マルモイ ことばあつめの作品情報・感想・評価・動画配信

『マルモイ ことばあつめ』に投稿された感想・評価

pyo

pyoの感想・評価

-
授業で見ました。実話のお話しでした。
私の知らない真実、今見えてる世界が全てではないんだなと改めて強く感じました。
y

yの感想・評価

4.0

命がけで朝鮮語を守った人たちの奮闘を描いた熱い作品。ハングルを読めるようになったパンスが街の看板を読んではしゃいだり、夜通し本を読んで涙するシーンが好き。外国語(母国語)を勉強して文字が読めた時の喜…

>>続きを読む

日本統治下の韓国
日本名、日本語を強制された時代
自国の言葉、文化を守るため
各地域の方言も収集しながら辞書をつくった話

韓国の歴史ものの映画やドラマで日本人が出てくるときは
かなり悪者、荒くれも…

>>続きを読む
ミク

ミクの感想・評価

4.0
言語を奪われることは文化そのものが失われる。あり得ない剥奪が起きていた時代、知るべき歴史が詰まった一本。
you

youの感想・評価

-
学校の講義でみた
色々な背景があるだろうけど申し訳ないという気持ち
言葉を命懸けで守っていた
富士山

富士山の感想・評価

3.0

あまりにベタで見るのがツラかった。でも、こんなにラストが思った通りのベタ作品でも画面の密度を保ち、少しでも新しい何かを加えてくる韓国映画の底力と丁寧さを痛感しました。セットや小道具には細部へのこだわ…

>>続きを読む
CHEAPGUY

CHEAPGUYの感想・評価

4.0

どんな思想の人であれ日本人はこのお話を知るべきだ。
この映画で描かれた頃からそう遠くない時代に日本による併合が終わることを彼らは知らない。彼らが抱いた母国語が永遠に失われることの危機感はそのことに思…

>>続きを読む
みどり

みどりの感想・評価

3.7


言葉はすなわち精神

知識の輪が広がれば世界も変えられると父に倣い
人が集まるところに言葉がある

話の構成としてはタクシー運転手と同じ。
日本語を強要させ、思うままに支配していた日本人の酷さに、…

>>続きを読む
たそ

たその感想・評価

3.7

日本人の私は、どのような気持ちでこの映画を感じたらいいんだろう…とずっと思いながら観ていた。

母国語は自分の一部で、それが禁じられたらきっと自分が自分でなくなってしまう気がした。

あの時代に命を…

>>続きを読む
c5

c5の感想・評価

4.0

言葉は民族の精神であり
文字は民族の命です

◯「マルモイ」言葉あつめのこと。

◯ 朝鮮語の使用が規制されていた日本統治時代の朝鮮半島で実際に起きた朝鮮語学会事件を基に、朝鮮語の辞書を出版するため…

>>続きを読む
>|

あなたにおすすめの記事