れた時のしゃべりが聴き取りづらくて、、、
な、ため、
その後のストーリーや設定が、
わかりずらく、
深津絵里は廃墟の新聞店に宿泊したの?
そこで、牛乳を落とすシーンがあり、牛乳は誰がとっているの?
や、
死人の浅野忠信は人間から確認できるの、触れるの?
餃子握れるの?
など、疑問点が次から次へとで、
全部妄想でのことなのかな〜?と!

正直、楽しめなかったというのが、感想です。

あッ!
それは私の感性が悪くて!
ファンタジーとして観れば良かったのかな?
鼻

鼻の感想・評価

4.0
前回観た作品と同じく現実と非現実の境目が物凄く曖昧で、でも実際の私たちの記憶もそんなもんかも、と思ったりしました。

残された側、残した側の気持ちの整理をする話。3年間あったことでみっちゃんは気持ちを整理する準備は出来ていたように思える。だから終わり方は前向きに見えたな〜

物語は暖かさを感じるのに画面が不穏に見えるところがちょこちょこあって良いバランス。パッと人が消えるアングルの切り替え方も実際人が消えるとしたらこんな感じかも!と思った。
あとカーテンの柄かわいい。
b

bの感想・評価

3.7
三年ぶりに帰ってきた夫は幽霊でした、的なやつです。死んでから妻のもとに帰ってくるまでの三年間、夫はどこで何をしてきたのかを、幽霊の夫と現世の妻が共に辿るというホラー風ラブストーリー。妻が夫の死をどのように理解し、克服していくのかが本作の主軸です。静かな映画なので正直ちょっと退屈しかける場面もありますが、思わずぞっとしてしまう黒沢演出で、バッチリ目を覚まされます。
ちひ

ちひの感想・評価

3.0
深津絵里の透明感のある演技が好きなので。この映画もあり!
二人で何気なく道を歩くなど、そんなところも好き。
話の内容は、少し抵抗感のある悲しさを感じました。浅野忠信の不器用で繊細な感じ、良かったです。
べりい

べりいの感想・評価

2.5
うーーん!!(笑)
好きな女優さん×俳優さんのコラボだったから期待大だったのですが、、、蘇り系の話だったので、わたしは苦手めでした。。。次は何が出てくるか、どんなシーンになっちゃうのかちょっと怖くて。。。

でもDVDのレーベル面に描かれていたお花のシーンは素直にキレイだな♡と思いました。
MAKO

MAKOの感想・評価

3.0
映画の題名がなぜ岸辺の旅なのかが観て分かりました。

レビューの中に照明が舞台のようと書いている人がいて、なるほどなと思いました。
本当に舞台を観ているようなシーンがありました。

まあまあかな〜。
観ていてちょっと分かりづらい所があったから。
でも嫌いじゃない。

※2015年当時の感想
ポチャ

ポチャの感想・評価

3.0
浅野忠信の「みっちゃん」に嫌悪感。花畑のような壁の演出はクドくても好き
Yukimatsu

Yukimatsuの感想・評価

3.3
主人公が出会う人が皆んな切ない。
中華料理店の女性の話が好きだった。
>|