夜の浜辺でひとりの作品情報・感想・評価

夜の浜辺でひとり2016年製作の映画)

밤의 해변에서 혼자/On the Beach at Night Alone

上映日:2018年06月16日

製作国:

上映時間:101分

3.7

あらすじ

「夜の浜辺でひとり」に投稿された感想・評価

ヨンヒの悲しみの深さがもたらすものなのか、どこまでが現実なのか境目が揺らいでしまうような混沌が混じった世界になっていた。不思議な感覚。
早稲田松竹2本目。
空気感に馴染んできた。
酔っ払った時のヨンヒ可愛すぎて抱きしめたくなるよ。
キャベツみたいな草を撫で回す時の手が綺麗。
31, love her
ホンサンス×キムミニ集大成。
よったキムミニ最強すぎる。
何言われても許しちゃう。
ホン・サンスがたどり着いてしまった領域を、キム・ミニが浜辺でうたた寝しながら超えて行った
監督自身の恋愛模様をそのまま題材にしてしまう自信と大胆さに恐れ入った。海辺に寝そべる主人公ヨンヒの姿は構図的に美しくも、ギョッとする感じもあり、ホン・サンスってとてもとても大胆な監督だと確信。
煙草に酒に文学。この3つに映画好きの心をくすぐられる。けど、そこに不倫だの儒教的な人間関係だのが絡まるから、好き嫌いは別れるかもしれない。
ホン・サンス監督映画特集「夜の浜辺でひとり」@早稲田松竹。
ハンブルクと故郷カンヌンへの女優の傷心旅行とヤケ酒。
キム・ミニとの不倫スキャンダルをネタにしちゃう、挑発的で自虐的な映画作りはゴダール的。
シューベルト/弦楽五重奏曲第2楽章が美しく使われ、韓国人女性の酒癖の悪さも許せてしまう。
milagros

milagrosの感想・評価

4.1
誰も死んでないのに、ずっと死ぬことについて考えてるホン・サンスの人々は、急に人性の含蓄みたいな言葉を滑り込ませる。そうだよね、みんな偽りなく、誠実に生きたいよね。
ぺピノ

ぺピノの感想・評価

4.1
“満足してるけど愛される資格がない”

ーーーーーーーーーーーーー
よく人生のこと考えている監督だなぁと思った。そして汚れた中から見つけ出したその結論はとても正しくて頷くことばかりだった。誰だって化け物になりたくない、そんな自分に気づきつつ傷つける己への刃は脆い。
世界からずれて奇異になりたくなる気持ちも分かるよ。誰もこない浜辺を求めているの。

だけどその出してきた結論に対してストーリーや語り方が追いついてないかな。
監督の個人的な話を映画にしたって撮り方次第では面白くなるはずだって、言ってたもんね。

ーーーーーーーーーーーーー
ホン・サンスとボンサンクで韻が踏めると思ったけど、ボンサンクって福岡県民しか知らないらしい。旬。
mrhs

mrhsの感想・評価

4.0
唯物論者ホン・サンスは、天使のような歌声で「キム・ミニに恋に落ちた」と歌う。

儒教や国家や作家主義や愛―あらゆる信仰を失った現代人すべてを祝福する『夜の浜辺でひとり』には崇高なまでの美しさがある。

僕の葬式にはこれを流して下さい。
芝浜ならぬ夜浜を見た。
小津安二郎に対する原節子、ウディアレン で言えばダイアンキートン、そしてホン・サンスならばキム・ミニ(こいつら不倫しとんのかい)ということか。
外国人のアレは大きいとか言い出したり、突然同性におねだり顔でキスをねだるとか、もうかわいくてスキ・ザンス。窓拭きでもいいから側にいたい。しかし一方、酒席において人生観や不倫について口角泡飛ばし倒すなどこじらせ具合はかなりスゴソヨ。そして、引っ張りに引っ張った映画監督は朗読始めたり容姿も含めてダサスギダ。
わたしが相手なら、夜の浜辺でひとりにはしない。
>|