KCIA 南山の部長たちの作品情報・感想・評価・動画配信

みんなの反応
  • 韓国政治映画の新たなる名作
  • 民主化に至る過程を題材にした重たいテーマ
  • 素晴らしい役者たちの演技に圧倒される
  • 歴史の闇をエンタメに昇華できる韓国映画の強さ
  • イ・ビョンホンの圧巻の演技力
この情報はユーザーの感想を元に自動生成しています

『KCIA 南山の部長たち』に投稿された感想・評価

現在もそうだけど、韓国は戦争中ということになっており、また劇中の時代には米露冷戦の発露になりうる地域でもあって、その環境の中での国家の舵取りは現代的な倫理観では治らないこともあるだろうというのはある…

>>続きを読む

視聴記録
史実に基づいた映画だけど、かなりドキドキさせられるサスペンス要素の強い硬派な映画。たまたま自分が生まれた年にこんな激しい事件が起きていたことに驚愕。しょうがないけど、パクさんキムさんで誰の…

>>続きを読む
ヒロ吉

ヒロ吉の感想・評価

4.2

U-NEXTにて字幕鑑賞。

1979年に実際に起きた大統領暗殺事件が発生する40日前から描かれるポリティカル・サスペンス作品

『タクシー運転手 〜約束は海を越えて〜』
を観たので時系列的に前とな…

>>続きを読む

主人公がなんとか耐えていく様子が良かった。革命した意味は何だったのかをずっと考えていたのかな。周りがどんどんヨイショしかしない人間ばかりなのに、それをおかしいと思えなくなっていく。国民からしたらたま…

>>続きを読む

このレビューはネタバレを含みます

はじめて見ました。
面白かったです。

1978年韓国で実際にあった大統領暗殺をテーマにした映画。
元KCIAのパク部長はアメリカで現政権の暴露をしようとする。それに激怒する大統領は現KCIAのキム…

>>続きを読む
mushroom

mushroomの感想・評価

3.7

この映画で事件のことを知った。
誰も信用できないし、こんなに簡単に人って裏切れるんだなと思った。
警察の発表は取ってつけたような内容だったけど、何が本当だったかなんて誰もわからないし、思想の問題は難…

>>続きを読む

「タクシー運転手」や「1987」とは打って変わって視点は常に権力内部にあり、実際の映像でキム部長の最終陳述を観るまで感情移入することができなかったのだけれど、韓国の歴史のあるひとつの点となる1979…

>>続きを読む
もろ

もろの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

文世光事件、金大中拉致、第五共和政と、このあたりの韓国史が好きな人は楽しめると思う。
半世紀前の自国の政治史をこれだけ描けるのが韓国映画のすごいところ。

大統領・朴正煕の暗殺を描く硬派な政治史劇。どれだけ硬派かと言えば、劇中登場する女性は妖しげなロビイストと宴席の芸者しかいない。政治が密室の男と男のホモソな関係で成り立つのを指弾したいのかとも思える。…

>>続きを読む
wataru

wataruの感想・評価

3.4
重厚かつ緊迫
テンポは遅いから歳を取らないとみれないと思った
>|

あなたにおすすめの記事