犬猿のネタバレレビュー・内容・結末

犬猿2017年製作の映画)

上映日:2018年02月10日

製作国:

上映時間:106分

3.9

あらすじ

印刷会社に勤める真面目な弟とは対照的に乱暴者でトラブルメーカーの兄。見た目は悪いけど頭がよく勤勉で家業の印刷所をテキパキ切り盛りするブスな姉と、要領は悪いがその容姿と人当りの良さで人気者の妹。この二組の兄弟・姉妹の関係に、あるとき変化が訪れる。それぞれの思いが交錯し、相性最悪なW犬猿ペアの抗争は次第にエスカレートしていく。

「犬猿」に投稿されたネタバレ・内容・結末

■演技 0.8
筧美和子、演技自然すぎる…!
めちゃくちゃ驚きました。
新井浩文は、ああいう役が本当ハマるなあ。安定だなあ。と思ってみていたら、終盤の「お前本当は俺のことが好きだったんだよ…!」って台詞と言い方が、予想の斜め上で、なんだかとてもぐっときた。

■ストーリー 0.8
まさに「共感、共感、共感の嵐です!」

■演出 0.7

■気づき 0.8
筧美和子の演技がとても自然で、これからも女優としての活躍を見たいと思った。
どうやら監督からものすごい演技指導があったみたいですね。

■個人的な思い入れ 0.7
私にも弟が居るし、もちろん劇中で描かれるような兄弟コンプレックスを感じながら育ったから、どれだけ心を抉られるのだろうと冷や冷やしながら鑑賞。

合計 ★3.8

■感想
とにかく筧美和子のことが大好きになった作品。
JJとグラビアのイメージしかなかったけど、認識ががらりと変わりました。
私は、小池栄子さんの演技がとにかく大好きなんですが、グラビア→女優ルートで、筧美和子にもどんどん演技をやって欲しいなあ。

目の前ではけなし合って、おとしめ合って、でも同じことを他人に言われるとものすごく腹が立つ。
あのシーン、うんうん頷きながら見てました。
面と向かってたら腹も立つし、近くに居ればコンプレックスを抉られるし、それでも遠くに居れば可愛いもんなんだよな…。

兄弟・家族コンプの話といえば「たかが世界の終わり」ですが、あそこでも兄が弟のことを「あいつは遠くに居るから美しいんだ」みたいなこと言ってましたね。
あのシーンもすごく好き。

まあなんか、どちらの兄弟も、「お前それやっちゃダメだろ」みたいなことやるのは上の方でしたね…心が痛い…(笑)。

でも、これが兄と妹・姉と弟(私はこれ)だと、また違った関係性になるんだよなあ。
まるくおさまるわきゃないさ…
4人のキャスティング素晴らしい。
その中でも、江上熱演! 凄い。
 見た目も性格も違う兄弟姉妹がぶつかり合いまたくっつきあう話。

 主演4人の配役が素晴らしくて、この配役ができただけで面白さが担保されていると思いました。わかりやすい見た目や性格の対比や対立、嫉妬や劣等感などの張り合いをそれぞれの兄弟姉妹で見せてくれて面白かったです。兄弟姉妹ならではのぶつかり合いで当人たちにしかけなすことはできなくて、他人に文句を言われると許せなくてフォローしちゃうとかも見ていて納得してしまうやりとりでした。

 ただクライマックスで救急車をそれぞれ交互にカットバックで見せていくところで心情を全部セリフで吐露し始めて、更には回想で子どものシーンを見せるというのは今まで描いていてわかりきっているのに、そこで号泣しながら話し始めるというのも急に冷めてしまうクライマックスでした。

 とはいえ、さすがの吉田恵輔監督作品らしい楽しい日本映画を見ることができて満足の1本でした。
愛憎混じり合う兄弟姉妹関係。兄弟姉妹だからこそわかる、されたら嫌なことを静かにやりあうのが見ていてゾクゾクする。
憎しみが臨界点に達した時に訪れる展開は斜め上を行っており流石。
日本版「ベター・コール・ソウル」と言っても過言ではない出来。
皆さんの高スコアに驚いてます

私は一人っ子です
なので正直に言うと
こんな兄弟姉妹ならいなくて良かった

友達なら嫉妬や比較したり
陰では何言われてるかわからないけど
合わなかったら付き合わなくていい

でも身内なら一生付き合わなくちゃならない

いくら、迷惑な人間でも
縁が切れない

親は自分が生んだんだから仕方ない

あんな兄ちゃんいらない
あんな妹いらない
と憎んでもどうしようもない

やっぱり兄弟ってなんやかんやあっても
絆があるんやと思わせといて

がっかりさせられた

兄弟姉妹って足かせみたい

ラストは一人っ子で良かったと思いました

新井さんの狂気
窪田君の静かな怒り
筧美和子とニッチェ江上の演技力は良い

キャスティングは良かった

映画はエンターテイメント
楽しむ為のツールだと思うのです

救いが無くて何も楽しく無かったです

受け止め方は人それぞれなんだな
と言うことです
兄弟ってこんな感じってところをすごくとらえてた👏
この関係って大嫌いで大好き。
新井さんが好きなのと吉田監督だからめちゃくちゃ気になってて観たけど、みんな演技上手だった‼️
意外に、ニッチェ江上の演技が素晴らしかった‼️
結局喧嘩かいって終わり方だった笑
冒頭のシーンで、借りた作品を間違えたかと思った
さすが吉田恵輔監督

“羨望、愛憎、嫉妬”

好きではない、でも嫌いとも違う

どんなに歪みあっても、兄弟、姉妹
自分がとやかく言うのは良いけど、やっぱり兄弟の悪口は言われたくない

見かけは正反対でも根っこは同じ
そこには血が通ってる

ひとつひとつの何気無いシーンにも、意味があって味がある

ニッチェの江上さんはナイスキャスティング
良い意味で期待を裏切られました
ストーリーはいいけど共感できなかった。そんな複雑な兄弟関係持ち合わせてないからだとおもう。窪田くんいいし、新井さんもいい。ニッチェさん、嫉妬深すぎ。あんなになる?笑 まじ失恋したときがやばい。モテない女ってあんなにやばい?そんなことなくない?ニッチェ自殺がまじ草。あそこいる?結局、弟妹は兄姉がすきなんだよってことでした。憎しみあっても切れない仲、すごいなぁ〜
ニッチェ江上さんの扱いがひどすぎる(笑
楽しそうに遊園地のコーヒーカップではしゃぐたびにブタ鼻鳴らすとか(笑

「どうすればいいんだよ、どうしたらいいんだよ」と各自の心の叫びが、兄弟、姉妹同士のぶつかり合うシーンで聞こえた気がします。

わかりあえたはず、、だけど「犬猿」

面白かった。
江上さんありき!救急車の中での新井浩文のセリフ。思い返すところあり。救急車を呼ばない選択肢を選ぶ兄弟もいるとも思う。
>|