三度目の、正直の作品情報・感想・評価

「三度目の、正直」に投稿された感想・評価

ななし

ななしの感想・評価

3.6
見えてる?聞こえてる?って自他共ほんとそれ。
自分勝手を許容できるのは、結局自分勝手しかないのね。
えーおもしろかった!
最近ショットのかっこよさとか運動の気持ちよさって映画に何をもたらすんだろうって、てかそれだけで映画を評価するのってなんかムカつくよな〜とかずっと思ってて、で、多分この映画脚本すごいけど映像の快楽的なところはあまりなくて、それってすごい退屈でスマホとかつい触りたくのを我慢しちゃって、でもすごく良い映画だった。。。
誰か見て私に解説して欲し〜。。。
英語字幕とタイトルが良かったわ〜
240sesame

240sesameの感想・評価

4.5
ライブから車の中までのシーンにグッとくる。(京都から神戸へワープ?)みんながみんなまともじゃなくて良い。飯岡幸子の撮る乗り物のシーンが好きなことが多い。
ハッピー・アワーを観たらこれも見ないかんでしょと滑り込み鑑賞。
神戸のロケーションやキャスト、テーマ性を引き継ぎながらも別の世界線として展開。
あの独特の空気感はやっぱり引き込まれる。
空のコップを渡す
電車の外で人物を捉える

カーヴァーっぽいと思ったけどブローティガンなのか…
裏側

裏側の感想・評価

3.7
全員にモヤモヤするし映画の流れもひっかかりがあるけどなんでか嫌いでもない。
も

もの感想・評価

3.7
男たちみんな自分勝手だな?春と美香子の狂気は誰のせい?美香子が鏡に向かって喋るシーン、ラップでしか意思疎通できない旦那、「あんた誰?どこ見てるの?」...終始不穏だった。

ハッピーアワーの役者さんがたくさん出てきてて、あれ?これ誰役だっけ?って気になってしまった。元夫がパーマでキャラ変わってて(当たり前だけど)笑った
みかこが鏡の前であれするところからのシークエンスは圧巻
何かが滾る
thorn

thornの感想・評価

2.5

このレビューはネタバレを含みます

途中までエモーション不足だなー、と感じて退屈極まりないと感じていたけど、後半に旦那のライブ会場に間男が乱入するあたりでやっと動き出す。遅いけど、なんかこのブチギレて喧嘩するシーンが好きでした。あと女性が旦那にむかついて「私誰?あんた誰?」と理不尽にキレるシーンも好きでした。結局私たちは他者を都合の良いようにしか見ていない、受け入れることができない、ということなんだなと思った。あんまり明るい話ではないけれど、最後に若干の爽快感があるのが印象的。つまらない映画だけど嫌いじゃないです。心病んだ人が鏡に向かってラップする(いやいや、旦那も鏡に向かってラップせんやろ)のじわじわ笑えました。変なユーモアがある。
ほとんどの登場人物を『ハッピーアワー』にも出演しているキャストが演じているため、どうしても『ハッピーアワー』を意識してしまい、それがかなりのノイズになっていると思う。
ラッパーの人も……
>|

あなたにおすすめの記事