モガディシュ 脱出までの14日間の作品情報・感想・評価

「モガディシュ 脱出までの14日間」に投稿された感想・評価

こ

この感想・評価

3.8
どこかで見たような感動・お涙頂戴的要素が若干気になるものの、エンタメとしての質が高くて見応えアリ。特にラスト30分は身を乗り出して見てた。ハラハラしたい人におすすめ。
どんどん話が展開していってめっちゃ面白かった!終盤の車で逃げるシーンとか迫力あってカーアクション映画としても結構よかった。終始緊張感があるから心臓バックバクだった!ラストシーンはちょっと寂しい感じもあったけどこれが南北の関係なんだなーって思い知らされた。
1番心に残ってるのは反乱軍の子供が銃持って乱射してるシーンが1番怖くて内戦の恐ろしさを知った。そこがちょっと恐ろしかったなー
正行

正行の感想・評価

4.0
助けを求め、手を差し出すも腹の探り合いをする韓国と北朝鮮。
笑いながら面白半分に銃を向けてきた子供達。
ある物を車の窓の隙間から出したら勘違いされて一斉射撃を受ける。
恐い作品だった。
Smith

Smithの感想・評価

4.0
今から約30年程前、韓国は国連加盟を目指し、アフリカ諸国にPR活動を行っていた。時を同じくして北朝鮮も同等の活動をしていたが、舞台となるソマリアでは内乱が勃発。駐在員達は巻き込まれることとなる。

韓国映画はシリーズものではない(つまりはその作品だけを観て満足できる)作品で、面白いものが多い。本作も紛れもなくその一作だ。これだけ銃が乱射され、カーチェイスが繰り広げられるものを日本は作れるだろうか。それは甚だ疑問である。

韓国と北朝鮮という分かりやすい犬猿の国達を中心に据えたのもナイスだ。そこが本作に一筋縄ではない、奥深い命題を付与した。
Gipsy

Gipsyの感想・評価

4.2
<ザ・キュリー夫人作戦発動>

幼い頃にいくつか伝記漫画がうちにあった。記憶に残っているものをいくつか。

<コロンブス>
彼が卵をテーブルに軽く打ちつけ立たせて見せる「コロンブスの卵」をここで覚えた。

<野口英世>
学生時代に伝記映画『遠き落日』でボロ泣きしたような記憶がある。今観たらどうだろうか。母演じる三田佳子の次男のことを思ってしまい、そんな気持ちになれないかもしれない。
そういえば私は大学の時に、福島の生家にも行った。これが手の怪我をした囲炉裏か、と。

<一休さん>
ラストは、年老いた一休さんにすごく若い綺麗な愛人だかお手伝いだかができる、というものだった。
「なるほど、男っぷりが一級さんってことか」なんてことは子供の時分の私が思うはずはないが、何だかエッチだな〜、とは思った。

<ヘレン・ケラー>
ずっと後になって、妹が持っていた『ちびまる子ちゃん』を読んでいた時に衝撃を受けたことがあった。父ヒロシとまる子がヘレン・ケラーの話をした時に、ヒロシがまる子に「お前だって、バカ、アホ、マヌケの三重苦じゃねーか」と言うのだ。さくらももこの、あの倫理観を突いてくる感じに最初にハッとさせられた瞬間かもしれない。

<キュリー夫人>
”ポーランド人はロシアが嫌い”というぼんやりとした印象をこの伝記漫画で持った。
(ちなみに2012年のサッカー欧州選手権、決勝トーナメント進出がかかったロシア対ギリシャ。ギリシャが勝った時にポーランド人が喜びを爆発させていました)

キュリー夫人で最も記憶に残っているシーンは、学生時代のエピソード。
貧乏で冬に暖房の燃料を買うお金がなく寒さで眠れない彼女が、本を布団の上に乗せて少しでも暖かくしようとしていたこと。


『モガディシュ 脱出までの14日間』のクライマックスでは、キュリー夫人以来の本の新しい使用方法が提示される。

私と同じく「おー!キュリー夫人みたいじゃん!」と思った人、いたら手を挙げてください。


メモ:
・終盤の車のシーン、どうやって撮ってんの、と思わされる臨場感溢れるカメラワークで恐すぎ。参りました。
touch

touchの感想・評価

3.8
"演説より対話が必要だ"
* * *
「1987、ある闘いの記録」や「工作」を思わせるハードな政治ドラマの緊迫感。
オール海外ロケ、大規模セット&エキストラによる豪勢な画づくりに予算の潤沢さがうかがえる。
キャスト繋がりの「新感染半島」オマージュなど、大衆エンタメ的な盛り立ても抜かりない。力作。
2022.65本目
これは今年のベストでは…?
社会派でありつつエンタメの質が高すぎる。南北問題がある以上国同士が容易に手を取り合えないことに遣る瀬無さを覚えるヒューマンドラマ。手に汗握るカーチェイスアクション。銃を持つ子供とそれを車からじっと眺めるアジアの子供との対比だったり、両国の晩餐で垣間見える人間性だったり、映画としての描き方が素晴らしかった。
ラスト30分は息するのを忘れるくらいハラハラして苦しい。
j

jの感想・評価

4.2
元は同じ民族だった人たちがいがみ合い、理解し合い、思い合いながらも別れる切なさ。
大使の2人の静かなやり取りに見入り、副官2人の子供の様なやり取りにクスッと笑え、カーアクションに手に汗握るあっという間の2時間だった。これが実話だというのが信じられない。
mahalo3

mahalo3の感想・評価

4.3
さすがの韓国映画!圧巻でした。
都内での上映が3館だけなんてもったいない。
tnn

tnnの感想・評価

3.9
おもしろいに決まっている!!

内戦が始まったソマリアで、韓国と北朝鮮が協力せざるを得なくなるがはたして……??

ラストのイタリア大使館へ向かうカーチェイスと銃撃戦はほぼ息止めて見てた。
>|

あなたにおすすめの記事