岸辺の旅の作品情報・感想・評価

岸辺の旅2015年製作の映画)

上映日:2015年10月01日

製作国:

3.4

あらすじ

「岸辺の旅」に投稿された感想・評価

ザン

ザンの感想・評価

3.8
あっち側の人が物理や宇宙など科学的なことを話すのがおもしろい。いい雰囲気でよい作品でした。
ayacr

ayacrの感想・評価

3.0
ファンタジー要素が強いものだとわかっていたら借りなかった。恋愛ジャンルに分類するべきではない。
途中から瑞希も死んでいるのではないかと余計なことを考えてしまったり、瑞希の父が出てきたときには「誰だよ急に」と思ったりして、そのあたりからは本格的に飽きた。
死者との繋がりを描いたものより、私は今生きている人との繋がりを描いた作品が好きだと改めて思った。
fmofmojimo

fmofmojimoの感想・評価

3.0
3年前に行方不明になった夫が、急に部屋に現れた。靴を履いたまま。彼の体は富山の海でもう蟹に食べられているとゆう。
優介は瑞希に、帰ってくる間に見たきれいな景色を見せたいと旅に誘う。

まるで演劇を見てるような。
台詞や動きや仕草がぜんぶ演技感がつよくて、余計に不思議。
eshu

eshuの感想・評価

3.7
本当に悲しくなるのは
もっと先だよね
仏壇の写真を見ながら呟く。

当たり前だけど写真は歳とらないじゃない。こっちばっかり大人になるから…いつか…このまま死から逃れれば…その年齢を越す日がくるんだよ。

そん時また悲しみの波に溺れるんだろうなと。

今はまだ入り口で、これを耐えねば。受け入れる準備が出来たらまたどこかで会えるはず。
forme

formeの感想・評価

-
色鮮やかな服を着ている死者の夫と対照的に、妻はグレーの服を着ているのが気になった。妻もあちら側に向かっていることを示唆してるのでは?と思ったりしたがどうやらそんなハッキリと白黒つけられるようなお話ではなかったみたい。
グレーゾーンなお話。
お迎え団子~本当に亡くなった人?霊?をお迎えするんだ‥ろうか‥…>_<…この手の話は苦手‥出かける時とか別れる時とかこれが最後になるかも知れないから喧嘩したり酷いこと言ったりしない方がいいって言われたことが‥印象的だったのは小松政夫の壁の花と蒼井優!!
外は雨

外は雨の感想・評価

3.6
黒澤清監督。3年ぶりに帰ってきたもう死んだ夫。彼が彼女の元に帰ってきたその足跡を辿って二人で旅に出る。まるで生きているかのような死んでいるような。そんな境目はなく。たどたどしい自分の音のないピアノみたいに。ぽろりぽろり紐解かれ。そして唐突に。

この映画劇場で観たんだけど、その時彼と喧嘩しちゃっててぷりぷり怒って一人で観に行ったんだった。今回録画して二人で観た。「怖いの?」って結構確認されたw 怖くないよ。
reiko

reikoの感想・評価

3.2
あまり内容知らずに観たからか、出てくる人達が生きてるのか、死んでるのか???ってちょっと混乱した。
怖いような、ファンタジーのような不思議な世界。
深津絵里と浅野さんがそんなに喋らなくても、夫婦としての2人の関係が感じ取られてすごいなぁと思った。
あと、蒼井優の存在感すごい!あんな女の人怖いなー、、、
K

Kの感想・評価

-
"区切りなんて つけないほうが楽なことだってあるよ"
深津絵里さんは、やっぱり美しい。
nanabee

nanabeeの感想・評価

3.2
ぽいなーと思っていたらやっぱり黒沢清監督でした。
蒼井優さんの勝ち。
>|