タクシー運転⼿ 〜約束は海を越えて〜の作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

タクシー運転⼿ 〜約束は海を越えて〜2016年製作の映画)

택시운전사/A Taxi Driver

上映日:2018年04月21日

製作国:

上映時間:137分

4.2

あらすじ

ソウルのタクシー運転⼿マンソプは「通⾏禁⽌時間までに光州に⾏ったら⼤⾦を⽀払う」という⾔葉につられ、ドイツ⼈記者ピーターを乗せて英語も分からぬまま⼀路、光州を⽬指す。何としてもタクシー代を受け取りたいマンソプは機転を利かせて検問を切り抜け、時間ぎりぎりで光州に⼊る。“危険だからソウルに戻ろう”というマンソプの⾔葉に⽿を貸さず、ピーターは⼤学⽣のジェシクとファン運転⼿の助けを借り、撮影を始める。し…

ソウルのタクシー運転⼿マンソプは「通⾏禁⽌時間までに光州に⾏ったら⼤⾦を⽀払う」という⾔葉につられ、ドイツ⼈記者ピーターを乗せて英語も分からぬまま⼀路、光州を⽬指す。何としてもタクシー代を受け取りたいマンソプは機転を利かせて検問を切り抜け、時間ぎりぎりで光州に⼊る。“危険だからソウルに戻ろう”というマンソプの⾔葉に⽿を貸さず、ピーターは⼤学⽣のジェシクとファン運転⼿の助けを借り、撮影を始める。しかし状況は徐々に悪化。マンソプは1⼈で留守番させている11歳の娘が気になり、ますます焦るのだが…。

「タクシー運転⼿ 〜約束は海を越えて〜」に投稿された感想・評価

実際にあった光州事件の話です(この事件知りませんでした…)

11歳の娘を1人で育てるタクシードライバー(家賃滞納中)が暴動の真実を世界に伝えようとするドイツ人記者を光州まで乗せて行きます。(大金貰えるから!)

暴動が起きている、光州は軍隊とデモ隊が衝突していてとても危険な状態でした。双方に死者、負傷者が多数出ていました。町に通じる道路は封鎖されてるし、電話も遮断されている。
しかもその状況を新聞テレビは真実を報道していない。なぜなら軍の圧力があるため。

真実を世界に発信しようとする記者、それを助けるドライバーたちの活躍が素晴らしい!カッコイイ!
検問を見逃してくれる軍人さん。
みんないろいろな立場で色々思いがあって…

いい映画でした!
ぺん

ぺんの感想・評価

4.5
ソンガンホは良い役者さんだなぁ。
小狡いが情に脆く憎めない主人公は、本当にガンホにぴったりなキャラクター。
後半、彼の奮戦する姿にずっと涙腺が緩んでいた。

光州事件は概要を知っていたくらい。この機会に興味を持てて良かった。
劇中には、実際にドイツ人カメラマンが撮影した当時の映像もあり、緊迫感はかなりの物だった。
また軍部にも虐殺に疑問を持つ兵士がいたことを表したシーンが一部ある。これは実際にカメラマンが体験したことだったそう。

しかし後半のカーチェイスは演出過剰に思える。あのシーンの好みは分かれそうだな。
ただフィクションとノンフィクションを上手く融合させて、楽しめる作品になっていたのは間違いない。
韓国映画、パワーがあるなぁ。

万引き家族もそうだったけど、こちらも食事シーンが印象的。
食べ物が人と人の繋がりを深める役割を果たしている。そして美味しそう。
特におにぎりが運命を変えるキーアイテムで、ここでも泣けた。
光州事件については『光州5・18』を観て知ってはいたけど、
私が知っていたのは表面上、ほんの一部分の事だったんだとこの作品を観て思い知らされました。
まさか事件の裏でこんな出来事が...人間ドラマがあったなんて。
これが事実だなんて、鳥肌立つぐらい感動しました。

自分よりも他人の為、光州の為に自ら命を投げ出して守り闘った市民の姿。
それを世界中に知らせようと危険を省みず立ち向かった外国人。
そういう人々がいた事は知らなかったなぁ。
光州事件がソウルや他の国でどのように報じられていたのかは初めて知って驚いた。

市民だけでなく、軍の兵士の中には疑問を持つ者、市民と同じ気持ちの人、反発しながらも軍に逆らえず葛藤してる者もいたと思う。
それがあの数分間...オム・テグ演じる兵士の登場でとてもよく画かれていて。
めっちゃキーパーソン✨
・・・オム・テグってちょい役多いけど、ほんといつもおいしいとこ持っていくんよなぁ~😆ㅋㅋㅋ
今回もかなり印象に残りました!

『光州5・18』と併せて観るべし👍
監督のチャン・フンは前作「高地戦」で、朝鮮戦争の休戦直前での南北朝鮮の国境にあるエロック高地を北と南がその場所を取り合う中で、お互いを少しだけ知ることになる。そして休戦協定へ....そのあとは是非見てほしい傑作です。

本作は、主演ソンガンホ自身が光州事件を中学生のころにラジオで聞いて、韓国現代史における最大の悲劇ということで、プレッシャーによりオファーを一度は断ってしまったが、時間がたつにつれ考え方が変わってオファーを受けた。

ソンガンホ演じる主人公は、貧乏で苦労人であり、学生のデモで道路が封鎖されてタクシー運転手としては売り上げがあがったりさがったりの状態で、「親に大学まで通わせているのに、何やっているんだ」と学生たちに文句をいい、政府をそれなりに信用している人物である。

どうしてもお金が必要で、こっそりと儲かり話を聞いてしまい、よくわからない外国人を光州まで乗せるということだけを考え、目的地を目指す。主人公は光州で何があるか知らない。ここは映画の前半部分にあたるパートで所謂会話がうまく伝わらないが故の面白さがある。中盤以降は涙涙。正直ベタだなと思う個所もありますが、かなり満足度の高い作品です。

パククネ前政権で「文化界ブラックリスト」に名前があがり、「反政府人物」として名前が挙がったソンガンホが、この映画にでることにとても意味があると思います。

先日、NHKで光州事件のドキュメンタリーを観た。事件が1987年の民主化運動のきっかけになったことを知った。その裏で事件の時にある少年が中学生だったので、親が悲惨な状況を見せない為に、家で布団をかぶせることで事件の存在自体も知らずに過ごした少年が大学生になり、事件があったことを知ってしまい、全く知らず参加もしていないことに大きな後悔を抱えてしまった青年が運動の先頭に立ち、亡くなってしまったことも付け加えておく。

後、NHKのドキュメンタリーで事件の政府側にいる軍人たちの中に、徴兵制で嫌々民間人と戦わなければいけなかった人もいることを知り、映画の中で主人公がある場所を突破するところが2回あり、理由がよくわからなかったが、このような人がいることを知り納得しました。

おススメです。
何が感動てきって、
ソン・ガンホ演じる主人公、タクシー運転手キムの心の動きが克明に描かれている点。

しかも彼の心模様はBGMや演出の"色み"にも投影されていて、まるで前半と後半では全く映画のジャンルが変化してしまうかのよう。

物語の序盤、あれだけノーテンキなキャラだったキムが、目の前の光景に愕然とし、声を震わせ、苦悩し、そして気丈に立ち上がるサマは万人の心を鷲掴みにして離さないだろう。

あと欲を言えば、、
ドイツ人記者を他のキャラクター並みに丁寧に描いたならば、映画史にその名を刻むような大傑作になっていたのではないだろうか。
事実を元に最大限エンタメに仕上げた感じ。1秒足りとも目を逸らさせない密度。分かっていても笑いと泣きのツボが刺激されまくり。本当に韓国映画らしい作品。突っ込み所もあるが、劇場中が大満足の空気。
AYAKA

AYAKAの感想・評価

4.5
なにこれ期待以上に素晴らしい
すごい泣いた。わんわん泣いた
光州事件を知らなかったのが恥ずかしい
ソンガンホとてもよい
エンドロールのピーターさんのコメントにもグッときたなぁ



最近映画観る余裕もないくらいの精神状態だったけどこれを観て少し心が軽くなった気がした
好きなことをする時間くらい大切にしなきゃね
kei

keiの感想・評価

4.3
光州事件に基づいた映画。
それで力強いエンタメにしている韓国映画のすごさ。「ペパーミントキャンディ」見直したい。
ア

アの感想・評価

3.5
こんな史実を泣けるエンタメにできるなんて韓国は偉大、日本は置いてかれてるなあ。自分がの国際ジャーナリスト志望で早稲田政経行ったことを思い出した…
ろー

ろーの感想・評価

5.0
面白かった。事実を基にしていて、あまりにも痛ましい事件だったりすると、面白がるのも憚られる気持ちになるんだけど、面白かった。
後半になるにつれガンホさんのドーランがどんどん濃くなって行くのか気になったけど。
このガンホさんめちゃめちゃ面白い。タクシー降りて歩いてくるだけでなんでこんなに面白いの?
>|