夜の浜辺でひとりの作品情報・感想・評価

夜の浜辺でひとり2016年製作の映画)

밤의 해변에서 혼자/On the Beach at Night Alone

上映日:2018年06月16日

製作国:

上映時間:101分

あらすじ

舞台は、ハンブルクとカンヌンという二つの海岸都市。不倫スキャンダルにより、キャリアを捨て異国に逃げてきたヨンヒ(キム・ミニ)は、訪ねてくると言ったまま姿を見せない恋人を待ちながら、自分の真意が分からずに、後悔と欲望を引きずっている。月日は流れ、韓国へ戻ったヨンヒは、旧友たちと再会したことで女優復帰を考え始める。そしてひとり江陵の浜辺を訪れ、意外な方法で自分の心に向き合うことになるのだが…。

「夜の浜辺でひとり」に投稿された感想・評価

Taikisss

Taikisssの感想・評価

3.5
ホン・サンスとキム・ミニ
清々しいほとに振り切れてますよね笑
Vega

Vegaの感想・評価

3.9
キム・ミニに惚れて惚れて惚れ込んで、あっちこっちに連れてってそっちこっちから撮りまくりたいっていうホン・サンスは中学生か?確かに中学時代の恋愛はアホみたいで尊かったな。
監督にとっても俳優にとってもこれ以上の幸せは無いのじゃないかしらん。
最初から最後まで甘く切ないラブレター。

なんだかホン・サンスの気合いが伝わって、いつもの抜け感が足りない気もするのだが...お得意の謎ズームも緩く感じたのは気のせいでしょうか。

でもってキム・ミニ主演2作品公開が控えていますがもうここまで来たならとことんお付き合いしますよ。ホンサン水ソーダ飲んであんたたちの恋に一緒に溺れたる!

というか...私はホン・サンスが好きなのだろうか...そんなはずは無いのだが...

そんなわけであまり冷静に観れませんでした。
いち麦

いち麦の感想・評価

4.0
恋に破れたヨンヒの心の内側にズームインしていく人間ドラマ。彼女の痛々しさが愛おしくなった。巧みな場面構成の中で時に緩く時に激しいキム・ミニのダイナミックな演技が見応えある。ホン・サンスらしいユーモアも。
疲れていたのか途中で居眠りしてしまい、気がついたら半分くらい終わっていた。

このレビューはネタバレを含みます

え、なんだなんだすごい良いぞ。
わたしは待たないって言いながらずっと待ってたんだね、うんうん。
どこかエリック・ロメール作品を思わせる佇まいから繰り出されるのは、難解な女性心理ではなく、モラルと欲望の狭間で悶絶する監督自身の独白。

本作の記者会見で主演女優キム・ミニとの交際をカミングアウトした監督だが、もしかしたら、その為に製作した映画なのかも。
そう考えるとホン・サンスという人はお茶目というか愚直というか、、つくづく興味深い人だなぁと思わずにはいられない。

実に生々しい作り手の本音を切り取ったようなリアリティが、共感できる面も、また、逆に全く理解できない面も、共に楽しめてしまうという不思議。下衆の勘繰りとはよく言ったもので、人間は元来こういうものに心惹かれてしまうのだろう。

総じて、笑いも泣けもしない映画だが、
なぜかしら胸の奥の方に刺さったような、
これまた不思議な感覚に陥る。

時折見せる、不自然なまでにスピーディで無造作な、"寄り"のカメラワークも印象的。
そして、、
あの"近づいてくる男"は、一体何を象徴していたのだろうか。
おもしろい。冬の景色はすべて美しい。寒さに肩をすぼめて歩く人を見るのも好き
個人的に映画のストーリーがどうとかより、女優キム・ミニにやられました…。
だってたいして飲んでないのに酔っ払って突然絡むとことか、ひとり浜辺で死んだように寝てるとことか、かわいすぎますやん。キム・ミニ半端ないって(*_*)
tk33220

tk33220の感想・評価

3.3
例えば喫茶店で待ちぼうけを食うシークエンスで店先でタバコを吸うキム・ミニの画面への収まり方や距離感がとても良い。楽譜をめくる音、キスの音、外でタバコを吸ってる際に聞こえる雨音やガラス越しに漏れる話し声、波の音など、音の使い方がスリリング。
キムミニの酔っ払いのお芝居は今のアジアで一番チャーミグなお芝居だと思う。そのぐらい見入ってしまう。

なんて事のない普通の会話が続くんだけど凄まじい。カメラワークのせいもあるけどドキュメンタリーって言ったら騙せそう笑 個人的に、西洋と東洋の芝居の型が全然違うのが垣間見えて面白かった。

成功なんてもともと無い。
どこにも無いから探したって無駄だよ。
>|