セブン・シスターズの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

セブン・シスターズ2017年製作の映画)

Seven Sisters/What Happened to Monday?

上映日:2017年10月21日

製作国:

上映時間:123分

3.7

あらすじ

そう遠くない未来。世界規模の人口爆発と干ばつによる食糧不足に対処すべく、収穫量の多い遺伝子組み換え作物が開発されるが、その作物が人体に与える影響で多生児の出生率が急増する。さらなる危機に直面した欧州連邦は、一家族につき子供1人のみを認める「児童分配法」を施行、違法に生まれた二人目以降の子供は地球の資源が回復する時まで「クライオスリープ」と呼ばれる機械で冷凍保存する政策を強行した。 至るところに…

そう遠くない未来。世界規模の人口爆発と干ばつによる食糧不足に対処すべく、収穫量の多い遺伝子組み換え作物が開発されるが、その作物が人体に与える影響で多生児の出生率が急増する。さらなる危機に直面した欧州連邦は、一家族につき子供1人のみを認める「児童分配法」を施行、違法に生まれた二人目以降の子供は地球の資源が回復する時まで「クライオスリープ」と呼ばれる機械で冷凍保存する政策を強行した。 至るところに検問所が設けられ、人々の生活や行動が厳しく管理される中、とある病院で七つ子の姉妹が誕生する。母親は出産と同時に死亡し、姉妹は唯一の身寄りである祖父に引き取られた。祖父は7人を月曜、火曜、水曜、木曜、金曜、土曜、日曜と名付け、「児童分配局」に見つからずに生き延びるための方法を教え込む。その方法とは、それぞれ週1日、自分の名前の曜日にだけ外出し、カレン・セットマンという共通の人格を演じることだった。

「セブン・シスターズ」に投稿された感想・評価

色々ガバガバだし、ちょいちょい「ん?」ってなるけど、発想は面白いし割と武闘派なのが意外で良かった。見てて痛い(物理的に)し命がまあー軽いこと軽いこと。ふっわふわ。イワシみたいに淘汰されてく。
と思ったら処刑山の監督と聞いて、「あーーーーなるほど」
映画好きの人が作ったんだなーというこの手のディストピアあるあるが満載でした。
7つ子もちゃんとキャラが立っててそれは女優魂をみた。
tsugisa

tsugisaの感想・評価

2.3
レビューが高かったため期待値を持ちすぎたか。脇を固めるキャストの演技が安っぽかったのも残念。
自分と同じ顔が7人も居たらどんな気分
だろ⁈双子ならまだしも7人って…。

世界観も設定も興味ある内容だったけど、
やっぱ、ノオミ・ラパスのもんでしょ!
彼女見たさに見ました。

どうやって撮ったの?って思いながら
見てた。7人きっちりキャラ分けしてあ
って見やすかった。それぞれの個性が
ちょっと強すぎますが…。

アクションも凄く良かったし、訳あり
な人生を背負った役はぴったりだな。
しかし、痛々しいシーンが多い…
kumi

kumiの感想・評価

3.5
人口爆発により人口統制をし、
一人っ子政策をしたある未来。

7人で一人を演じ分け30年間暮らしてきたが、
どんどんひずみが出てきたその先には、、

って実際に最近まで"あの国"が
やっていたことで、余計にぞっとした
だれが何曜日なのかわからなくなるけど(笑)面白かったー!
あっという間に見終わってしまったくらいテンポ良くストーリーが進んでく。
オチも良かった!
指のシーンは痛かったけど、後のフラグだったとわかった時の快感たるや!(笑)
一人七役こなしたノミオラパス凄すぎ!
にこぺ

にこぺの感想・評価

3.5
ここでは政府がサノス。
凄い設定だけど、今回のようなことが起きなかったとして、カレン7姉妹にそれが将来幸せなのか不幸なのか?仕事や恋愛ができても限度があるし、結婚は不可能。
転じて今回、その結末が幸せなのか不幸なのか?何れにしても、物凄く気分が悪いのには変わりない。
ディストピアとなると、人口爆発か環境破壊かゾンビですな。

それにしても、ノオミ・ラパス1人で7役ってどうやったんでしょうか。えらいこっちゃ!ウィッグの襟足が不自然で気になったのは私だけ?
後味はあまり良くないし、なんて苦しいんだろうと思った。
斬新で面白い脚本。
ノオミ・ラパスの7人の演じ分けやアクションがとてつもなく格好良くて圧巻の一言。
面白かった!ナオミ・ラパスの演技力が素晴らしかった。1人7役を見事に演じていました^^
Komi

Komiの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

7人分のノオミラパス、すごいぞ。
カッコいいし、綺麗だし、かわいい。

一卵性双生児の7つ子、でも、成長すれば、性格も外見、体格も、好みも違う。そして、考え方も。善悪の判断も。たとえ外では1人の同じ人物を演じていても。

ラストに近づくにつれ、同じ環境で育ったのに、なんでここまでかけ離れた…?と悲しくなってきました。


主人公はきっと生き残る。それは大抵お約束。でも、どう生き残るかはわからない。さらに、この映画は、最後まで誰が主人公だろう?と思わせるところが面白いですね。
展開に容赦がないところも衝撃的です。指は切られる、目はくり抜かれる、せっかく飛んだところを対岸から打たれて真っ逆さま、頭砕かれる、爆死する…。ノオミラパス、すごい気の毒。体当たり。

そもそも設定がエキセントリックですから、なんか粗い展開もまあいいやって感じで、面白く観られました。楽しい話ではなかったけどね。
面白いストーリーやった。

最後の方に曜日がごちゃごちゃなってしもた(笑)

以上。