タクシー運転⼿ 〜約束は海を越えて〜のネタバレレビュー・内容・結末

タクシー運転⼿ 〜約束は海を越えて〜2016年製作の映画)

택시운전사/A Taxi Driver

上映日:2018年04月21日

製作国:

上映時間:137分

4.2

あらすじ

ソウルのタクシー運転⼿マンソプは「通⾏禁⽌時間までに光州に⾏ったら⼤⾦を⽀払う」という⾔葉につられ、ドイツ⼈記者ピーターを乗せて英語も分からぬまま⼀路、光州を⽬指す。何としてもタクシー代を受け取りたいマンソプは機転を利かせて検問を切り抜け、時間ぎりぎりで光州に⼊る。“危険だからソウルに戻ろう”というマンソプの⾔葉に⽿を貸さず、ピーターは⼤学⽣のジェシクとファン運転⼿の助けを借り、撮影を始める。し…

ソウルのタクシー運転⼿マンソプは「通⾏禁⽌時間までに光州に⾏ったら⼤⾦を⽀払う」という⾔葉につられ、ドイツ⼈記者ピーターを乗せて英語も分からぬまま⼀路、光州を⽬指す。何としてもタクシー代を受け取りたいマンソプは機転を利かせて検問を切り抜け、時間ぎりぎりで光州に⼊る。“危険だからソウルに戻ろう”というマンソプの⾔葉に⽿を貸さず、ピーターは⼤学⽣のジェシクとファン運転⼿の助けを借り、撮影を始める。しかし状況は徐々に悪化。マンソプは1⼈で留守番させている11歳の娘が気になり、ますます焦るのだが…。

「タクシー運転⼿ 〜約束は海を越えて〜」に投稿されたネタバレ・内容・結末

完全に勉強不足。80年にお隣韓国でこんな事件があったことを知らなかった。

史実に忠実に再現したらきっとエンタメとしては成立しなくて
飛躍し過ぎればそれは史実ではなくて
この作品はこの微妙なラインをいってる素晴らしいものではないかーと思った。

エンタメ作品の醍醐味カーアクションがこんなに泣けるとは、、、

靴をキーアイテムに
軍と報道は、市井の人の生活を奪うものであってはならないと思ったし、
日々小さなものでも報道しようと思う人がいなければニュースにならないってことがよくわかった、新聞やテレビのニュース、記事とか作ってる人まじすごい。
序盤のソウルのシーンはコミカルなのに、そこから光州に向かうに連れて少しずつ不穏な空気が漂い始めるのを、何も知らない主人公目線で描いて不安を煽る感じが良かった。
ソウルに帰ろうとして光州を抜け出して寄った町が普通に平穏で賑わっていて電話も繋がるっていうのが、ついさっきまでとんでもないところにいたというのが嘘みたいで、この対比が残酷だった。
治安の悪いところで記者が取材するというのはこういうことで、そこには現地の人たちの助けや世界中の人に知ってほしいという思いが多分にあるのねと感じた。

終盤、民間人に銃が向けられるのを見て無言で涙を流すソンガンホにグッときた。あと、家に泊めてくれた運転手からやるせなさとか悲哀だとかが物凄く伝わってきた。

最後記者と二人で光州から抜け出した後の光州の人たちが描かれていないところがとても感慨深かった。あの土地で出会った人たちはあの後どうなったんだろうと思った。

個人的には韓国映画ではサニー以来のドストライクだっただけに、色々とあともういっちょ!っていうところが本当に本当に惜しかった。でもめっちゃいい作品でした。
<鑑賞直後当時のなぐり書きメモ転記>

・前情報何も入れずに観に行った。実話だってことすらも知らなかった。唯一知ってた情報がポスターのあの爽やかな情景だった。なので、「あれ、ゆるい感じで始まった割に、急にシリアス…え…何これ…」と驚きの連続。主人公と同じように、「なにも知らずに観てたら、(当時の)世の中は今こんなになってたんだ…」と衝撃を受けた。

・国家権力による情報統制、隠蔽。それを暴くジャーナリズム。自国の黒歴史。『ペンタゴン・ペーパーズ』を思わず想起したけど、まさしく”今”の映画だ。でもさすがに非武装の国民に銃を向けて射殺するなんてことはないか…。

・そして、しっかりエンタメ映画たらしめているのは、ところどころの笑い、ヒーロー映画的なフォーマット、映画を盛り上げるための明らかな嘘、などなどの要素。

・こういう映画が作られるだけでなく、年間ナンバーワン動員映画になる韓国が、日本人として羨ましい。
韓国光州市で1980年に軍事政権下であった実話。

主人公は甲斐性もなく家賃も滞納、友人の脛にすがりついて糊口をしのぐ
妻に先立たれ父ひとり子ひとりのタクシードライバー。

そんな彼が美味しい儲け話だと横取りした仕事は彼を別世界へと運んだ。

ぐうたらな主人公だけど娘の事は大切に思っている
(大家の息子と喧嘩してオデコに怪我を負った娘の後髪をリボンでまとめ、オデコに薬を塗るシーン好き)
いわゆる腰抜けな主人公だけど困っている人は見捨てらない。

そんな実話でした。


最後映画の中の本当のドイツ人記者の呼びかけは
運転手に届いたのかなあ…
政府の報道規制を受けていた光州事件の真実が、ドイツ人ジャーナリストと光州の民衆、そして一人のタクシー運転手によって白日のもとに晒されるまでを描く。
ソン・ガンホの熱演により、人間臭い主人公のキャラクターが非常に魅力的な作品になっている。そこそこ英語が出来るという設定が面白く、劇場でも笑いが起きていた。クライマックスで仲間のタクシー運転手たちが助けに来るというのは余りにもベタベタな展開ではあったが、マンソプとピーターの友情の物語でもあり、笑いあり涙ありの王道のエンターテイメントであった。
しかしそれでいて、過去の悲惨な事件に目を背けることはない。マンソプの言う「こんな住みやすい国はない」という皮肉じみたセリフは、私たちにも突き刺さるものがある。批判的に情報を捉え、時には不都合な真実を受け入れなければならないのは、いつの時代でも同じであろう。
史実を元にした映画なだけに、どれだけリアルな出来事が盛り込まれているのか気になる。タクシードライバーが本当に人を助けようとしたのか、そのために命を落としたのか、タクシーが象徴的に描かれているからこそ。
あれだけ映像撮って、実際にニュースとして世界で報道されたのであれば、本物のフッテージがいくつかあった方が説得力ある気がする。
オープニングといい、あくまでも軽妙な要素を取り入れようとしてるから、そこは意識的にカットしたのかも。

実は北朝鮮の工作員がいたとか、報道されるところまで予期されたことだったとか、色んな憶測があるみたいだけど、これだけ政府の汚点をさらけ出せる映画が韓国国内で放映された事実は、健全な民主主義をある程度獲得した証だと思う
お前、そんな感傷にふけてる場合じゃないだろ!早くドイツ人記者を空港まで乗せて行け!
だから助けにきた広州のタクシー軍団が全滅するんだ!
このように所々長いなあーと思うシーンが結構あったけど、まあ宣伝ポスターのイメージとは全然違う凄惨な内容の映画でした。
内容の面からもロケ協力などの面からもこんな映画が撮れる韓国て凄いなあ。
評判が良かったので塚口サンサン劇場で見逃し鑑賞。
実話ベースということで、韓国で起こった「光州事件」をベースに作られた映画と思っていましたが、ストーリーそのもの、このタクシー運転手も実際にいた人の映画でした。

前半はソン・ガンホの映画でありがちなコメディチックに進んで行くのだが、光州市の実態を知るにつれてシリアスになっていき、終盤は感動に包まれます!

実際に無差別に一般の人達が弾圧されたこの事件が起こって40年も経っていないと言う事実に驚かされます!

終盤はタクシー運転手同士で団結して人々を救ったり、全世界に報道してもらうためにドイツ人記者を逃すのに軍と対峙したりと言ったシーンが続きます。
ちょっと演出がかってるかなとも思いますが、あとで調べると実際にもタクシー運転手達がタクシーでデモに参加していて、その台数は約200台集まったそうです。
それを考えると少ない台数でタクシー運転手の団結を表現しようと思ったら、あれくらいの演出はあってもよかったかなと思います。
何より、自分はあの演出が嫌いじゃなかったし感動したので!

それと、やっぱりこの映画もソン・ガンホの演技です!
光州の人々を目の当たりにして、心情が変わっていくタクシー運転手の心理をうまく演じていました!
さすがです^ ^

おにぎりくれたお姉さんを思い出してるシーンとか、戦場と化した病院で放心状態になっているドイツ人記者を鼓舞して撮影を続けさせるシーンとかはジーンときました(T_T)

韓国はバイオレンスが注目されがちですが、こういう実話物のドラマもいいですねぇ^ ^
ここから先へーーー
すごく面白い。面白すぎて事実の扱いとしてこれで良いのか?...という疑問が頭に浮かぶ。
問題はあるけれど、これで良いと思う。
「見世物」が無ければ、人は残酷な事実に目を向けない...といったことを名匠の監督が述べていた。
自分もそう思う。

事実より先に、何に基づいているかといえば、監督が過去の残酷に対して感じていることだと思う。
学生救出の決死のアクションやカーチェイスといった光州タクシー運転手たちの英雄的行動は明らかに嘘、大嘘なわけだけど、無かったことを放り込む情熱は本物だった。
「その時そうした人のように俺はフィクションで暴挙に反対する」みたいな...ものすごく熱かったし、とても感動した。
「あんたは悪くない、悪いのはあいつらだ」泣くよ。
ドイツ人記者とタクシー運転手が徐々に心の距離を縮めていく様子がよく表現されていたように思う。また、戒厳軍に立ち向かっていく民衆とそれに対する無差別発砲の描写は、心に刺さった。
>|