KCIA 南山の部長たちの作品情報・感想・評価・動画配信

「KCIA 南山の部長たち」に投稿された感想・評価

史実を知っていたので、結末を知っての視聴だったがとても迫力があり引き込まれた。仲間は大切にな( ̄ー ̄)bグッ!
なんか話もよくわからんし、イ・ビョンホンらしからぬ役。部長たちっていうけど2人しか出てこないし、中央情報部の怖さも全然伝わってこなかった。もっと怖いのを想像していたなー。
Gensan

Gensanの感想・評価

4.0
主人公の潔さに感服。登場人物の絡みなど映画としても面白い。結構場当たり的に暗殺しているところに深い感情があるような気がします。フィクションといいつつかなり史実に基づいているものと思います。リアリティが感じられます。
issy

issyの感想・評価

3.9
朴正煕大統領暗殺までの40日間を描いた本作。フィクションみたいですが事実に基づいて作られている為、韓国社会に詳しい人は更に楽しめると思います

やっぱり韓国映画の重厚感は良いですね
激しいアクションは無いですが、当時の諜報活動や政治情勢など非常に勉強になる内容でした
いや〜かなりの緊迫感で、観ている間、肩に力が入ってしまった。さらに全体のトーンがシックでキレイに映されているので、時代感も重厚感も見事に演出されていた。イ・ビョンホンも迫真の見事な演技を披露している。表情の演技も素晴らしく、血で滑って転ぶリアルさには驚いた。権力を持つと人は、人を信じられなくなる。いつ誰が自分の権力を脅かすのか、疑心暗鬼になる。結局、信じられなくなれば、信じてもらえなくなり、求心力を失う。「何のために命懸けで革命をしたのか?」この言葉が重く刺さる。特に韓国は歴代大統領が逮捕されたり、暗殺されたりしている。ここまで多い国は珍しい。今も昔も権力闘争ベースの政治が続いており、なんにも変わってないんだろう。企業、我が国も同様かもしれないが…。深く考えさせられる作品。この作品はキム部長側で描かれているので、彼が正義のように感じるが、言っても大統領を暗殺した男なわけで、パク大統領側の視点の映画も観たくなった。そうすると見方も変わってくるだろうし…。
この作品のパク大統領の娘が、パク・クネ元大統領だと知って驚いた。彼女も逮捕されているし、韓国の政界の闇も深そう。
ETTY

ETTYの感想・評価

3.9
深い…

ノンフィクションではないものの、実際に起こった事件を元に作っているそう。韓国の映画祭でも評価されてたしずっと見たいと思ってた映画。
人間関係が複雑だけど、情報を操作し合う感じがハラハラして面白い。
名俳優ばかり出てくるので安定の安心感。

歴史とかを踏まえた解説読んでるとなるほど〜って思う。
molysics

molysicsの感想・評価

3.2
メモ

フィックション要素強いが歴史のお勉強としてはよかった。

史実を基にした韓国映画は面白い・好きなものが多いので期待しすぎた

吹き替え 「空気を読めー!」とか全体的に台詞がよくなかった。字幕はいいのか知らんけど
実話をもとにしての映画

朴槿恵前大統領のお父さん
朴正煕大統領暗殺の話
軍事政権が主流で不安定な頃

日本統治時代に日本語教育を受けた世代

時代考察のため
ネットでちょっと確認してから
見ましたが
いやはや韓国大統領って
ハードだなぁ
暗殺に拉致、陰謀 腐敗政治

作品化素材の宝庫ですね

実話をもとにしてるから
なかなか見応えありました
yuka

yukaの感想・評価

4.0
※2022年69本目
朴正煕が暗殺された後も民主化はしばらく実現できなかったのか〜と思うとね、、😮‍💨政治映画はハラハラして面白い

このレビューはネタバレを含みます

個人的に大きな権力に正義をもって立ち向かう系の映画は好きで見入ってしまった。

かつて共に革命を起こした同志である大統領が正義とはかけ離れた道を歩もうとしていることへ葛藤を感じ手をかけてしまう。
実話をもとにしたフィクションでその正義があったかは定かではないが描かれ方としてすごい好きだった。

後半の緊迫した感じが特に引き込まれた。
>|

あなたにおすすめの記事