タクシー運転⼿ 〜約束は海を越えて〜の作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

タクシー運転⼿ 〜約束は海を越えて〜2016年製作の映画)

택시운전사/A Taxi Driver

上映日:2018年04月21日

製作国:

上映時間:137分

4.2

あらすじ

ソウルのタクシー運転⼿マンソプは「通⾏禁⽌時間までに光州に⾏ったら⼤⾦を⽀払う」という⾔葉につられ、ドイツ⼈記者ピーターを乗せて英語も分からぬまま⼀路、光州を⽬指す。何としてもタクシー代を受け取りたいマンソプは機転を利かせて検問を切り抜け、時間ぎりぎりで光州に⼊る。“危険だからソウルに戻ろう”というマンソプの⾔葉に⽿を貸さず、ピーターは⼤学⽣のジェシクとファン運転⼿の助けを借り、撮影を始める。し…

ソウルのタクシー運転⼿マンソプは「通⾏禁⽌時間までに光州に⾏ったら⼤⾦を⽀払う」という⾔葉につられ、ドイツ⼈記者ピーターを乗せて英語も分からぬまま⼀路、光州を⽬指す。何としてもタクシー代を受け取りたいマンソプは機転を利かせて検問を切り抜け、時間ぎりぎりで光州に⼊る。“危険だからソウルに戻ろう”というマンソプの⾔葉に⽿を貸さず、ピーターは⼤学⽣のジェシクとファン運転⼿の助けを借り、撮影を始める。しかし状況は徐々に悪化。マンソプは1⼈で留守番させている11歳の娘が気になり、ますます焦るのだが…。

「タクシー運転⼿ 〜約束は海を越えて〜」に投稿された感想・評価

ricky

rickyの感想・評価

4.5
上官の命令とはいえ、無防備、無抵抗の自国の一般市民を容赦なく銃撃出来るのか?それとも、それはあの時代だったからなのか?
将来、北朝鮮と対立することになって、無防備、無抵抗の北朝鮮の一般市民と対峙することになっても同じ事をするのだろうか?
bonbonciel

bonboncielの感想・評価

3.9
ミニシアターでの鑑賞だったけれど満席。
上映終了時には拍手まで。

軍と民間の戦争映画は観ていて本当に切ないけれど、この事実からまだそんなに時間が経っていない事がますます締め付けられる。

自らを犠牲にしてまでも伝えて欲しいと願った彼らはそれだけ切実だったという事。

タクシーのきみどり色とソンガンホさんの着こなす黄色のシャツのコントラストが画面に映えます。

まるで希望の色のよう…。

脇を固める役者陣も達者な人達ばかり…あっこの人もっ!この人もっ!?

しっかりと見応えの作品になっているのはそんなキャスティングにもあるのかも。
みなみ

みなみの感想・評価

4.3
ペンは剣よりも強しと言いますがまさにそれを具現化した作品
しかしそのペンをとるにも並大抵の覚悟では挑めない

平凡な主人公が使命感に駆られるとき物語が動き出す。たくさんの人が悩んだ末での攻防。守るものがある人は強いな。

ソウルの極めて平凡な日常の様子と光州の酷い惨状を行ったり来たりするのが印象的だった。私たちがこうして普通に暮らしてる中、捻じ曲がった真実はいくつも隠されているのかもしれない。最近の日本メディアはそういった記録の齟齬を起こしてる(しかも意識的に)風潮があるので他人事で見れないと思った。

この映画の登場人物と製作者に感謝と敬服

みんなで笑って食卓を囲んだあのシーンが犠牲者が出るたび悲しく胸に重いものがのしかかってきてその後ずっとつらかった。
ぴこ

ぴこの感想・評価

4.2
良い映画です。軍というのはこういうものだということを忘れてはいけない。10年後日本がこうならない保証は全くない。
yosko

yoskoの感想・評価

4.5
後輩が良い映画だと言ってたけど観られなかったなか、1日限定での再公開があったので迷わずGOしました。

光州事件を題材にした作品、題材自体がシリアスなだけに緊迫感溢れる展開かと思いきや、いきなり鼻歌?混じりで運転するタクシードライブシーンからスタート。でもこの登場シーンが描くように、この作品の魅力はタクシー運転手の等身大のストーリーであることがミソなんだなと感じた。

ソンガンホのキャラクターが良いのは言わずもがな、緊迫した場面でも人間味が感じられるユーモラスな登場人物とその言動、かたやその裏で起こる暴力と弾圧。過剰なヒーロー演出でもなく、かと言って完全な第三者目線でもない、適度な距離感が韓国の民衆とこの歴史的事件との関係性をバランス良く描いていると感じた。

涙あり笑いありで観てる側もハラハラさせられる演出は素晴らしいの一言。もっと沢山の人に観てもらいたい傑作です。
S

Sの感想・評価

4.7
タクシー対戦車みたいなやつのカーチェイス胸熱だしユヘジンさんかっこいいいいい。実話ってすごい。あわしてあげたかた
たかし

たかしの感想・評価

4.5
前半丹念に人物描写を描き込んだ結果、中盤に情けない主人公のなけなしの勇気を振り絞った決断に泣かされる。
同じく今そこにある不条理を描いた「デトロイト」は徹底的に恐怖を描いたが、今作はエンタメ要素と目も当てられない現実が上手く織り合わさっていて、後者の方が圧倒的に見やすさがあると思う。故に様々な人の目に届きやすいという点で非常に価値がある。ソン・ガンホのその辺のおっさんにしか見えなさも素晴らしい。傑作!
りま

りまの感想・評価

4.2
報道、記者とは何かを考える映画
韓国の光州で起きた軍によるデモの話
軍によるデモで軍によって人が殺されてるのに学生が殺してると偽られた嘘の報道を覆すぞ!ということです

こういう風に作品を通して現実の事件を知れるというのは本当に映画の醍醐味だと思います
この映画も一種のニュースというか報道なのか?
おじいさん、おじいさんに会ってあげて!!!!

122
1980年光州事件
チョンドファンの軍政下、光州で起きた民主化を求める運動。軍事政権での弾圧。
1979年「ソウルの春」という民主化を求める運動が活発になる。
軍をおさめていたチョンドファン大統領は、民主化運動を抑えるために、民主活動家で政治家のキムデジュン氏(のちの大統領)を誘拐。
光州市では、非常時に軍隊に政治権をゆだねる制度をやめる事やキムデジュン氏を釈放する大規模なデモが起きる。

よく知らなかったから調べてみたけど、平たく言うとこんな感じかな?

こんな酷いことを隠して光州皆殺しにしているのも同じ!
狂った政治。

タクシードライバーが明け方に帰ろうとした時に途中、娘の靴を買うものの涙が溢れたシーンは、私も号泣。
自分の気持ちとの葛藤。きっと私も同じ行動をとる。
館内人数は多いものの鑑賞年齢高いように感じたけど若い人にも知ってほしい。

私は、観て知って良かったと思った。
ソン・ガンホ演じるソウルのタクシー運転手、最初は光州で起きていた事件も親から大学通わせてもらってる学生の分際で騒いでるだけだろ、みたいなスタンスだったのが、当地で現実を目の当たりにして変わっていく。国が民衆に暴力、銃を向ける韓国の現実に失望し、立ち向かった一人の愛国者と亡くなった多くの英雄、そして世界に発信したドイツ人ジャーナリスト。ラストのエピソードやインタビューも哀愁漂う感じで見ていて涙が止まらなかった。
>|