夜の浜辺でひとりの作品情報・感想・評価

夜の浜辺でひとり2016年製作の映画)

밤의 해변에서 혼자/On the Beach at Night Alone

上映日:2018年06月16日

製作国:

上映時間:101分

3.7

あらすじ

「夜の浜辺でひとり」に投稿された感想・評価

erk

erkの感想・評価

3.8
食卓のシーンの会話。愛について論争するところ。急に声を荒げて最悪な空気を作っておいたまま、ふらりとタバコを吸いに行くキム・ミニ。何故だか憎めない。自分の感情に素直な彼女はとても魅力的だった。
タイトルとは裏腹になかなかひとりになれないので、早く一人の時間が欲しくてたまらなくなってしまった。
キム・ミニがひたすらかわいくてですね、やさぐれてても、が、最後の飲み会は絶対参加したくない、と思うと同時に、なぜならそこで話されていることは振れ幅はあれどなんらかの親密さのなかでおそらくほとんど誰もが抱くだろう葛藤をめぐっているから。

目の前で相対する個人の話から逃げるくせして都合よく「恋人」「親友」と使い回す態度をくりかえす元恋人に面と向かって「あなたはわたしとも、わたしを求めながら否定することで自分の人生とも向き合ってない」という話をしたところ、「母ちゃんが自殺して」とかワケワカメな逃避を繰り出してきてこいつマジクズ、と思って連絡を絶った経験を、本作を観て思い出した。

前半、ケルンに行った経験があるからドイツっぽいなあとおもってたら、ハンブルグでやっぱり感。
ハンブルグには一度くらい住んでみたいなあ。
ホン・サンス×キム・ミニ4作連続上映のなかで、本作がいちばん魅力がわからなかった。

酔って性質悪くキレるキム・ミニは可笑しくてかわいいけど。
なすび

なすびの感想・評価

5.0
ついにホンサンスが本物の愛を見つけてしまった、間違いなく転機の作品

良すぎてもう一瞬で映画終わってた、びっくり。

ホンサンスはどんどん映画と人生が絡まり合って来てる。とうとう本物の芸術家になったような感じ、人生や自分の意見を芸術を通して体現する、かっこいいなぁ

そしてどんどん出てくる俳優も限られて来てる、ホンサンスファミリーみたいになってる笑

キムミニとホンサンス、ずっと2人が愛し合って幸せでいてくれたらいいなぁ☺️❤️
つながっていたはずの愛を見失ったとき、人はその事実を理解はできても、すぐに受け入れることは難しい。恋人の「あとから行く」という言葉の力が、時間とともに薄れていくことの苦しさ。
ひとりハンブルグに逃げたヨンヒ(キム・ミニ)が、公園で地面に伏して祈り、「私はなにを望んでいるのか」と問う姿は痛々しいです。

韓国・カンヌンに戻ったヨンヒ。ここでのキム・ミニは、前作「正しい日 間違った日」の可愛くてコケティッシュな姿とは一変、ひたすらやさぐれていて、仲間には罵詈雑言、暴言吐きまくり……(^^; それを見守る仲間たちはどこまでも優しいです。

身動きができないいらだちのなか、浜辺で寝そべるヨンヒは、夢でかつての仕事仲間や元恋人と再会することに。元恋人が「いまのキミに必要なことが書いてあるから」と1冊の本を朗読するんだけど、その言葉がヨンヒに答えを与えることになります。
そう、前半の「私はなにを望んでいるのか」の答えを。
このシーンは、まるで文学作品のよう。絵としてはあまり美しくはないけれどw
ラスト、夢から覚めて立ち上がり、歩きはじめるヨンヒには、それまでにはなかった強さを感じました。

現実のスキャンダルとリンクしているこの映画、ホン・サンス監督とキム・ミニの本気を見せられたということでしょうかねー。
てびち

てびちの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

ひとことで言うと、
ずっと見てないと、置いてきぼりになる(笑)

絶賛されてる監督だから、
硬派で情緒系な感じと思ってたけど
なんというか。。。シニカル?

この映画を知ったきっかけは、
監督と主演女優のスキャンダルで(笑)
で、この映画も、そのまんまで。。。w

カメラワークが気になったり、
チャプター変わるときのクレジットが
ハングルでわからなかったり
(支障がないから訳がなかったんだろうがw)
みんな、声が大人しい系で、あれ?ドラマと違うトーンと思ったり(笑)

いろいろ頭ん中が錯綜してたら、
いつの間にか、ジ・エンド。

ああ、置いてきぼりにされた!


でもね。キム・ミニさんが
とても魅力的だったの。
たしか、この作品で
ベルリン主演女優賞とったどー!だよね?
すごいよね。
キチンと芸の肥やしになってる(違
カメラの動き、意味があるとは思うけど気にはなった。1に出てくる先輩(オンニ)の声が柔らかくて、気持ちよく聴いてた。
ヨンヒは基本笑顔で、突然キレると言葉は容赦なく追求厳しく、でもまたすぐ笑顔に戻るその不自然さが不安定な感覚を残してた。キレても少しもすっきり爽快にならない。吐き出した感覚にも。場が凍り周りの人は必ず作り笑いで合いの手を入れ、ヨンヒはまた笑顔に戻る。怖い。辛い。いい。
ヨンヒがオンニとキスするとこ、相手の女優さんも上手いし、その恋人役な俳優さんももめっちゃ上手。情け無い中年男性がハマってて、いやだーって思っちゃう。生々しく感じさせるのが上手だね。
櫻井

櫻井の感想・評価

-
冬の夜の防波堤に佇んだ時の景色や空気は何度も経験したので知っているけど、冬の海の浜は知らないなと思った。浜で寝そべる女の向こう側に見える波が重くて圧倒的だった。
マリコ

マリコの感想・評価

3.5
海辺でまじで寝ているキム・ミニがかわいい。カフェの外でタバコをふかしながら歌っているキム・ミニがかわいい。酒に酔って周りにグダグダ絡んでいるキム・ミニがかわいい。とにかくキム・ミニがかわいい。
現実なのか幻想なのか、後悔なのか覚悟なのか…ヨンヒが今後どんな選択をするのか気になります。
酒、たばこ、コーヒー、海

冬の浜辺でガチ睡眠するかわいいキム・ミニ
>|